&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&

ふるさと納税  

ふるさと納税とは、全国の応援したい地域に寄附ができる仕組みのことです。寄附金の使い道は選ぶことができ、その地域に貢献することができます。さらに寄附の返礼品として地域の特産物などが貰えて、税の控除が受けられる魅力的な制度です。

ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税制度を利用し寄附を行うことで、 自治体からお礼として「返礼品」と寄附証明書類「寄附金受領証明書」が届きます(※1)。 手続きをすると(※2)、寄附金のうち2,000円を超える部分については所得税の還付、住民税の控除を受けられる仕組み(※3)です。

※1返礼品、寄附金受領証明書の到着時期は自治体によって異なります。寄附金受領証明書は確定申告の手続きで必ず必要になります。大切に保管をお願いいたします。

※2ワンストップ特例制度、または確定申告により、税控除の手続きを行ってください。

※3実質負担2,000円になる所得税・住民税からの控除は自動的にはされませんのでご注意ください。実際のふるさと納税枠は、寄附される本人の収入や他の控除によって異なります。詳しくはお住まいの市区町村にお問い合わせください。また、控除上限額の目安を計算できる「控除上限額シミュレーション」も合わせてご利用ください。

 

故郷納税  

故郷納税是在日本国内能捐贈(款)給想支援的地方的一種制度。可選択捐款的用途、以貢献于該地区。更有作為捐款的礼品返還可以得到該地区的特産、享受扣税魅力的制度。

故郷納税結構

利用故郷納税制度進行捐款、 自治体作為謝礼発送「返還礼品」和捐款証明「捐款収到証明書」(※1)。 辨理手続(※2)、捐款中超過2,000日元的返還所得税、享受住民税除的制度(※3)。

※1返還礼品、捐款収到証明書到達時間因自治体而不同。捐款収到証明書在確定申告手続時須要提交。請妥善保管。

※2一站式特例制度、或確定申告、請自己辨理扣税手続。

※3請注意実質負担2,000日元所得税・住民税中的除非自動進行。実際故郷納税額、根据捐款人的収入和其他扣除而不同。詳細請諮訊居住地市区町村。同時可利用能自動計算除上限額的「除上限額模擬」運算。

 

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

日本の【七夕】文化の歴史や由来は?日本三大七夕祭りの見どころ

                                                      THE GATE 

 77日といえば「七夕(たなばた)」の日。天の川を挟んで織姫と彦星が1年で唯一会える日という伝説があり、日本では短冊に願い事を書くという風習があります。

この時期に合わせて七夕行事も各地で開催され、宮城県の「仙台七夕まつり」、神奈川県の「湘南ひらつか七夕まつり」、愛知県の「安城七夕まつり」の日本三大七夕祭りは有名です。

日本の七夕文化の歴史と由来

日本の夏の風物詩として広く知られる「七夕」。季節の節目を意味する「五節句」の一つでもあります。

もともと七夕の文化は日本にあったものではなく、中国がはじまりです。奈良時代に中国から伝わってきたとされ、当時は皇族の宮中行事として行われていました。

その後、中国と日本の風習がいくつか重なり、今の七夕の形になったのは江戸時代の頃です。

織姫と彦星の話

七夕を知るうえで欠かせないのが「織姫」と「彦星」です。諸説ありますが、最も一般的なのが「牛郎織女(ぎゅうろうしゅくじょ)」という中国発祥の物語。

この二人の物語は、空を流れる天の川の近くにある「こと座のペガ(織姫)」と「わし座のアルタイル(彦星)」に例えられます。

中国では、この二つの星が視覚的に最も接近する77日の夜に「乞巧奠(きっこうでん)」という行事が行われます。この中国の「乞巧奠」が、現在日本で行われている七夕行事の原型となったといわれています。

七夕の短冊に願い事

日本の七夕の風習として、短冊に願い事を書くというものがあります。笹の木に吊るされたカラフルな短冊は、日本の七夕文化を象徴する光景です。

この短冊に願い事が書かれるようになったのは江戸時代。当時は書道など技芸の上達を願うものが多かったといわれています。

また、短冊に使われる紙の色は、赤・青・黄・白・黒の五色と決められています。これは中国古代の学説「五行説」という、自然は木・火・土・金・水の五つの元素の循環に従って変化するという説に基づいたものです。

赤は火、青は木、黄は土、白は金、黒は水を指します。ただし、黒に関しては負のイメージが強いこともあり、紫が代わりに使われる場合が多いです。

短冊の色には他にも意味があり、それぞれの色に「徳」という人間の心構えがあります。その徳に合った願い事、また風水的な色に合わせて願い事を書くと願いが叶いやすくなるといわれているので、ぜひ参考にしてみてください。

赤の短冊

赤色には、親や先祖への感謝を表すという意味があります。両親や親族に関する願い事に向いているとされています。風水的には「決断の色」なので、元気になりたい時などにおすすめです。

青の短冊

青色は「礼」を表し、人間力を高める意味があります。自分自身の成長を願うものがおすすめです。風水的には安心や信頼といった意味があります。

黄の短冊

黄色は友情の色で、人間関係に関する願い事が適しています。風水的には金運アップに適し、商売繁盛などの願い事がいいでしょう。

白の短冊

白色は義務を守る心を意味し、自分の決め事を短冊に書くのがいいでしょう。風水的な意味では、人間関係の改善やリラックスの効果があります。

黒(紫)の短冊

黒は勉強の色で、学業の向上や資格取得などの願い事が適しています。風水的には強い力を発揮する色とされ、書いた願い事に強いパワーがつくでしょう。

日本三大七夕まつりとは?

七夕の時期になると、日本各地で開催される七夕まつり。地域によっては旧暦の77日、現在の8月のお盆前後に開催する場所もあります。

宮城県の仙台市で開催される「仙台七夕まつり」、神奈川県平塚市の「湘南ひらつか七夕まつり」、愛知県安城市の「安城七夕まつり」は、特に有名な七夕まつりとして日本三大七夕まつりにも数えられます。

仙台七夕まつり

宮城県仙台市で、毎年86日から8日に開催される「仙台七夕まつり」。江戸時代から続く伝統行事で、日本一の七夕とも称されています。

見どころは、街を埋め尽くす約3,000本の七夕飾り。人気キャラクターが描かれているなど手の込んだものばかりで、 一つ一つの作品から目が離せません。また、七夕飾り作りの体験や短冊に願い事を書くコーナーもあります。

【仙台七夕まつり 基本情報】

開催期間:202286()8()

公式サイト:仙台七夕まつり https://www.sendaitanabata.com/ 

湘南ひらつか七夕まつり

毎年7月上旬に神奈川県平塚市で開催される「湘南ひらつか七夕まつり」は、1950年から開催され、湘南の海に夏の訪れを告げるお祭りです。

流行や話題を取り入れた豪華な七夕飾りが特徴で、メイン会場の湘南スターモール商店街は、人形や看板が装飾された大型の竹飾りで埋め尽くされます。

七夕まつりの期間中は街全体が七夕一色となり、様々なイベントも開催されます。屋台では地元グルメが味わえるほか、一般的な屋台では見つからないような珍しいグルメの屋台もありますよ。

【湘南ひらつか七夕まつり 基本情報】

254-0043 JR平塚駅北口商店街を中心とする市内全域

開催期間:202278()10()

公式サイト:湘南ひらつか七夕まつり http://www.tanabata-hiratsuka.com/ 

安城七夕まつり

愛知県安城市にて、毎年8月の第一金・土・日の3日間で開催される「安城七夕まつり」。世界記録に認定された「願いごと短冊」や、キャンドルに願い事を巻きつける「願いごとキャンドル」など、様々な七夕イベントがあるのが特徴です。

日本全国でここだけという「七夕神社」は、商売繁盛や開運、縁結びなどにご利益があるとされています。

【安城七夕まつり 基本情報】

446-8512 愛知県安城市桜町16-1

開催期間:8月第1金・土・日(2022年度開催未定)

公式サイト:安城七夕まつり https://anjo-tanabata.jp/ 

日本で七夕文化の体験を

七夕の文化は日本だけでなく世界中にあり、祭りの形式もその国の人々の暮らしによって様々。また、日本では77日はそうめんの日ともされており、七夕にそうめんを食べる風習のある地域もあるようです。

七夕の短冊に願い事を書いて、さっぱりとしたそうめんを味わうという日本の七夕文化をぜひ体験してみてください。

 

日本【七夕】文化的歴史和由来は?日本三大七夕祭的看点      THE GATE

 77日是「七夕(たなばた)」之日。有隔天河織姫和彦星1年中唯一能相会的一天之傳説、在日本有在長条詩箋上写願望的習俗。

同時七夕活動也在各地挙行、宮城県的「仙台七夕祭」、神奈川県的「湘南平塚七夕祭」、愛知県的「安城七夕まつり」是日本有名的三大七夕祭。

日本七夕文化的歴史と由来

作為日本夏天風景線而広為人知的「七夕」、也是季節中節気「五節」中的一個。

原来七夕文化不在日本、而始于中国。奈良時代(中国唐朝中期)由中国傳来、当時是皇族的宮中活動。

此後、中国和日本的習俗有所重、現在七夕的形式大概是在江戸時代(中国清朝初期中期)形成的。

織姫和彦星的傳説

講七夕少不了「織姫」和「彦星」。有諸説、最一般的是「牛郎織女(ぎゅうろうしゅくじょ)」中国発祥的傳説。

二人的故事、比喩在横跨天空銀河付近的「天琴座的織姫)」和「天鷹座的彦星)」。

在中国、此二星視覚上在最接近77日的夜里進行「乞巧奠」活動。此中国的「乞巧奠」、据説是現在日本挙行七夕活動的原型。

在七夕的長条詩箋上写願望事

日本七夕的習族有在長条詩箋上写願望之事。掛在樹枝上多彩的長条詩箋是象徴日本七夕文化的風景。

開始在長条詩箋写願望事的是江戸時代。据説当時希望書法等技藝有長進的較多。

長条詩箋所用紙的顔色有固定的紅・藍・黄・白・黒五種顔色。此乃根据中国古代学説「五行説」、自然是按木・火・土・金・水五個元素的循環而変化的説法而来的。

紅指火、藍指木、黄指土、白指金、黒指水。但、関于黒、負的印象較強、故以紫代用較多。

長条詩箋的顔色也有其他意思、各色有「徳」 人の思想准備。据説写上合呼徳的願望事、合呼風水顔色的願望事、其願望容易実現、請一定参考試行。

紅色長条詩箋

赤色には、親や先祖への感謝を表すという意味があります。両親や親族に関する願い事に向いているとされています。風水的には「決断の色」なので、元気になりたい時などにおすすめです。

藍色長条詩箋

藍色表現「礼」、有提高人情力的意思。推薦写願自己的成長。風水上有安心和信頼之意。

黄色長条詩箋

黄色是友情的顔色、適合人際関係相関的願望。風水上適合提高金銭運、賣買興旺等願望之事較好。

白色長条詩箋

白色意味着守義務、写上自己決定的事情較好。風水上的意思有改善人際関係和軽松効果。

黒(紫)色長条詩箋

黒色是学習的顔色、適合学業向上和獲取資格等願望事。風水上認為是強力発揮的顔色、写上願望事帯有強力性。

日本三大七夕祭

到了七夕、日本各地挙行七夕祭。因地区不同也有農暦77日、現在的8月盆節前後挙行的地方。

宮城県仙台市挙行的「仙台七夕祭」、神奈川県平塚市的「湘南平塚七夕祭」、愛知県安城市的「安城七夕祭」作為特別有名的七夕祭也是可数的日本三大七夕

仙台七夕祭

宮城県仙台市、毎年86日到8日挙行的「仙台七夕祭」。江戸時代起至今的傳統活動、也被称為日本第一的七夕。

看点、約3,000個七夕装飾充満街道。都是描絵人気性格人物等手工制品、 一個一個作品目不暇接。也有体験制作七夕装飾和長条詩箋写願望事的区域。

【仙台七夕祭 基本信息】

期間:202286()8()

官網:仙台七夕祭 https://www.sendaitanabata.com/ 

湘南平塚七夕祭

毎年7月上旬在神奈川県平塚市挙行的「湘南平塚七夕祭」是1950年開始、告知湘南之海夏季到来的傳統節。

特点是取材流行和成為話題的豪華七夕装飾、主会場湘南starmall商店街掛満了人形和招牌装飾的大型竹制品。

七夕祭期間整個街句七夕一色、也挙行各種活動。露天攤位可品賞当地的美食、也有一般攤位没有的珍品攤位。

【湘南平塚七夕祭 基本信息】

254-0043 JR平塚駅北口商店街為中心的整個市内

期間:202278(周五)10(周日)

官網:湘南平塚七夕祭 http://www.tanabata-hiratsuka.com/ 

安城七夕祭

愛知県安城市、毎年8月第一個周五・六・日的3天挙行的「安城七夕祭」。認定世界記録的「願望事長条詩箋」和、巻在蜡上的願望事「願望事蜡燭」等、各種七夕活動為特点。

日本全国只有此地的「七夕神社」視為有買賣興旺和開運、結縁等恩恵。

【安城七夕祭 基本信息】

446-8512 愛知県安城市桜町16-1

期間:8月第1個周五・六・日(2022年度未定)

官網:安城七夕祭 https://anjo-tanabata.jp/ 

在日本体験七夕文化

七夕文化不光是日本全世界都有、活動形式也因該国人們的生活而各種各様。日本77日被視為掛麺日、也有七夕吃掛麺習俗的地方。

請一定体験日本的七夕文化 長条詩箋写願望事、品賞爽口的掛麺。

© THE GATE  写真 左から右

*日本の七夕の短冊

*七夕で有名な機物神社の七夕の短冊

*仙台七夕祭の七夕飾り

*湘南平塚七夕祭の七夕飾り

 

*安城七夕祭の多くの七夕飾り

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

●端午 duan wu jie 中国四大伝統節日之一          6月6日

端午節又称端陽節・龍舟節・重五節・天中節等、是集拝神祭祖、祈福辟邪、歓慶娯楽和飲食為一体的民俗大節。端午節源于自然天象崇拝、由上古時代祭龍演変来的。 仲夏端午、蒼龍七宿飛昇于正南中央、処于全年最“正中”之位、正如「易経・乾卦」第五爻:“飛龍在天”。

端午節是“飛龍在天”吉祥日、龍及龍舟文化始終貫穿在端午節的傳承歴史中。

端午節起源于江浙地区呉越部族的龍図祭祀、是流行于中国以及漢字文化圏諸国的傳統節日、傳説戦国時期的楚国詩人屈原在五月初五跳汨羅江自尽、後人亦将端午節作為記念屈原的節日也有記念伍子胥、曹娥及介子推等説法端午節的起源涵蓋了古老星象文化、人文哲学等方面内容、蘊含深遂豊厚的文化内涵、在傳承発展中雑糅了多種民俗為一体、各地因地域文化不同爾又存在着習俗或細節上的差異。

端午節与春節・清明節・中秋節並称為中国四大傳統節日。端午文化在世界上影響広泛、世界上一部分国家和地区也有慶賀端午的活動。20065月、国務院将其列入首批国家級非物質文化遺産名録、自2008年起被列為国家法定節假日。20099月、聯合国教科文組織正式批准将其列入「人類非物質文化遺産代表作名録」、端午節成為中国首個入選世界非遺的節日。

20211025日、「国務院辦公庁関于2022年部分節假日安排的通知」発布、2022年端午節:63日至5日放假、共3天。

今年時期:63

 

端午節 tangosetsu 中国四大伝統祭りの一つ 

端午節は又端陽節・龍舟節・重五節・天中節等呼ばれ、是集拝神崇拝先祖祀り、福祈祷邪気払い、祝賀娯楽と飲食を一体化した民俗的大きな祭である。起源は自然天象の崇拝、上古時代の龍祀から来たもの。 夏季半ばの端午、蒼龍七宿が南中央に飛び昇り、一年中最っとも“真ん中”の位置にあり、「易経・乾卦」第五爻の爻辞曰:“飛龍在天”のようである。端午節は“飛龍在天”の吉祥の日であり、龍及び龍舟文化は始終に端午節の歴史伝承を貫いた。

端午節の起源于は江浙地区呉越部族の龍図祀りにあり、中国及び漢字文化圏諸国に流行っている伝統祭りであり、伝説によると戦国時代の楚国詩人屈原氏が五月初五に汨羅江に飛び込み自殺し、のちの人は端午節を屈原氏記念の祝日にした:伍子胥氏や曹娥氏・介子推氏等の方を記念する説もある。端午節の起源には古代星象文化、人文哲学等の内容という意味深い、豊かな文化深層が含まれ、継承発展の過程には多種多様な民俗が混じり合い、各地域文化の違いによって習慣民俗や細かいところまで異なっている。

端午節は春節・清明節・中秋節と並び中国の四大傳統祭りである。端午文化は世界中に影響を与え、世界中一部国家と地域にも端午祝いの行事がある。20065月、中国国務院は第一回国家級無形文化遺産名録に収録、2008年から国の法定祝日を定めた。20099月、ユネスコは正式に「人類無形文化遺産代表作名録」に収録決定、端午節は中国初世界無形文化遺産の祝日となった。

20211025日、「国務院辦公庁関于2022年部分節假日安排的通知」を発表、2022年端午節:63日~5日休日に、計3日間。

今年時期:63

 

 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

●こいのぼり KOINOBORI 鯉幟              5月5日

日本の風習で、江戸時代に武家で始まった端午節句に男児の健やかな成長を願って家庭の庭先に飾るの形に模して作ったのぼり。不織布などに鯉の絵柄を描いたもので、風を受けてたなびくようになっている。皐幟(さつきのぼり)、鯉の吹き流しとも言う。日本鯉のぼり協会の統一見解では屋外に飾るものを「鯉のぼり」、屋内に飾るものを「飾り鯉」という。

もとは旧暦5月5までの行事であったが、現代ではグレゴリオ暦新暦5月5に向けて飾られるようになり、イメージは「晩春の晴天の日の青空にたなびくもの」となった。ただし地方により、端午の節句を祝う時期が違うので、旧暦の端午やひと月遅れのグレゴリオ暦(新暦)6月5とする地方もある。

鯉魚旗 KOINOBORI 日本習俗

日本風俗習慣、始于江戸時代武家的端午節祝願男孩子健康成長、制作成鯉魚形状的旗装飾在家里庭院中、在無紡等上面描絵鯉魚図案、随風飄動。也称皐幟(SATSUKINOBORI)、鯉風幡。日本鯉魚旗協会的統一見解為屋外装飾的称「鯉魚旗」、屋内装飾的称「飾鯉」。

原来農歴至55挙行的活動、現代到公55装飾、印象「晩春晴天之日晴空飄動的東西」。只是地方上有不同的祝賀端午節時期、農暦端午和晩一個月公暦65進行的地方也有。

©ウィキペディアよりこいのぼり(上から矢車、吹き流し、真鯉、緋鯉、子鯉)

©来自維基百科鯉魚旗(自上往下:風車、風向標、真鯉、緋鯉、子鯉)

 

 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

金繕                                    百度百科

金繕、日語中称為「Kintsukuroi」。金繕是運用純天然材質修補残損器物的工藝名称、需要一定審美的一門技藝。金繕源于中国、本質上是修復範疇。

金繕修復范囲広、用作于瓷器和紫砂器居多、也可用于竹器・象牙・小件木器・玉器等。

金繕源自于中国、経時代変遷和発揚、在海外日本・越南・新加坡等地都有各自的金繕流派。日本幾千年来日用陶瓷発展中一直以陶器階段為主導、因此具有幾千年的金繕歴史。在日本金繕称為「金継」、主要有「紋足」「無衣」「百川」三大流派。其中以

「無衣」流派修復最為精彩被称作藝術上的再創作。無衣流派名字出自中国詩経「国風・秦風・無衣」。

日本・新加坡・美国・澳大利亜・巴西等中日韓三国移民較多的地区、金繕修復是有段位考級的。因為中国本土主要以口口相傳為主所以中国無段位制。2003年在日本金繕的段位考級為:1段~9段(国宝級)

 

金繕                                     百度百科

金繕、日本語で「Kintsukuroi」という。金繕は純天然材質を用いて欠損器物修復の工芸名で、工芸技術の一種である。金繕の起源は中国にあり、本質には修復の範疇である。

金繕修復の範囲は広く、磁器や紫砂陶器が多く、竹もの・象牙・木材の小物・玉器などもある。

金繕の起源は中国にあり、時代の移り変わりや発展によって、海外の日本・ベトナム・シンガポール等の国や地域には各自の金繕流派がある。日本数千年以来日用陶磁器の発展の中に陶器が主導してきて、数千年の金繕歴史を持っていると考えられる。日本には金繕を「金継」といい、主に「紋足」「無衣」「百川」三大流派がある。中には「無衣」流派は高い修復技術をもって芸術的再創作ともいう。無衣流派の名は中国詩経「国風・秦風・無衣」からである。

日本・シンガポール・米国・オーストラリア・ブラジル等中日韓三国移民比較的多い地域には金繕修復において段位制がある。中国本土には主に口で伝え合いなので段位制がない。2003年日本金繕段位基準1段~9段(国宝級)。

 

 

金継ぎ(きんつぎ Kintsugi)  

             出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

割れや欠け、ヒビなどの陶磁器の破損部分を漆によって接着し、金などの金属粉で装飾して仕上げる修復技法である。金繕い(きんつくろい Kintsukuroi)とも言う。

破損部を漆で修復した痕跡は縄文土器にもみられる。室町時代(1338年~1573)以降、蒔絵など漆を使う工芸技術と、修理した器もありのまま受け入れる茶道精神の普及により、金継ぎに芸術的な価値が見いだされるようになった。本阿弥光悦作の赤楽茶碗(銘「雪峰」)のように、文化財に指定されたり、骨董として珍重されたりする金継ぎ陶磁器もある。現代においても、愛用の器を修理して長く使い続けたり、金継ぎの過程や跡をアートとして楽しんだりするために、金継ぎの請負業者や教室が存在している。

 

金繕(金継)  

破・損・裂等陶瓷器破損部分用漆粘接、用金等的金属粉修飾加工的修復技法。也称金繕(きんつくろい Kintsukuroi)。

用漆修復破損部分的痕跡見于縄文土器。室町時代(1338年~1573)以後、蒔絵(日本傳統工藝技術、在漆器上以金・銀・色粉等材料所絵制成的紋様装飾)等用漆的工芸技術的出現、修理的器皿就此使用的茶道精神的普及、金繕芸術的価値開始被発現。也有如本阿弥光悦制作的赤楽茶碗(銘「雪峰」)、被指定為文化遺産、作為古董被珍蔵的金繕陶瓷器。現在、愛用的器皿修理後継続長期使用、金繕的修復過程等作為藝術享受、也有金繕的承包商和体験教室。

*左:『ウィキペディア(Wikipedia)』 *右:中国「百度百科」

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

●雛祭り(HINAMATSURI)                  3月7日

日本において、女子の健やかな成長を祈る節句の年中行事。

ひな人形(「男雛」と「女雛」を中心とする人形)に桜や橘、桃の花など木々の飾り、雛あられや菱餅などを供え、白酒やちらし寿司などの飲食を楽しむ節句祭りである。

雛祭りは33日の節句(上巳の節句、桃の節句)に行われる年中行事である。

江戸時代までは和暦(太陰太陽暦)の33日(現在の4月頃)に行われていた。明治の改暦以後はグレゴリオ暦(新暦)の33日に行なうことが一般的になっている。ただし一部の地域では、引き続きに旧暦33日に祝うか、新暦43日に祝う(東北・北陸など積雪・寒冷地に多い)。

「桃の節句」は旧暦の33日が桃の花が咲く時期であったことによる。

現代では新暦33日に室内で行うことが一般的であるが、かつて農村部などでは暖かく春らしくなった旧暦33日に、子供が野遊びに出掛けて「草花びな」を作ったり、弁当や野外料理を食べたりする風習が一部にあり、現代でも伝承している地域がある。

 

偶人節

日本祈祷女健康成長的節日活動。

偶人(「男偶」和「女偶」為中心的偶人)配装櫻花和橘花、桃花等樹木々、供奉雛餅和菱餅等、享受白酒和寿司等飲食的傳統節日。

偶人節是在33日的節(上巳節、桃花節)時挙行活動的節日。

江戸時代之前和暦(太陰太陽暦)的33日(現在4月左右)時挙行。明治改暦以後一般在公暦(新暦)33日挙行。但一部分地区、延続旧暦33日進行祝賀、或新暦43日進行(東北・北陸等積雪・寒冷地較多)。

「桃花節」由来于旧暦33日正値桃花盛開時期。

現在一般在新暦33日在室内進行。曽経一部分農村地区因温暖、春意的旧暦33日、孩子們野外郊游、制作「花草偶」、吃便当和野餐的風俗尚有、故有傳承至今的地区。

© 『ウィキペディア(Wikipedia)』より

*左:雛飾り(偶人装飾 男偶)

*右:雛人形(女偶)

  

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

●元宵 yuanxiaojie 中国伝統節日              2月17日

元宵節又称上元節・小正月・元夕・灯節等、為毎年農歴正月十五日。正月是農歴的元月、古人称“夜”為“宵”、正月十五是一年中第一個月圓之夜、所以称正月十五日為“元宵節”。

元宵節起源于道教的“三元説”漢末道教的重要派別五斗米道崇奉的神為天官・地官・水官、説天官賜福・地官赦罪・水官解厄、並以三元配三官、説上元天官正月十五日生・中元地官七月十五日生・下元水官十月十五日生。魏晋道家以“三官”与時日節候相配、定正月十五為“上元”・七月十五為“中元”・十月十五為“下元”、合称“三元”。正月十五日被称為上元節。南宋呉自牧《夢梁彔》中説:“正月十五元夕節、乃上元天官賜福之辰”、故上元節要燃灯。正月十五日元宵節真正成為全国民俗節日是在漢魏之後。

元宵節是中国的伝統節日之一、主要有賞花灯・吃湯圓・猜灯謎・放煙花等一系列伝統民俗活動。此外、不小地方元宵節還増加了游龍灯・獅子舞・踏高蹺・駕旱船・扭秧歌・打太平鼓等伝統民俗表演。過年到元宵。20086月、元宵節選入第二批国家級非物質文化遺産。天文予報顕示、今年元宵月是“十五的月亮十六園”、最圓時刻(望)出現在271617分。

今年時期:2月15日(昨年226日)

 

元宵節 げんしょうせつ gensyosetsu 中国伝統祭り

元宵節はまた上元節・小正月・元夕・灯節等とも呼ばれ、毎年旧歴の正月十五日である。正月は旧暦の元月で、古代人が“夜”を“宵”と呼び、正月十五は一年間の一回目の満月の夜なので、正月十五日を“元宵節”とよばれた。

元宵節の起源は道教の“三元説”にある。漢末(弥生時代なかば)道教の重要流派五斗米道が祀る神は天官・地官・水官で、天官が福を与え・地官が罪を免除・水官が厄払い、そして三元をそれぞれ上元天官の正月十五日生れ・中元地官の七月十五日生れ・下元水官の十月十五日生れと割り当てた。魏晋(弥生時代末期)道家は“三官”を期日と節季に、正月十五を“上元”・七月十五を“中元”・十月十五を“下元”に合わせ、“三元”と呼ばれた。正月十五日は上元節と。南宋呉自牧《夢梁彔》には:“正月十五は元夕節で、上元天官が福を与える時”、故に上元節には灯り付けが必要との記載があった。正月十五日元宵節は全国民俗祭りになったのは漢魏(弥生時代なかば)の後となった。

元宵節は中国伝統祭りの一つであり、主に花提灯観賞・団子食べ・謎解き・花火等伝統民俗行事が行われる。ほかに、多い地方には元宵節に提灯灯し・獅子舞・高足踊り・旱船踊り・秧歌・太鼓等伝統民俗演出を催す。過年(お正月)は元宵節を迎えて終了する。20086月、元宵節は第二回国家級非物質文化遺産に入選した。天文予報によると、今年元宵月は“十五の月十六満月”と、満月時刻(望)は271617分である。

 今年時期:2月15日(昨年226日)

 

 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

●春闘  syunto                                                                      2月03日

日本において毎年2月)頃から行われる、ベースアップ等の賃金の引上げや労働時間の短縮などといった労働条件の改善を交渉する労働運動である。呼称は「春季生活闘争」(おもに労働組合側が使用)、「春季労使交渉」(おもに経営側が使用)、「春季闘争」などと言われている。

企業別労働組合が主流である日本においては、個々の企業ごとの労働組合の交渉力の差が大きい。そこで労働者側が団結し、各企業・各産業が毎年同時期に歩調をあわせ団結することで交渉力を高める狙いがある。

春闘  syunto

日本毎年季(2月)挙行的労方向資方要求提高基本工資和縮短労働時間等改善労働条件進行交渉的労働運動。称為「春季生活闘争」(主要為労働組合(相当中国的工会)方使用)、「春季労資交渉」(主要為経営方使用)、「春季闘争」。

企業行業分類的労働組合是日本的主流、単個企業的労働組合交渉能力差異較大。于是労方団結起来、各企業・各産業在毎年的同一時期、歩調一致団結一致目標提高和資方的交渉能力。

 

 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^●日本国際賞 Japan Prize                 1月26日

「科学技術において、独創的・飛躍的な成果を挙げ、科学技術の進歩に大きく寄与し、人類の平和と繁栄に著しく貢献した」人物に対して、国際科学技術財団が授与する賞である。

受賞対象は「物理、化学、工学」と「生命、農学、医学」の二つの領域で幅広い科学技術分野にわたり、いずれの受賞者も世界的に有名な科学技術者である。なお、受賞対象分野は1年に2つの分野である。受賞者には、賞状、賞牌、賞金5000万円が贈られる。また、受賞者は生存者のみに限られる。

日本にもノーベル賞に匹敵するような賞が必要だとして、1981年に構想が立てられ、松下幸之助が基金(私財など約30億円)を提供。1983日本国政府内で各機関からの協力が閣議決定された後、1985に第1回の授与式が国立劇場で行われた。なお、授与式は天皇皇后内閣総理大臣、衆議院議長、参議院議長最高裁判所長官が出席する。 

日本国際奨

日本国際科学技術財団授預「在科学技術方面取得独創性的和飛躍性的成果、対科学技術進歩、人類和平与繁栄作出重大貢献」的人的奨項。

受奨者広布于「物理、化学、工学」和「生命、農学、医学」の二大領域中的科学技術方面、同時也是世界有名的科学家。受奨対象領域1年中2個領域。受奨者被贈与奨状、奨牌和5000万日元的奨金。受奨者只限于在世人物。

1981構思了日本也需要和諾貝爾奨所匹敵的奨項、由松下幸之助提供基金(私有財産約30億日元)。1983日本国政府内得到各部門合作、内閣会議上決定後、于1985国立劇場挙行了第1届授奨典礼。出席授奨典礼的有天皇皇后内閣総理大臣衆議院議長参議院議長最高裁判所長官等。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

●腊八節                                   1月11日

腊八節、毎年農歴十二月八日、又称「法宝節」「佛成道節」「成道会」等。本為佛教記念釈迦牟尼佛成道之節日、後遂漸也成為民間節日。

腊八粥、又称「七宝五味粥」、「佛粥」等、是一種由多様食材熬制成的粥。腊八粥的最早文字記載在宋代。南宋呉自牧{夢梁彔}載:「此月八日、寺院謂之腊八。大刹等寺、俱設五味粥、名曰腊八粥」。我国喝腊八粥的歴史、已有一千年以上了。毎逢腊八日、不論是朝廷官府、寺院或是黎民百姓家都要作腊八粥。到了清朝、喝腊八粥的風俗更是盛行。

在我国北方、有「小孩小孩你別饞、過了腊八就是年」之説、過腊八意味着拉開了過年的序幕。毎到腊八節、北方地区忙着剥蒜制醋、泡腊八面腊八粥。

今年時期:110

 

腊八節

腊八節、毎年旧歴十二月八日、又「法宝節」「佛成道節」「成道会」とも呼ぶ。本来佛教において釈迦牟尼成仏を記念する祭りであり、後民間祭りとなった。

腊八粥、又「七宝五味粥」、「佛粥」とも呼び、多種食材で煮込んだ粥である。腊八粥最初の文字記載は宋代にあった。南宋呉自牧{夢梁彔}に:「此月八日、寺院謂之腊八。大刹等寺、みな五味粥設け、名曰腊八粥」。わが国に腊八粥を食べる歴史は有一千年以上もある。毎回腊八日となり、朝廷官邸や寺院或いは民間の家でも腊八粥を作る風習がある。清朝になって、腊八粥を食べる風習が更に流行っていた。

わが国北方には、「子供やこども、よだれをしないで、腊八過ぎ新年が来る」という説があり、腊八過ごしの意味は新年の序幕に過ぎない。毎回腊八節には、北方地区に大蒜剥酢作り、腊八麺や腊八粥造りに忙しい。

今年時期:110

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

●七草がゆ七草粥                       1月11日

人日節句1月7)のに食べられている日本の行事食(料理)である。

春の七草や餅などを具材とする塩味の粥で、その一年の無病息災を願って17日に食べられる。正月の祝膳や祝酒で弱った胃を休める為とも言われる。

この行事は、平安時代には行われていたが、室町時代の汁物の原型ともされている。

七草がゆの由来については、一般に6世紀の中国古典『荊楚歳時記』に、七種菜の羹を正月七日に食べる風習が記されている点が指摘される。これに類似する風習は古い記録にみられ、『西京雑記』や『金匱録』七禽食方によれば、正月上辰日(月最初の辰日)に特定の植物を食べたり粉末にしたりする風習が各地で行われていた。『荊楚歳時記』の七種菜の羹を正月七日に食べる風習は、これらの遺風であったようである。日本の『御伽草子』七草草子で辰の刻に七草粥を煮るとされるのは、かつて上辰日に行われていた風習の名残らしい。なお、正月七日に七種の食材を食べて健康を願う風習は中国にも残っている。

 

七草粥(NANAGUSA GAYU)

人日1月7吃的日本傳統儀式的料理。

春七草和糯米為食材的塩味粥、祈願此年無病息災、在17日食用。据説為保養正月祝酒宴虚弱的胃。

此儀式、行于平安時代(7941184年)、但也被認為室町時代(13921573年)湯料的原型。

七草粥的由来、据説6世紀中国古典『荊楚歳時記』中、有在正月七日吃七種菜的羹的習俗的記載。類似此習俗的古代記録、『西京雑記』和『金匱録』七禽食方中、正月上辰日(月初辰日)各地吃特定的植物或将其制成粉末的習俗。『荊楚歳時記』中在正月七日吃七種菜的羹的習俗、像是其遺留的。日本的『御伽草子』七草草子中、辰時煮る七草粥、且上辰日進行的習俗的遺風。還有正月七日吃七種食材祈願健康的習俗在中国尚存。

 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

●初詣(HATSUMOUDE)                   1月3日

年が明けてから初めて神社や寺院などに参拝する行事。一年の感謝を捧げたり、新年の無事と平安を祈願したりする。初参・初参り(はつまいり)ともいう。

元々は「年籠り」(としこもり、としごもり)と言い、家長が祈願のために大晦日の夜から元日の朝にかけて氏神神社に籠る習慣であった。やがて年籠りは、大晦日の夜の「除夜詣」と元日の朝の「元日詣」との2つに分かれ、元日詣が今の初詣の原形となった。治承5年に源頼朝が鶴岡若宮に参詣したことが初詣が広まるきっかけになったとの指摘もある。

初詣人気&人出ランキング全国ベスト10

1 明治神宮(東京都)              約318万人前後

2 成田山新勝寺(千葉県)        約311万人前後

3 川崎大師平間寺(神奈川県)  約308万人前後

浅草寺(東京都)                   約293万人前後

5 伏見稲荷大社(京都府)          約250万人前後

6 鶴岡八幡宮(神奈川県)          約250万人前後

7 住吉大社(大阪府)                約234万人前後

8 熱田神宮(愛知県)                約230万人前後

9 武蔵一宮氷川神社(埼玉県)    約210万人前後

10 太宰府天満宮(福岡県)        約200万人前後

 

初詣(新年参拝)

初詣是日本正月的一個習俗、指在元旦当天前往参拝神社或佛寺、詣在日文中有参拝神社佛寺的意思、由于是一年内最初的参拝、故又称初次参拝。

初詣原来叫「年籠」(過年)、家主為了祈願、有大年夜到元旦早上在氏神神社過夜的習俗。之後年籠、分大年夜的「除夜詣」和元旦早上的「元日詣」2個、元旦詣即成為現在初詣的原形。也有説治承5年(1181年)源頼朝参拝鶴岡若宮(神社)為初詣普及的契机

初詣人気&人流日本全国排行10

2022年

12月

05日

投稿

5 コメント