&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&

腊八節                                    1月11日

腊八節、毎年農歴十二月八日、又称「法宝節」「佛成道節」「成道会」等。本為佛教記念釈迦牟尼佛成道之節日、後遂漸也成為民間節日。

腊八粥、又称「七宝五味粥」、「佛粥」等、是一種由多様食材熬制成的粥。腊八粥的最早文字記載在宋代。南宋呉自牧{夢梁彔}載:「此月八日、寺院謂之腊八。大刹等寺、俱設五味粥、名曰腊八粥」。我国喝腊八粥的歴史、已有一千年以上了。毎逢腊八日、不論是朝廷官府、寺院或是黎民百姓家都要作腊八粥。到了清朝、喝腊八粥的風俗更是盛行。

在我国北方、有「小孩小孩你別饞、過了腊八就是年」之説、過腊八意味着拉開了過年的序幕。毎到腊八節、北方地区忙着剥蒜制醋、泡腊八面腊八粥。

今年時期:110

 

腊八節

腊八節、毎年旧歴十二月八日、又「法宝節」「佛成道節」「成道会」とも呼ぶ。本来佛教において釈迦牟尼成仏を記念する祭りであり、後民間祭りとなった。

腊八粥、又「七宝五味粥」、「佛粥」とも呼び、多種食材で煮込んだ粥である。腊八粥最初の文字記載は宋代にあった。南宋呉自牧{夢梁彔}に:「此月八日、寺院謂之腊八。大刹等寺、みな五味粥設け、名曰腊八粥」。わが国に腊八粥を食べる歴史は有一千年以上もある。毎回腊八日となり、朝廷官邸や寺院或いは民間の家でも腊八粥を作る風習がある。清朝になって、腊八粥を食べる風習が更に流行っていた。

わが国北方には、「子供やこども、よだれをしないで、腊八過ぎ新年が来る」という説があり、腊八過ごしの意味は新年の序幕に過ぎない。毎回腊八節には、北方地区に大蒜剥酢作り、腊八麺や腊八粥造りに忙しい。

 

今年時期:110

 

七草がゆ七草粥                        1月11日

人日節句1月7)のに食べられている日本の行事食(料理)である。

春の七草や餅などを具材とする塩味の粥で、その一年の無病息災を願って17日に食べられる。正月の祝膳や祝酒で弱った胃を休める為とも言われる。

この行事は、平安時代には行われていたが、室町時代の汁物の原型ともされている。

七草がゆの由来については、一般に6世紀の中国古典『荊楚歳時記』に、七種菜の羹を正月七日に食べる風習が記されている点が指摘される。これに類似する風習は古い記録にみられ、『西京雑記』や『金匱録』七禽食方によれば、正月上辰日(月最初の辰日)に特定の植物を食べたり粉末にしたりする風習が各地で行われていた。『荊楚歳時記』の七種菜の羹を正月七日に食べる風習は、これらの遺風であったようである。日本の『御伽草子』七草草子で辰の刻に七草粥を煮るとされるのは、かつて上辰日に行われていた風習の名残らしい。なお、正月七日に七種の食材を食べて健康を願う風習は中国にも残っている。

 

七草粥(NANAGUSA GAYU)

人日1月7吃的日本傳統儀式的料理。

春七草和糯米為食材的塩味粥、祈願此年無病息災、在17日食用。据説為保養正月祝酒宴虚弱的胃。

此儀式、行于平安時代(7941184年)、但也被認為室町時代(13921573年)湯料的原型。

 

七草粥的由来、据説6世紀中国古典『荊楚歳時記』中、有在正月七日吃七種菜的羹的習俗的記載。類似此習俗的古代記録、『西京雑記』和『金匱録』七禽食方中、正月上辰日(月初辰日)各地吃特定的植物或将其制成粉末的習俗。『荊楚歳時記』中在正月七日吃七種菜的羹的習俗、像是其遺留的。日本的『御伽草子』七草草子中、辰時煮る七草粥、且上辰日進行的習俗的遺風。還有正月七日吃七種食材祈願健康的習俗在中国尚存。

 

初詣(HATSUMOUDE)                    1月3日

年が明けてから初めて神社や寺院などに参拝する行事。一年の感謝を捧げたり、新年の無事と平安を祈願したりする。初参・初参り(はつまいり)ともいう。

元々は「年籠り」(としこもり、としごもり)と言い、家長が祈願のために大晦日の夜から元日の朝にかけて氏神神社に籠る習慣であった。やがて年籠りは、大晦日の夜の「除夜詣」と元日の朝の「元日詣」との2つに分かれ、元日詣が今の初詣の原形となった。治承5年に源頼朝が鶴岡若宮に参詣したことが初詣が広まるきっかけになったとの指摘もある。

初詣人気&人出ランキング全国ベスト10

1 明治神宮(東京都)              約318万人前後

2 成田山新勝寺(千葉県)        約311万人前後

3 川崎大師平間寺(神奈川県)  約308万人前後

浅草寺(東京都)                   約293万人前後

5 伏見稲荷大社(京都府)          約250万人前後

6 鶴岡八幡宮(神奈川県)          約250万人前後

7 住吉大社(大阪府)                約234万人前後

8 熱田神宮(愛知県)                約230万人前後

9 武蔵一宮氷川神社(埼玉県)    約210万人前後

10 太宰府天満宮(福岡県)        約200万人前後

 

初詣(新年参拝)

初詣是日本正月的一個習俗、指在元旦当天前往参拝神社或佛寺、詣在日文中有参拝神社佛寺的意思、由于是一年内最初的参拝、故又称初次参拝。

初詣原来叫「年籠」(過年)、家主為了祈願、有大年夜到元旦早上在氏神神社過夜的習俗。之後年籠、分大年夜的「除夜詣」和元旦早上的「元日詣」2個、元旦詣即成為現在初詣的原形。也有説治承5年(1181年)源頼朝参拝鶴岡若宮(神社)為初詣普及的契机

初詣人気&人流日本全国排行10

2022年

1月

25日

投稿