紙粘土の世界

 紙粘土作品――紙粘土作家ヨシオミドリ YOSHIO MIDORI

 商品化応用   特許製品 専利産品

 カレンダー(日歴)   カレンダー(日歴)   カレンダー(日歴) メモ帳(筆記本)

   USB              USB         透明ケース(文件挟)  作品   透明ケース(文件挟)

 ストラップ(小掛件)             ストラップ(小掛件)飾り物(瓶内小件)

     葉書(明信片)             壁掛          教科書

  教科書     児童読物     雑誌紹介      雑誌掲載(刊登雑誌)

      中文(中国語文)

      日本語文(日文)


日本「可愛文化」的実践人―             人気紙粘土作家吉尾 緑

我是在其大阪個展会上遇見吉尾女士的。相遇之前、不要説紙粘土就連紙粘土的作品也不知道。為学習不足感到難為情。 看到展会場前的海報、好奇的我、覚得有趣、不知不覚踏進了会場。 展示的作品有泥人般的重量感、但連想不到紙。一拿起、軽如一紙、可不是紙是紙的繊維制成的紙粘土。原来如此。

各種各様的作品中、猫咪最多。眼前、猫咪們的各種姿勢和玩得愉快的場景、有説不出的可愛、我被吸引住了。 我和在現場的作家本人吉尾女士打招呼、从紙粘土到作品問了許多。吉尾是一位非常普通的人、精神熱情、如同猫咪一様愉快地告訴我。我想正是其平易近人的一面才能創作出那可愛的作品。

 我作為中日交流的架橋人、既向日本介紹中国文化、也向中国介紹日本文化。日本独特的「可愛文化」从亜州到欧美正在不断拡大。当然在中国也漸漸為人所知、特別為許多年軽人接受。我想把日本「可愛文化」的実践人及其充満可愛魅力的作品以「日本可愛文化」系列1的形式介紹給中国、介紹給各位的心情由然昇起。

 当然在介紹日本人吉尾及其作品給中国的同時也希望更多的日本人知道。

                          2014年10月5日

              石嶺

                         于大阪

日本可愛い文化の実践者―          人気紙粘土作家ヨシオミドリ氏

 私はヨシオさんに出会ったのは大阪の個展会場でした。出会う前に、私にとっては、紙粘土どころかその紙粘土の作品すら知りませんでした。勉強不足と恥ずかしい。展示会場前のポスターを視て、好奇心をもつ私は、面白いなあと思いながら、思わず足が会場に踏み込みました。展示された作品は粘土で作られた重みを感じますけれど、ちっとも紙につながりません。しかし持ち上げたところ、軽くて紙一丁みたい、いや紙ではなく紙繊維でできた紙粘土です。なるほどとうなずいた。 数々な作品の中、猫ちゃんが一番多い。目の前に、猫ちゃんたちのいろんなポーズや楽しく遊んでいる姿で、何とも言えないほど可愛さにひかれました。 会場にいらっしゃった作家本人の吉尾さんに声をかけ、紙粘土から作品まで色々と聞きました。ごく普通の彼女は元気熱心で猫ちゃんと同じように楽しく教えてくれました。気さくでこんな人間性があるからこそこのような可愛い作品ができるにちがいないと私はこう思っています。 

 私は日中文化交流の架け橋役として活動しております。中国の文化を日本に紹介し、日本の文化をも中国に紹介します。日本独特の「可愛い文化」はいまアジアから欧米まで世界中に広げつつあります。もちろん中国にも知られつつあります。特に若い層はかなり受け入れています。その日本「可愛い文化」の実践者及び可愛さが溢れる魅力的な作品を「日本可愛い文化」シリーズ1という形で中国、中国の皆様に紹介しようという気持ちが湧いてきました。

 もちろん日本人のヨシオさん及び作品を中国に紹介すると同時にもっと日本人が知ってほしいとも願っています。                       2014年10月5日

                                    石嶺

                                大阪にて


吉尾 緑 簡歴

西南女学院大学保育課畢業後就職

人間学院(修曼)学習軟件、其後自学

以設計者身分就職、約3年後想成為自由挿画家・・・但並不順利 

2008年開始粘土創作活動

現在以雑誌書籍日歴等紙質媒体的工作為主軸 毎年在東京大阪広島山口等地進行5~7次個展

 



主要実績

PETLINE公司 2013.102015.2 集猫舎 小猫咪 初演活動 主要視覚効果担当

・辰巳出版社 猫MARU 14年冬春季号「吉尾緑的猫日記」制作法「制作撮影」 11年夏季号開始連載

PADICO公司 20132014年 公司用賀年片造形撮影設計担当

PINE BOOK公司 134月末全国文具雑貨店開始出售原創商標「Conecco」(小猫咪)系列 明信片 透明文件挟 便箋 

・新学社出版社 2012年春開始 中学社会課程工作書刊:社会自学全5種「封面用造形」

NAMCO公司 池袋NAMJA TOWN 1112年聖誕節用漫画人形制作

KAIYODO公司 四万十川河童(日本河怪)造形大奨2009大会 入選奨「粘土」

・・・其他

 業務往来部分企業:理光 阪神百貨店

 新東通信 西部毎日広告


ヨシオミドリのプロフィール

 西南女学院大学保育科卒業後就職、

 ヒューマンアカデミーで主要ソフトの勉強をし、その後独学で勉強。

 デザイナーとして就職。約3年後フリーの

イラストレーターに。・・・なったつもりがイマイチ振るわず仕事の傍ら

 2008年より粘土で創作活動を開始。

 現在雑誌書籍カレンダー等の紙媒体の仕事を軸に 東京大阪広島山口で年間5~7回各地で個展や展示をしております

 

主な仕事

・PETLINE 2013.102015.2 メディファス 子ねこちゃん デビューキャンペーン メインビジュアル担当

・辰巳出版 ネコまる14年冬春号「ヨシオミドリの猫日記」作り方「制作撮影」11年夏号より連載

・PADICO 20132014年 会社用年賀状造形撮影デザイン担当

・PINE BOOK 20134月末全国文具雑貨店にてオリジナルブランド「Conecco」発売 

・新学社 2012年春 中学校社会科ワークブック:社会の自主学習全5種「表紙用造形」現行

・NAMCO 池袋ナンジャタウン 2011年 2012年クリスマスイベント用ナジャヴフィギュア制作

・KAIYODO 四万十川カッパ造形大賞2009 入賞受賞「粘土」・・・他

 取引企業抜粋 RICOH 阪神百貨店 新東通信 西部毎日広告社


   策画交流   提供商机  


   去中国開展交流活動展会

   在中国生産銷售作品商品                

             欢迎随时垂询

bunka@jpjccb.com(中日文均可)

     紙粘土作品及び商品のご活用         貴社自社商品に             貴社の販促グッズ       貴社展示会やキャンペーン時             のキャラクター                  ・・・・・・                         お問合わせ:bunka@jpjccb.com


日本可愛い文化の実践者―人気紙粘土作家ヨシオミドリ氏

 私はヨシオさんに出会ったのは大阪の個展会場でした。出会う前に、私にとっては、紙粘土どころかその紙粘土の作品すら知りませんでした。勉強不足と恥ずかしい。展示会場前のポスターを視て、好奇心をもつ私は、面白いなあと思いながら、思わず足が会場に踏み込みました。展示された作品は粘土で作られた重みを感じますけれど、ちっとも紙につながりません。しかし持ち上げたところ、軽くて紙一丁みたい、いや紙ではなく紙繊維でできた紙粘土です。なるほどとうなずいた。 数々な作品の中、猫ちゃんが一番多い。目の前に、猫ちゃんたちのいろんなポーズや楽しく遊んでいる姿で、何とも言えないほど可愛さにひかれました。 会場にいらっしゃった作家本人の吉尾さんに声をかけ、紙粘土から作品まで色々と聞きました。ごく普通の彼女は元気熱心で猫ちゃんと同じように楽しく教えてくれました。気さくでこんな人間性があるからこそこのような可愛い作品ができるにちがいないと私はこう思っています。 

 私は日中文化交流の架け橋役として活動しております。中国の文化を日本に紹介し、日本の文化をも中国に紹介します。日本独特の「可愛い文化」はいまアジアから欧米まで世界中に広げつつあります。もちろん中国にも知られつつあります。特に若い層はかなり受け入れています。その日本「可愛い文化」の実践者及び可愛さが溢れる魅力的な作品を「日本可愛い文化」シリーズ1という形で中国、中国の皆様に紹介しようという気持ちが湧いてきました。

 もちろん日本人のヨシオさん及び作品を中国に紹介すると同時にもっと日本人が知ってほしいとも願っています。

                            2014年10月5日 石嶺 大阪にて

ヨシオミドリのプロフィール

 西南女学院大学保育科卒業後就職、ヒューマンアカデミーで主要ソフトの勉強をし、その後独学で勉強。デザイナーとして就職。約3年後フリーのイラストレーターに。・・・なったつもりがイマイチ振るわず仕事の傍ら2008年より粘土で創作活動を開始。

 現在雑誌書籍カレンダー等の紙媒体の仕事を軸に 東京大阪広島山口で年間5~7回各地で個展や展示をしております

 

主な仕事

・PETLINE 2013.102015.2 メディファス 子ねこちゃん デビューキャンペーン メインビジュアル担当

・辰巳出版 ネコまる14年冬春号「ヨシオミドリの猫日記」作り方「制作撮影」11年夏号より連載

・PADICO 20132014年 会社用年賀状造形撮影デザイン担当

・PINE BOOK 20134月末全国文具雑貨店にてオリジナルブランド「Conecco」発売 

・新学社 2012年春 中学校社会科ワークブック:社会の自主学習全5種「表紙用造形」現行

・NAMCO 池袋ナンジャタウン 2011年 2012年クリスマスイベント用ナジャヴフィギュア制作

・KAIYODO 四万十川カッパ造形大賞2009 入賞受賞「粘土」・・・他

 取引企業抜粋 RICOH 阪神百貨店 新東通信 西部毎日広告社

 

お問合わせ:bunka@jpjccb.com

日本「可愛文化」的実践人―人気紙粘土作家吉尾 緑

我是在其大阪個展会上遇見吉尾女士的。相遇之前、不要説紙粘土就連紙粘土的作品也不知道。為学習不足感到難為情。 看到展会場前的海報、好奇的我、覚得有趣、不知不覚踏進了会場。 展示的作品有泥人般的重量感、但連想不到紙。一拿起、軽如一紙、可不是紙是紙的繊維制成的紙粘土。原来如此。各種各様的作品中、猫咪最多。眼前、猫咪們的各種姿勢和玩得愉快的場景、有説不出的可愛、我被吸引住了。 我和在現場的作家本人吉尾女士打招呼、从紙粘土到作品問了許多。吉尾是一位非常普通的人、精神熱情、如同猫咪一様愉快地告訴我。我想正是其平易近人的一面才能創作出那可愛的作品。

 我作為中日交流的架橋人、既向日本介紹中国文化、也向中国介紹日本文化。日本独特的「可愛文化」从亜州到欧美正在不断拡大。当然在中国也漸漸為人所知、特別為許多年軽人接受。我想把日本「可愛文化」的実践人及其充満可愛魅力的作品以「日本可愛文化」系列1的形式介紹給中国、介紹給各位的心情由然昇起。

 現在在中日政治関係緊張中、只願通過文化交流、相互理解、只要能改善両国友好関係即使一点点也好。 当然在介紹日本人吉尾及其作品的同時也希望更多的日本人知道。

                            2014年10月5日 石嶺 于大阪

吉尾 緑 簡歴

西南女学院大学保育課畢業後就職

人間学院(修曼)学習軟件、其後自学

以設計者身分就職、約3年後想成為自由挿画家・・・但並不順利 

2008年開始粘土創作活動

現在以雑誌書籍日歴等紙質媒体的工作為主軸 

毎年在東京大阪広島山口等地進行5~7次個展

 

主要実績

PETLINE公司 2013.102015.2 集猫舎 小猫咪 初演活動 主要視覚効果担当

・辰巳出版社 猫MARU 14年冬春季号「吉尾緑的猫日記」制作法「制作撮影」 

           11年夏季号開始連載

PADICO公司 20132014年 公司用賀年片造形撮影設計担当

PINE BOOK公司 134月末全国文具雑貨店開始出售原創商標「Conecco」(小猫咪)系列

明信片 透明文件挟 便箋 

・新学社出版社 2012年春開始 中学社会課程工作書刊:社会自学全5種「封面用造形」

NAMCO公司 池袋NAMJA TOWN 11年 12年聖誕節用漫画人形制作

KAIYODO公司 四万十川河童(日本河怪)造形大奨2009大会 入選奨「粘土」・・・其他

                策画交流   提供商机

              去中国開展交流活動展会

            在中国生産銷售作品商品

欢迎随时垂询︰bunka@jpjccb.com(中文日文均可)

2018年

10月

22日

投稿 Comment

1 コメント