張掖七彩丹霞でユグル族の独特な文化を表現する光のショー 甘粛省

張掖七彩丹霞挙行光之秀 展現裕固族独特的文化 人民網日本語版 2021/09/28

全国で唯一の裕固(ユグル)族の神話物語をベースに創作された「阿蘭拉格達」没入型ドリームバレー点灯セレモニーが、甘粛省張掖七彩丹霞景勝地で開かれた。ユグル語で「赤い山」を意味する「阿蘭拉格達」のパフォーマンスは、張掖丹霞の神秘に満ち、険阻な地形、そして美しさと色鮮やかさを一体化させ、音楽と光、電気とライト、霧や機械装置を総合的に運用し、丹霞の美とユグル族の文化美を結び付け、「没入型」アート形式によって展示しており、目をみはるばかりの素晴らしくも盛大な光のショーとなった。中国新聞網が伝えた。(編集KM

*JCCB:中国少数民族文化

© 中新網 撮影・史静静 左中右

*左中:音楽と光、電気とライト、霧や機械装置を総合的に運用し、丹霞の美とユグル族の特色ある文化が表現された「阿蘭拉格達」

*右:丹霞プロジェクションマッピングショー

 

ぐるなび、武漢市で日本産食品商談会を開催   Jetro ビジネス短信 2021/09/28

日本美食餐庁指南GURUNAVI在武漢市挙行日本産食品洽談会 

中国・湖北省武漢市で916日、「日本産人気食品オフライン商談会」(以下、商談会)が開催された。商談会は、グルメ情報サイト大手のぐるなびが主催し、ジェトロが後援、中国食品土畜輸出入商会が運営を行った。商談会は、武漢市における日本産食品の販路開拓を目的とし、会場では日本産食品(飲料、酒類、菓子、インスタント食品など)8社のPRセミナーや試食・試飲会、自由商談などが行われた。武漢市の食品バイヤーや小売店、飲食店など1820人が参加し、活発な商談が行われた。

商談会を主催した、ぐるなび上海社董事総経理の劉昊氏は「武漢は中国中部エリアにおける交通のハブで、地理的にも重要な都市。1線都市(北京や上海、広州など)では日本産食品の市場が飽和しつつあるが、新1線都市(注)の武漢では、まだ日本産食品市場に拡大の余地がある。消費力も高く、また親日的な人が多い都市のため、今後さらに日本産食品への需要は高まるのではないか」と述べ、武漢における日本産食品市場の拡大に期待を示した。

武漢市では、新型コロナウイルス感染拡大による都市封鎖の影響から消費が大きく落ち込み、2020年の社会消費品小売総額は前年比20.9%減だった。しかし、2021年上半期には前年同期比28.1%増となり、同市統計局も「武漢市の消費市場は徐々に改善しつつある」との前向きな見方を示している。武漢市政府は、消費の拡大に向けた目標なども発表しており(202183日記事参照)、今後もさらなる消費市場の回復と拡大が期待される。

(注)北京市や上海市、広州市などの1線都市に準ずる規模の大都市。武漢市のほかに、成都市、重慶市、杭州市、南京市、蘇州市など15都市が該当する

(片小田廣大)

*JCCB:ぐるなび 中国で食品商談会開催

 

「第18回中国西部国際博覧会」が成都で開催

「第18届中国西部国際博覧会」在成都挙行)    Jetro ビジネス短信 2021/09/28

四川省成都市で91620日に、第18回中国西部国際博覧会(以下、西部博)が開催された。西部博は中国西南地域では最大規模の総合見本市で、通常2年に1度開催されるが、2020年は新型コロナウイルスの影響を受けて開催中止となり、今回は3年ぶりの開催となった。ジェトロは前回に引き続き、中国での内販拡大に意欲のある企業を支援するため、ジャパンパビリオンを設けた。

「新型コロナ禍」における西南地域と沿岸部の経済交流深化の重要性

今回の西部博のテーマは「中国の新たな時代、西南地域の新たなチャンス」。初日の開幕式には胡春華副首相が登壇し、「新型コロナウイルス感染拡大以降、中国は海外との経済交流が制限される中、国内市場を再重視する『国内大循環』を発展戦略として掲げた。当戦略を推進していくためには、四川省をはじめ西南地域が沿岸部都市との経済交流をさらに深化させることがカギとなる。西部博はそのよい事例になる」と語り、『新型コロナ禍』における西南地域の役割に期待を示した。今回の西部博への出展数は4,015社・団体。新型コロナウイルス感染拡大による移動制限などの影響から、海外勢は日本、シンガポール、香港、タイ、チェコなどから104社・団体に限られた。来場者数は5日間で約127,000人が来場した。

ジャパンパビリオンには、中国沿岸部に代理店を持ち、西南地域に販路拡大を目指す日本の企業や自治体計15社・団体が出展。食品、酒類、工芸品、キッチン用品などのPR・商談を行った。西部博に初めて出展した企業に話を聞くと、「成都に初めて来たが、かなり強い購買力を感じることができ、上海などの沿岸部並みに大きい市場であることがわかった。今後は西南地域でのビジネスも拡大していきたい」とし、来場したバイヤーからは「成都でまだ流通していない珍しい日本産品を多数調達することができた」などの声が聞かれた。西南地域と沿岸部は、同じ中国国内であっても異なる市場が築かれており、流通している日本産商品にも差がある。中国で活動する日系企業は、北京や上海を中心とした沿岸分に拠点を持つ企業が多いが、近年は成都をはじめとする西南地域での新たなビジネスチャンスを模索する企業が増えている。(寺田俊作)

*JCCB:中国の国際博覧会

 

中国・珠海で航空ショー開幕 電子戦対応やステルス空軍力を誇示

・珠海航展開幕 応対電子戦和隠身…夸示空軍力量 毎日新聞 2021/09/28

 中国の空軍や軍事企業などが主催する航空ショー「中国国際航空宇宙博覧会」が28日、南部の広東省珠海市で始まった。中国空軍の最新鋭の電子戦に対応した戦闘機や無人偵察機、ステルス無人攻撃機などが公開された。習近平指導部が急速に発展する中国の航空・宇宙関連技術を内外に誇示した形だ。

 新華社通信などによると、今回の航空ショーには約40カ国・地域、約700社が参加。100機以上の航空機が展示された。公開された中国空軍の新型戦闘機「殲(せん)16D」は妨害電波で敵のレーダーをかく乱するなど電子戦の能力を備え、対レーダーミサイルを搭載。中国メディアは「台湾方面の軍事行動に投入される可能性がある」とする専門家の見方を伝えた。新型の無人偵察機「無偵7」は高高度の上空を長時間飛行することが可能で、国境や領海などのパトロールで運用されるという。

 また「紅旗9BE」「鷹撃18E」などの各種ミサイルも公開。中国メディアは「これらのミサイルの多くは輸出モデルで、世界で先進的な水準にある」とする開発担当者の説明を紹介し、兵器輸出を進めて各地で中国の影響力拡大につなげたい思惑もうかがわせた。宇宙分野では火星地表の探査車「祝融号」の模型などを展示し、習指導部が掲げる「宇宙強国」に向けた技術力の飛躍的な向上を示した。

 この博覧会は2年に1度開催。本来は昨年開催される予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期され3年ぶりの開催となった。103日まで開かれる。【北京・岡崎英遠】

*JCCB:中国の航空ショー

 

 中国の20年のRD投入、過去最多更新 世界2位を維持

20年的RD投入、創新高 保持世界第2          新華社 2021/09/27

【新華社北京927日】中国国家統計局、科学技術部、財政部はこのほど、「2020年全国科学技術経費投入統計公報」を共同で発表した。同局社会科学文化司の張啓竜(ちょう・けいりゅう)統計師は公報について解説した際、2020年における中国の研究開発(RD)投入が過去最高を更新し、RD費総額の対国内総生産(GDP)比率が引き続き上昇していると指摘した。

 張氏は次のように述べた。「公報」のデータによると、20年の中国のRD費投入総額は、前年比22495千万元(10.2%)増の243931千万元(1元=約17円)となり、第135カ年規画(201620年)以降の2桁以上の伸びを継続した。一方で新型コロナウイルス感染症などの影響を受け、伸び率は前年を2.3ポイント下回った。RD費の伸び率が名目GDPの成長率を7.2ポイント上回ったため、RD費投入度が前年比0.16ポイント上昇の2.40%となり、上昇幅が過去11年間で最も高くなった。

  国際比較で見ると、中国のRD費は安定の中で上向いている。まず、総量が着実に増加しており、中国のRD費は米国の約54%、日本の2.1倍にあたり、世界2位を維持した。1619年の年平均純増量は2千億元で、先進7カ国(G7)の年平均増加額合計の60%に相当し、世界のRD投資増加をけん引する主要な力となった。次に、伸び率が世界をリードしており、中国のRD費は1619年が年平均11.8%増で、米国(7.3%増)、日本(0.7%増)など科学技術力の高い国を大きく上回った。さらに、追い上げが加速しており、世界の主要国・地域のうち、中国のRD費投入度は16年の16位から12位に上昇し、経済協力開発機構(OECD)加盟国の平均値に迫った。

*JCCB:中国20年のR&D投入状況

 

中国のデジタル経済規模が671.7兆円に

国数字経済規模671.7兆日元                         人民網日本語版 2021/09/27

2021年世界インターネット大会烏鎮サミットが26日に浙江省烏鎮で開催され、「世界インターネット発展報告2021」と「中国インターネット発展報告2021」が発表された。「中国インターネット発展報告2021」によると、2020年の中国デジタル経済の規模は392千億元(1元は約17.1円、約6717千億円)に達して、国内総生産(GDP)に占める割合は38.6%に上り、9.7%と高い増加率をキープし、経済成長を安定させる重要な原動力になったという。新華社が伝えた。

「中国インターネット発展報告2021」によれば、中国のデジタル産業化の規模は75千億元で、絶えず新産業、新業態、新スタイルを生み出し、世界のハイレベル産業チェーンへと前進している。産業デジタル化プロセスが持続的に加速し、規模は317千億元に達し、工業、農業、サービス業のデジタル化水準も上昇し続けている。

20年のEC取引規模は前年同期比4.5%増の372100億元に達し、ECサービス業の営業収益は同21.9%増の54500億元に達した。同時に、デジタル経済の勢いある発展が新規マーケットエンティティの急増傾向を促進し、大量の雇用を生み出し、雇用を守り、民生を守り、マーケットエンティティを守る重要なルートになった。

「世界インターネット発展報告2021」は、デジタル経済は世界各国が新型コロナウイルス感染症の打撃に対処し、経済社会のモデル転換をさせる上での重要な選択肢になったとしたうえで、世界各国は新型インフラの展開を加速させ、5G、人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)、インダストリアル・インターネット、衛星インターネットを代表とする新型情報インフラがグローバル経済成長の新たな原動力になりつつあることも指摘した。(編集KS

*JCCB:中国デジタル経済の規模

 

中国政府主催の「世界インターネット大会」開幕

政府主辦的「世界英特網大会」開幕)     テレ朝news(TV朝日) 2021/09/27

中国政府が主催するインターネットやデジタル技術の博覧会が、浙江省で開幕しました。 世界インターネット大会は中国政府の主催で毎年行われていて、今年は「デジタル文明の新時代へ」というテーマで26日から始まりました。 開幕にあたって習近平国家主席が祝賀メッセージを寄せ、「中国は人類の進歩に歴史的責任を担っている」と述べたうえで、デジタル技術を利用し、「協力の枠組みを構築し、人類運命共同体の構築を推進していきたい」と強調しました。 中国は、国としてインターネット空間やデジタル技術に対する管理・統制を強めていて、こうした方針や自国の技術を広め、IT分野で世界をリードする狙いがあるとみられています。

*JCCB:中国「世界インターネット大会」及び博覧会

 

2021年中日経済協力会議」、中国遼寧省で開催

2021年中日経済協力会議」、在中国遼寧省召開)       新華社 2021/09/26

【新華社瀋陽926日】中国遼寧、吉林、黒竜江の東北3省と内モンゴル自治区政府が日本の日中経済協会と共催した「2021年中日経済協力会議-於遼寧」は23日、遼寧省瀋陽市で開かれた。同協会の宗岡正二会長がオンライン形式で出席し「日本企業は遼寧省でのビジネスチャンスを非常に重視している。今後も同省と新エネルギーや新素材、介護、ヘルスケアなどで協力を強化していく」と述べた。

 日本の家電大手パナソニックは1990年代から同省で事業を展開し、今では省内に関連企業11社、従業員1万人以上を擁する。生産額は100億元(1元=約17円)、年間納税額は5億元以上に上る。同社の社内カンパニー「中国・北東アジア社」の趙炳弟(ちょう・へいてい)副総裁は、東北振興は中国にとって重要な施策で、遼寧省はその中でも非常に重要な結節点に当たると指摘した。

 日本と海を隔てて向き合う同省は、中国による対日協力の重要な位置を占める。2020年末時点の日本から同省への累計投資額は244億ドル(1ドル=約111円)、省全体の外資誘致額に占める割合は10.5%に上った。パナソニックや東芝、キヤノン、オリックスなど日本の多くの有名企業が省内に工場を構える。19都市が日本と友好都市提携を結び、日本の3分の2以上の地方自治体と交流のパイプを持つ。

 新潟県知事政策局の伊野智彦参事は、大連に県の経済事務所を設置し、県内企業の中国での輸出事業を支援していると語った。駐大連北九州市経済事務所の尾崎英一所長は、中国が今年新たな5カ年規画をスタートさせ、産業インターネットやモノのインターネット(IoT)、ビッグデータの発展に力を入れているとした上で、日本も「つながる産業」の発展に力を入れ、企業のデジタル転換を促進していると指摘。同省の大型機械・設備の製造業は強固な産業基盤を備えていることから、双方はデジタル経済分野での交流・協力を深めることができるほか、ヘルスケアや医療、環境保護などでの協力余地も大きいとの見方を示した。

 今年5月、中国(遼寧)日本産業パークA園の起工式が瀋撫改革イノベーションモデル区で行われた。パークは遼寧省ひいては東北全体の基礎的な優位性と日本の資金や技術、人材などの高度な要素を十分に融合させ、生命・健康、スマート製造・グリーン(環境配慮型)製造、省エネ・環境保護、高齢者介護などの産業分野で、双方の協力促進に力を尽くしている。(記者/王炳坤、丁非白、羅奇)

*JCCB:中日経済協力会議 日中経済交流

 

17回中国(深セン)国際文化産業博覧交易会が開幕

17届中国(深圳)国際文化産業博覧交易会開幕 人民網日本語版 2021/09/24

17回中国(深セン)国際文化産業博覧交易会が23日、広東省の深セン国際エキシビション&コンベンションセンターで開幕した。中国新聞網が伝えた。

(編集NA

*JCCB:中国の国際文化産業博覧交易会

 

上海市初の無人農場、秋の収穫を迎える

上海市首家無人農場、迎来秋収)                 新華社 2021/09/23

【新華社上海923日】中国上海市嘉定区外岡鎮にある同市初の無人農場がこのほど、秋の収穫期を迎えた。同農場では水稲生産無人農場の建設と自動運転の研究・試験が行われている。

 農場では水稲栽培の耕起や作付け、管理、収穫などの工程に対応するため、既存の農業機械をスマート化し、自動運転システムを搭載。システムが水稲栽培の全工程の作業ニーズに合わせ、「北斗」(中国独自の衛星測位システム)による高精度測位と人工知能(AI)アルゴリズムを活用し、田の位置や農業機械の作業幅、回転半径などに基づき作業経路の計画と最適化を行っている。この他、北斗システムによって農業機械の実際の位置と計画経路との間の横方向・進行方向における誤差など、さまざまな情報をリアルタイムで提供し、各工程での自動ナビゲーションによる無人運転と無人化作業を実施している。

 農場では、300ムー(20ヘクタール)の試験田で耕起や作付け、管理、収穫の各工程での農業機械による無人作業を実現。従来の農作業と比べて、1ムー(約667平方メートル)当たり5%以上の種子の節約し、10%以上の燃料コストと50%以上の人件費を削減したほか、土地利用率が0.51.0%向上した。

(記者/黄安琪、王淑娟、王翔)

*JCCB:中国の無人農場

      

「中国農民豊作節」 多彩な色で味わう収穫の秋

「中国農民豊収節」 品味多彩収穫之秋         人民網日本語版 2021/09/23

923日は秋分で、2021年「中国農民豊作節」の日でもある。秋分は農業生産において重要な節気であり、秋収(秋の収穫)・秋耕(秋の播きつけ前の耕作)・秋植えという「三秋(秋の3つの農作業)」を行う非常に忙しい時期だ。秋分が訪れると、モミの香りが漂い、キクの花が咲いてカニも肥え、中国各地で豊作の季節を迎える。ここでは、秋がもたらす豊作の喜びを共有し、豊作の彩りを一緒に見てみよう。(編集KM

*JCCB:中国農民農業の祝日

 

伝統医薬文化財展に2千年以上前の人体経穴模型 成都市

伝統医薬文化遺産展 2多年前人体経絡模型 成都市)  新華社 2021/09/22

【新華社成都921日】中国四川省の成都博物館で17日、「中国伝統医薬文物特別展」が開幕した。中でも、経絡や経穴(つぼ)を示した人体模型「経穴漆人」がひときわ人目を引いた。高さ約14センチの漆塗りの木製人物像で、縦横に走る複雑な経絡に、119カ所の経穴を克明に描き、それぞれの部位に「心」「肺」「腎」などの小さな文字を刻んでいる。

 成都市文物考古調査隊発掘チームの謝濤(しゃ・とう)主任によると、この人体模型は2012年秋、同市金牛区天回鎮にある前漢時代の墓「老官山漢墓」から、竹簡の医学書とともに出土した。現時点で、国内で最も古くかつ最も完全な状態で見つかった人体経穴模型という。模型に描かれた経絡は、一緒に出土した竹簡に描かれた経絡と同じ流派に属するもので、湖南省長沙市にある馬王堆(ばおうたい)漢墓から出土した竹簡の医学書よりもさらに詳しい内容となっている。専門家は経穴漆人について、当時の中医薬の講義で経絡を教える際に用いた模型ではないかと推測している。

 この経穴漆人には赤い経絡22本と白い経絡30本、計57本が左右対称に描かれ、さらに白い絡脈4本が胸腹部を囲み、白い経脈1本が同部中央に縦方向に伸びている。

 謝氏によると、チームは現在、経穴漆人と竹簡の医学書について詳細な調査を行っており、年末に研究成果をまとめた著作を出版する予定で、古代中医薬の経絡理論の謎の解明につながるとしている。(記者/董小紅)

*JCCB:中国医療歴史文化

© 新華社 伝統医薬文化財展に2千年以上前の人体経穴模型 成都市

 

粤港澳大湾区の日本人青年から見た「最新の中国」、連載が話題

粤港澳大湾区在住的日本人青年所見「最新的中国」、連載成話題

                                        新華社 2021/09/21

【新華社広州921日】日本のビジネス系オンラインメディア「JBpress」に8月末に掲載された「中国製ゲーム、日本など国外市場を標的に」の閲覧数は20万回に上った。作者は中国在住の企業コンサルタント、加藤勇樹氏(29)。粤港澳大湾区(広東・香港・マカオビッグベイエリア)で働く傍ら、現地情報を定期的に寄稿している。

 加藤氏は2015年に広東省の中山大学で中国語を学んだ後、大湾区の企業に就職し、香港や深圳、広州などを頻繁に往来するようになった。寄稿を始めたのは2019年。日本の顧客を案内して大湾区のテック企業などを訪問し、衝撃を受けたことがきっかけだった。この時、日本人の若者から見た中国の最新テクノロジーや社会情勢などを日本向けに書いてみるよう勧められた。

 その後は約3週間に1本のペースで書き続けている。今年4月に掲載された「『まるでルネサンス』中国伝統文化復興の勢い」では、スポーツ用品メーカーの李寧(リーニン)を代表とする中国の国産ブランドが若者の間でブームになっていると紹介。閲覧数は60万回を超え、日本の読者から多くのコメントが寄せられた。

 5月に広州で新型コロナウイルスの新規感染が再び確認された際には、同市荔湾(れいわん)区で小型無人機(ドローン)や自動運転車による物資の輸送が行われたと書いた。加藤氏は、自動運転の実際の運用に関する記事は、日本の若い層によく読まれると話す。

 次回の記事は、国慶節の連休に甘粛省敦煌市を旅行する機会を利用して、生態系の保護・修復を目的とした「『三北』(東北・西北・華北)防護林プロジェクト」について書く予定だという。(記者/壮錦)

*JCCB:日本青年が見た最新の中国

 

ユニバーサル・スタジオが北京で開業 世界最大規模

環球影城在北京開業 世界最大規模        テレ朝(TV朝日)news 2021/09/20

新型コロナのデルタ株を抑え込みつつある中国では、本家アメリカをしのぐ規模を持つ「ユニバーサルスタジオ北京」が、まもなく開業します。

 ハリーポッター女子:「天津から来たわ。楽しみ。オープンをずっと待っていた」

 中年の女性:「徹夜でチケットを手に入れたの」

 現地時間の正午にグランドオープンを迎えるユニバーサルスタジオ北京は、ホテルなどの施設を合わせると、本家アメリカよりも大きい世界最大の規模を誇ります。

 入場には新型コロナへの感染対策としてマスクの着用と、スマートフォンで陰性を証明するコードを提示する必要があります。

 感染拡大で開業が春から延期されましたが、20日は一日で26000人の入場を見込んでいるということです。

*JCCB:中国のエンターテインメント ユニバーサルスタジオ

 

「中秋の名月」8年ぶりに名月と満月が一致

「中秋名月」時隔8年 名月和満月一致)                              NNN24 2021/09/20

21日(火)は「中秋の名月」。8年ぶりに「名月」と「満月」が一致します。満月の瞬間(ちょうど地球の真裏)は21日(火)午前9時ごろ。このため、20日の夜も満月に近い月が楽しめます。

太平洋側は、21日の夜は20日よりも雲が多くなる可能性が高いため、「一日早い(名)月」を楽しむのもいいかもしれません。

*JCCB:自然界 暦

 

中国広州市国際健康ステーション、医療スタッフ第1陣が到着

広州市国際健康站、首批医療工作人員到達)       新華社 2021/09/19

 【新華社広州919日】中国に入国する旅行者が、隔離期間を過ごし健康観察サービスを受ける施設「広州市国際健康ステーション」の第1期がまもなく稼働する。17日午前、広東省の広州市紅十字会(赤十字会)医院から派遣された第1陣医療スタッフ184人が、旅行者への医療サービスを担当するためステーションに入った。

*JCCB:中国の国際健康ステーション

©新華社 17日、広州=新華社記者/盧漢欣 左から右

*広州市白雲区鍾落潭鎮馬瀝村の居住区画に設置された広州市国際健康ステーション。(小型無人機から)

*広州市国際健康ステーションで自動配膳ロボットを調整するスタッフ。

 

スーパークローン技術駆使して敦煌・莫高窟の文化遺産を日本で復元

用超級克隆技術在日本復原敦煌・莫高窟文化遺産 

                                           人民網日本語版 2021/09/18

「みろく - 終わりの彼方 弥勒の世界 」展が今月11日から1010日まで、東京芸術大学美術館で開催されている。同展では文化財のスーパークローン技術を駆使して甘粛省敦煌市莫高窟の275窟や57窟などの文化財が復元されている。来場者は、実際に莫高窟に来たかのような気分になり、敦煌文化のムードを肌で感じることができる。人民網が報じた。

スーパークローン技術が文化遺産に息を吹き込む

1650年以上の歴史を誇る莫高窟は、世界において現存している最大規模で、その内容が最も豊富な仏像美術の聖地で、1987年に世界文化遺産に登録された。洞窟内の文化財である彩色塑像や壁画は、土や木材、わらなどで作られているため、月日が経つにつれて、保護がどんどん難しくなっている。

文化財のスーパークローン技術とは、シミュレーション技術とデジタル技術を組み合わせて、文化遺産を本物そっくりに復元する技術だ。その最大の特徴は、流失、破損、消失してしまった美術品を復元したり、紛失してしまったり、不完全、または破損した文化財の修復を試みることができる点だ。東京芸術大学の宮廻正明名誉教授によると、中日双方は、技術協力を通じて、莫高窟の第275窟と第57窟の文化遺産のスーパークローンを製作した。最新のテクノロジーと独自の修復技術を組み合わせ、かつての輝きを再現した。莫高窟第275窟の交脚弥勒菩薩像は、敦煌研究院が提供した3Dスキャンデータとハイビジョン画像をベースにして、実際の洞窟の70%の大きさで立体復元に成功。さらに、破損していた左手と右手の部分も復元し、手軽で、持ち運びしやすい組み立て式の壁面を採用し、様々な角度から見学できる形で展示されている。

スーパークローン技術が敦煌文化の継承に一役

文化遺産は、保護しなければならないと同時に、一般公開したり、共有したりする必要もあるというジレンマを抱えている。社会が発展する過程で、中日双方は、科学技術の分野で協力し、文化財のスーパークローン技術を駆使して敦煌文化の歴史を復元。日本の人々が敦煌文化を理解し、敦煌との距離をさらに縮めることができるようにしている。

宮廻名誉教授によると、美術作品はもちろんのこと、文化の継承も、人々が一層注目すべき点となっている。文化財のスーパークローン技術は、「文化財保護」と「一般公開」の間にあるジレンマを解消し、人々の文化資源に対する注目を高め、理解を深めることができるようにすることができる。宮廻名誉教授は、「日中双方が協力、交流し、世界遺産である莫高窟の復元に成功した。これは、文化遺産を継承するうえで、非常に価値あることだ」と強調する。

同展は東京芸術大学、平山郁夫シルクロード美術館、日本経済新聞社が主催、敦煌研究院が共催。21日には、オンライン国際シンポジウム「 危機迫るアフガニスタン文化遺産 ~『青の弥勒』からのメッセージ~ 」も開催されることになっている。(編集KN

*JCCB:文化財保護 中国の文化財を日本で復元

©人民網日本語版

莫高窟第275窟の交脚弥勒菩薩像について説明する東京芸術大学の宮廻正明名誉教授。実際の莫高窟の第275号窟では破損している交脚弥勒菩薩像の左手と右手の部分が東京芸術大学のスーパークローン文化財の技術で復元されている(撮影・呉穎)。

 

重慶市の双子パンダが生後100日に 世界から名前を募集中

重慶市双胞胎大熊猫満百天面向世界徴名)      人民網日本語版 2021/09/18

重慶動物園で飼育されている双子パンダが917日でちょうど生後100日を迎えた。同日、重慶動物園は双子パンダの名前募集活動をスタートし、全世界からこの双子パンダにピッタリな名前を募集している。人民網が伝えた。

610日に生まれた双子パンダは現在すくすく育っており、お兄ちゃんパンダの体重は6060グラム、弟パンダは5680グラムまで増えている。お兄ちゃんパンダは活発な割に警戒心も強い一方で、弟パンダはどちらかというと、おっとりしていておとなしいという。

917日から107日まで、重慶動物園微信(WeChat)公式アカウントの「名前募集」記事にコメントを投稿するか、募集用メールアドレス(cqzoo123456@163.com)または電話(023-68407374)などから名前募集活動に参加することができる。その際には、名前とそれに込めた意味、連絡先等の情報も併せて提供する必要がある。重慶動物園は応募された中から、名前候補として10組を選ぶ。

選ばれた10組の名前は、重慶動物園の微信と微博(ウェイボー)で公開され、一般市民からのネット投票を募る(ネット投票期間は1015日から1031日まで)。

この投票結果と専門家による審査意見を結び付けた上で、最終的な名前が決定される。10組に選ばれた応募者と名前が採用された応募者には、いずれも賞品が贈呈される。また、最終的に選ばれた名前は重慶動物園の微信公式アカウントで発表されることになる。(編集TG

*JCCB:中国の双子パンダ 世界から名前を募集中

©人民網日本語版

 

仏山市南海区、日本企業誘致に尽力 広東省

山市南海区、致力招商日本企業 広東省)           新華社 2021/09/18

【新華社広州918日】中国広東省仏山市南海区で14日、「仏山市南海区2021スマート製造・省エネ環境産業推薦会および中日企業商談会」が開かれ、金属製品、自動車・船舶製品、鉄鋼業、一般機械、電気機械、電子部品、精密機械、環境保護・省エネなどの分野に携わる日系企業130社を含む中日企業170社が出展した。会場では、今年新たに進出または増資、生産拡大する日系企業とのプロジェクト契約調印式が行われた。

 同市は中国の「製造の都」と呼ばれ、同市に進出する日系企業の約半数が、千平方キロメートル余りの南海区に拠点を置く。1994年に同区に初めて日系企業を誘致。現在、日系企業120社が進出し、うち世界トップ500社にランクインした企業は19社、投資総額は30億ドル(1ドル=約110円)余りに上る。南海日本中小企業工業パーク、仏山ハイテク産業開発区(高新区)南海パーク、広東新エネルギー自動車基地などでは、日系企業が集積しており、同区が企業誘致を強化するための切り札となっている。

 瀬良(仏山)精沖の香田哲総経理は、本社が中国進出の第一弾として同市南海区を選んだのは、現地に優れた技術を持つ表面処理・熱処理事業を手掛ける企業が多数あり、完全な産業チェーンがすでにでき上っていたからだと語った。

 同区の盤石(ばん・せき)副区長は、日本が同区の海外企業・海外資本誘致の重点対象だと述べ、今後より多くの日系企業の進出を呼び込むとともに、日系企業誘致に向けた協力のレベルも向上させ、サービス業、商業・貿易、科学技術サービス業などを導入することで、日系企業のイノベーション能力と同区の製造能力の融合を進めていきたいと表明。同区を中国で日系企業が最も多く集積し、産業生態系が最も整った区域に築き上げると意気込みを示した。

(記者/丁楽)

*JCCB:中国広東省仏山市 日本企業誘致に

 

日本の医薬品企業65社、ボアオ楽城政策PRイベントにオンライン参加

日本医薬行業65家企業参加線上博鰲楽城政策PR活動   新華社 2021/09/18

【新華社海口918日】中国海南省博鰲(ボアオ)楽城国際医療旅遊先行区の政策プロモーション・イベントがこのほど、オンライン形式で開かれ、武田薬品工業や大塚製薬、第一三共、アステラス製薬、田辺三菱製薬、協和キリンなど日本の医療・医薬品企業65社の代表や商社、投資機関、大学研究開発機関など業界の代表180人余りが参加した。

 同先行区高級国際事務官で在中国オランダ大使館の元衛生・福祉・体育参事官のピーター・ブーツマ氏はあいさつで、同先行区の特許政策を紹介。これまでに15の医療機関が先行区で開業し、12機関が建設中となっており、ファイザーやノバルティス、サノフィ、メドトロニックなど世界的に著名な医薬品・医療機器企業60社以上が楽城と深く提携していると説明した。さらに、日本の医療・医薬品企業による楽城への投資協力を歓迎し、より多くの先進的医薬品・医療機器企業が中国医療の対外開放された窓口である同先行区を通じて中国市場に進出してほしいと述べた。

 アステラス製薬(中国)の浜口洋董事長兼総経理は楽城との協力経験を紹介した際に、海南省が同社の中国における極めて重要な戦略エリアで、同社が楽城との協力を非常に重視していると説明。より多くの世界の先進的治療技術や医薬品・医療機器を、最速のスピードで広大な中国市場に導入したいと述べた。

 同先行区では現在、特許輸入医薬品・医療機器175品種以上が承認、誘致されており、抗がん剤新薬や希少疾患医薬品類も大幅な進展を遂げ、中国国内の希少疾患患者2千万人以上に希望をもたらしている。医療技術や医療機器、医薬品は国際的な先進レベルにほぼ肩を並べている。(記者/厳鈺景)

 *JCCB:日本医療品企業が中国のイベント参加

 

 蘇州の農場が台風にも負けない2.3キロの巨大ナシ栽培

蘇州的農場栽培不負風 重2.3kg的巨無覇梨        人民網日本語版 2021/09/18

江蘇省蘇州太倉市のある農場では現在、ブンタンほどのサイズの新しい品種のチュウゴクナシが栽培されており、「ナシ界のボス」と呼ばれている。同農場では、有機肥料や砂質土壌を用い、革新的な栽培方法を通じて、通常ならば1キロほどのチュウゴクナシを最大で2.35キロもある巨大ナシに育つように改良した。ナシのサイズは揃っており、台風にも強く、シャキシャキした食感で、甘くておいしいのだという。(編集KN

*JCCB:中国農場巨大梨栽培

©人民網日本語版

 

日本輸入食品博覧会、済南市で開催

済南市挙行日本進口食品博覧会)           Jetro ビジネス短信 2021/09/17

2021年済南・日本輸入商品博覧会」(済南・日本輸入品フェア)が98日~11日、中国山東省済南市で初めて開催された。博覧会は済南市人民政府と山東省商務庁が共同主催し、済南市商務局が運営を担った。

博覧会では「対外開放の高度化、日中協力のための新たなプラットフォーム創造」をテーマに、消費拡大と生活の質的向上を目標に、多分野で日本の特徴的なブランドが展示された。山東省最大級の日中間経済交流イベント「対話山東」(813日開催)との同時開催の予定だったが、中国国内での新型コロナウイルス感染者発生を受け、同時開催は見送れた。

主催者によると、今回の展示エリアは600ブース、2万平方メートルで、オムロンや住友商事、丸紅、スズキなど150社以上の企業や大阪府、愛知県、岐阜県など10自治体によるグループ出展を含め、300を超える企業・自治体・関係機関が出展した。

5つの展示エリア(スマートライフ、医療・健康、ファッショナブルライフ、コンテンツ、サービス貿易)を設置、ハイエンド消費品や医療・健康製品などを重点に、日本製の輸入商品を展示した。日用品を紹介するブースには特に多くの人が集まり、「日本」を前面に打ち出したイベントに関心を持って参加する来場者も多く見られた。

主催者によると、会期中の来場者数は86,000人を超え、うちバイヤーは9,057人だった。会期中に合計181件の取引契約があり、契約金額は2,209万元(約37,553万円、1元=約17円)、取引見込件数は357件、約7億元に達した。来場市民などによる購買もあり、展示商品の売上額は約12,000万元だった。

(李燕)

*JCCB:中国の展示会 日本輸入食品

 

楽天が『カリオストロの城』4Kデジタルリマスター版を北京国際映画祭に出品

中国北京国際電影節楽天帯来『魯邦三世卡里奥斯特羅之城』4Kデジタルリマスター版 シネマトゥデイ 2021/09/17

 宮崎駿監督の劇場用アニメーション映画『ルパン三世 カリオストロの城』の4Kデジタルリマスター版が、921日から29日まで開催される「第11回北京国際映画祭」に出品されることが明らかになった。17日、楽天グループ株式会社が発表した。

 『ルパン三世 カリオストロの城』は、『ルパン三世』シリーズの劇場版第2作として1979年に日本で劇場公開。宮崎駿監督の映画初監督作品としても知られている。

 楽天は、『ルパン三世』『それいけ!アンパンマン』『名探偵コナン』などアニメ作品の制作や、映像ライセンスビジネス、マーチャンダイジングビジネスを行ってきた株式会社トムス・エンタテインメントと、『ルパン三世 カリオストロの城』の中国における配給および商品化権に関するライセンス契約を締結。同映画祭において、本作の4Kデジタルリマスター版を、最先端の技術を用いて修復された世界各国の名作を紹介するパノラマ部門“Restored Classics”セクションに出品する。

 楽天は今後、中国において本作の映像配給を計画しており、関連グッズの商品開発および販売といったマーチャンダイジングを行う予定。さらに、本作の中国での展開を筆頭に、さまざまなコンテンツの配給からマーチャンダイジングまで、包括的なプロデュースを行う国内外でのメディアフランチャイズ事業に取り組んでいく予定。(編集部・石井百合子)

 

インターネット利用者数は10億人超えに

国英特網利用人数超10             Jetro ビジネス短信 2021/09/16

中国インターネット情報センター(CNNIC)は827日、「第48回中国インターネット発展状況統計報告」を発表した。それによると、インターネット利用者数は20216月時点で101,074万人に達し、インターネット普及率は71.6%になった(添付資料図参照)。このうち、スマートフォンなどの携帯端末によるネット利用者が10700万人、インターネット利用者全体の99.6%を占めた。

報告では、第5世代移動通信システム(5G)ネットワーク整備について、全国の基地局は961,000カ所、うち、2021年上半期に新たに建設された基地局が19万カ所に上ったとした。5Gに接続する端末数は36,500万台、5G用の携帯端末の出荷数は前年同期の2倍の12,800台となった。

デジタル人民元の実証実験に関しては、デジタル人民元は飲食や交通、ショッピング、政務サービス費の支払いなど132万の用途で利用され、デジタル人民元による累計取引件数は7,075万件、累計取引金額は約345億元(約5,865億円、1元=約17円)となったと記載している。

ネットデリバリー、リモートワーク、オンライン医療のアプリ利用者数が1割増

スマートフォンなど携帯端末のアプリの種類別の利用状況(添付資料表参照)については、前回調査(202012月)に比べ、アプリの利用者数は、ネットデリバリー(11.9%増)、リモートワーク(10.1%増)、オンライン医療(11.4%増)がそれぞれ1割以上増えた一方、オンラインゲーム(1.7%減)、オンライン教育(4.9%減)、オンライン資産運用(2.1%減)は減少した。

ネットデリバリー、リモートワーク、オンライン医療の利用者数の増加は、新型コロナウイルスによる外出制限や巣ごもり需要が影響しているとみられる。

一方、利用者数が減少したオンラインゲームについては、管理規制強化の動きが関連している可能性がある。61日に施行された「未成年者保護法」(改定版)では、オンラインゲーム会社に対し、未成年者(注)へのサービスの提供時間を制限する条文が設けられた。また、830日に発表された「未成年者のオンラインゲーム依存を防止するための管理強化に関する通知」では、より厳しい利用時間の制限やゲームユーザーの実名による登録・ログインの徹底などが定められている。

(注)18歳未満の国民を指す。

*JCCB:中国インターネット利用人数 

 

海南省海口市で世界新エネ車大会2021開催

海南省海口市挙行世界新能源車展2021        人民網日本語版 2021/09/16

中国科学技術協会や海南省人民政府などが共同で開催する世界新エネ車大会2021WNEVC)が今月15日、海南省海口市で開幕した。大会では、「全面的に市場化を推進、産業間の融合加速、共同でカーボンニュートラルを実現」の3大テーマをめぐり、シンポジウムのほか、技術や製品の展示が行われる。新華網が伝えた。

なお会期は17日までの3日間となっている。(編集KN

*JCCB:中国の展示会 新エネ車

 

20回中国長春国際農業・食品博覧会が閉幕

20回中国長春国際農業・食品博覧会閉幕)          新華社 2021/09/16

【新華社長春916日】中国吉林省長春市で開かれていた第20回中国長春国際農業・食品博覧(交易)会が15日、10日間の会期を終え閉幕した。博覧会には企業1500社以上が出展し、約600種類、3千点以上の特産農産物と約300種類の機械・設備を展示。延べ82万人が来場した。取引額は26千万元(1元=約17円)で、協力プロジェクト26件が締結され、成約意向額は1052千万元に上った。

 今回の博覧会では七つの大規模プロモーションイベントが行われ、成功を収めた。また企業678社がオンライン展示会の取引プラットフォームに登録し、商品約4千点がオンライン展示された。プラットフォームでは初めて金融決済システムが使われ、オンライン成約件数は3400件、取引額は110万元となった。

 同博覧会は科学技術モデルや科学教育普及の機能を積極的に発揮。国内外の作物3500種以上を集中的に展示し、新品種300種以上を紹介するとともに、農業の新技術と新モデル計30件以上の応用例を集めた。吉林省農業科学院のハイテク成果モデルエリアでは、数十種の優良作物と高度加工農産物が展示された。会場ではまた、農業専門家約100人が来場者との質疑応答を実施し、オンライン展示会プラットフォームでは同省の著名専門家42人が農業技術を指導した。(記者/薛欽峰)

*JCCB:中国の展示会 農業・食品

 

28北京国際図書博覧会が開幕

28回北京国際図書博覧会開)                                   新華社 2021/09/15

【新華社北京915日】中国北京市で14日、第28回北京国際図書博覧会が開幕した。「一帯一路」沿線57カ国・地域を含む105カ国・地域の約2200社が出展し、世界の書籍30万点を展示する。会場での展示を中心に、オンラインプラットフォームを組み合わせた形式で開催される。世界で新型コロナウイルスの感染が拡大して以降に、会場・オンライン形式で開かれる最初の大型国際ブックフェアとなる。

*JCCB:中国の展示会 図書博覧会

 

中国国際航空宇宙博覧会28日開幕、展示される航空機100機超

国際航空宇宙博覧会28日開幕、展出飛機超100架 

                                           人民網日本語版 2021/09/15

13回中国国際航空宇宙博覧会が928日から103日にかけて、広東珠海国際航展センターで開催されることが分かった。人民日報が伝えた。

今回の博覧会は、中国民用航空局、国家国防科技工業局、国家航天局、広東省政府などが主催し、40近くの国・地域の企業700社がオンライン・オフラインで出展。展示館の数は11にのぼり、屋内展示面積は10万平方メートル、屋外展示面積は36万平方メートルで、展示される航空機は100機以上。また業界の細分化に基づき、今回の博覧会は、民用航空産業、軍民両用技術、航空製造関連などの展示エリアを設けるとともに、航空・宇宙、軍需産業などの関連フォーラム、会議、説明会など100回以上の業界交流イベントを開催する。(編集YF

*JCCB:中国の展示会 国際航空宇宙博覧会

 

杭州2022年アジア競技大会デジタルトーチが発表 初のデジタル公式グッズ

中国杭州2022年亜運会数字火炬発布 首款数字特許商品 

                                           人民網日本語版 2021/09/15

浙江省杭州市で開催予定の2022年アジア競技大会で使用されるトーチ「薪火」の3D版デジタルトーチが14日、正式に発表された。これは、同大会初のトーチテーマの公式グッズであると同時に、70年の歴史を持つアジア競技大会で初のデジタル公式グッズにもなっている。中国新聞網が報じた。

大会開催まで丸1年となった今月10日に開催されたイベントで発表されたトーチ「薪火」は、中華5千年の文明史を実証する良渚文化の荘厳さ、奥深さをイメージさせるデザインをコンセプトにしている。そして、トーチリレーランナーを通して、世界に中国デザインの独特な発想、メイド・イン・チャイナの力強いパワーをPRする。

アジア競技大会でのデジタルトーチは、デジタル時代の全く新しい形式で、デジタル化を通して模索、革新を行い、一人でも多くの人にトーチを手にしてもらい、大会の精神を伝えてもらうのがその狙いだ。その他、それぞれに品番があり、永久に証として保存でき、複製、改ざんすることはできないデジタルトーチは、自分だけの同大会の思い出をコレクションできる。このように、同大会は、誰もが参加できるスポーツの祭典となる。

デジタルトーチは、デジタルコレクション品で、どのトーチにも、唯一無二の品番があり、2万個限定で発売される。(編集KN

*JCCB:中国初のデジタル公式グッズ

©中新網

2022年アジア競技大会デジタルトーチ(画像は杭州アジア競技大会組織委員会が提供)。

 

 

 

中国各地の博物館が打ち出す中秋節の月餅を見てみよう!

看中国地博物館推出的中秋節月餅!)      人民網日本語版 2021/09/15

中秋節(旧暦815日、今年は921日)を前に、年に一度の「月餅コンテスト」も開幕!中国各地の博物館はそれぞれの個性を前面に出した月餅を次々打ち出している。四川省の三星堆博物館の月餅にはお馴染みの青銅縦目仮面がデザインされており、北京市の故宮博物院は「千里江山図」をモチーフにしたデザイン、四川省の金沙遺址博物館は月餅に金箔を施して青銅器を再現するなど、月餅を通じて文化財にも興味を抱いて欲しいと工夫を凝らしている。目で楽しみ、舌で味わう文化クリエイティブ月餅を前に、ネットユーザーたちも博物館の競い合いがすごすぎると沸き立ち、どれを選ぶか頭を悩ませている。人民日報が伝えた。(編集TG

*中秋節⇒豆知識・小知識

*JCCB:中国の文化 中秋節 月餅

©人民日報 瀋陽故宮博物院⇒金沙遺跡博物館⇒上海博物館⇒湖南省博物館⇒国家博物館⇒広州博物館⇒蘇州博物館⇒故宮博物館⇒三星堆博物館

 

中国各地で中秋節の月餅作りピーク

各地迎来中秋節月餅生産高峰)                   新華社 2021/09/14

【新華社北京914日】中秋節(旧暦815日、今年は921日)を控え、月餅の販売がピークを迎えている。市場への供給を確保するため、中国各地の月餅メーカーは、生産を急ピッチで進めている。

*JCCB:中国の文化 中秋節 月餅

©新華社 左から右

12日河北省遵化市の月餅メーカーで、月餅を箱詰めする従業員(唐山=新華社配信/劉満倉)

12日山東浜州市ハイテク区の食品メーカー、月餅を作る従業員(浜州=新華社配信/初宝瑞)

11日江蘇省江陰市長涇鎮の月餅メーカーで、月餅を作る従業員(江陰=新華社配信/孫忠南)

 

伊藤忠、「ムーミン」中国展開

伊藤忠在中国展開「姆明」)                   時事通信社 2021/09/14

伊藤忠商事は13日、アニメキャラクターのライセンス事業を手掛ける合弁企業を香港に設立し、フィンランド生まれの人気キャラ「ムーミン」のライセンス事業を中国で開始すると発表した。中国国内でのムーミンのアニメ放映や配信のほか、商品化ビジネス、デジタルコンテンツの展開などを手掛ける。

*JCCB:日本アニメ関係の中国へ進出

 

中国で開発進むワクチン 長崎大学などが国内初の臨床試験へ

開発中的疫苗 長崎大学等在日本国内首次進行臨床試験

                                         NHK 2021/09/14

長崎大学などのグループが、中国の四川大学が開発を進める新型コロナウイルスのワクチンの臨床試験を国内で始めたことが分かりました。

中国で開発が進むワクチンの臨床試験が国内で行われるのは初めてです。

臨床試験が始まったのは、中国の四川大学が開発を進めている「遺伝子組み換えたんぱくワクチン」と呼ばれるタイプのもので、ウイルスのたんぱく質の一部だけを人工的に作って投与することで体の中で抗体を作り出します。

長崎大学は、神戸市にある「医療イノベーション推進センター」とともに、国内での臨床試験に必要な手続きを進めていましたが、先月中旬、国内で医薬品の審査を行うPMDA=医薬品医療機器総合機構からの承認が得られたということです。

初期段階の臨床試験は、先月下旬からすでに始まっていて、240人の健康な人を対象にワクチンなどを投与し、その安全性や効果などを確認することにしています。

厚生労働省によりますと、中国で開発が進む新型コロナのワクチンの臨床試験が国内で行われるのは初めてです。

長崎大学などのグループでは「遺伝子組み換えたんぱくワクチン」の技術はほかのワクチンでも実用化されていることから、副反応などのリスクが小さいと考えていて、乳幼児などにも接種できるようこのワクチンをもとにさらに安全性を高めたものを開発したいとしています。

*JCCB:中国医療医薬 開発進むワクチンは日本で臨床試験

 

2021年中国チベット雅礱文化フェスティバルが開幕 チベット

2021年中国西蔵雅礱文化節開幕 西蔵        人民網日本語版 2021/09/14

「中国西蔵(チベット)雅礱文化フェスティバル」が913日午前、西蔵自治区山南市で開幕した。今回の文化フェスは、「美しい新たな山南の建設 幸せな新時代の夢」をテーマとして、安徽省と山南市が共同で開催し、山南市にメイン会場、安徽省にサブ会場がそれぞれ設けられている。山南市のメイン会場では、7日間の会期中に、「雅礱文化観光フェスティバル」開幕式、「チベット平和解放70周年」山南成果展、「雅魯藏布(ヤルザンブ)」現代チベット民族衣装ファッションショーなど特色溢れる各種イベントが開催される。中国新聞網が伝えた。

(編集KM

*JCCB:中国の文化フェスティバル

©中新網 2021年「雅礱文化フェスティバル」開幕式で 撮影・貢嘎来松 左から右

*踊り「夢を織る」を披露するダンサー

*開幕式会場

*踊り「牛・弦・琴」を披露するダンサーたち

 

中国3大展示会の1つのサービス貿易交易会、北京で開催

3大展会之一的服務貿易交易会、在北京召開Jetro ビジネス短信 2021/09/13

北京市で92日から開催されていた中国国際サービス貿易交易会(CIFTIS)が97日に閉幕した。

この交易会は、上海市で開催される中国国際輸入博覧会(CIIE)、広州市での中国輸出入商品交易会(広州交易会)と並ぶ、中国の対外開放に関する国家級の3大展示会と位置付けられ、新型コロナウイルスのため、前年に引き続き、オンラインとオフラインでの同時開催となった。

会場は、総合展を実施する国家会議中心と、新たに開設された首鋼園展示区の2つに分かれ、首鋼園展示区では8つの専門展(注)が開催され、「デジタルで未来を切り開き、サービスで発展を促進する」をテーマに、各サービス分野に関わる展示が行われた。総出展面積は約13万平方メートルで、展示のほかに5つのサミット・フォーラム、各分野別の200以上のフォーラムが同時開催され、153カ国・地域から約12,000社が参加した。

ジェトロは「越境EC(電子商取引)」をテーマに260平方メートルのジャパン・パビリオンを設け、生活関連用品や工芸品など約50社の商品300点を展示した。現在、新型コロナ禍で日本への渡航が制限される中、中国の消費者にとって交易会はバラエティー豊かな日本製品に直接触れる機会として注目を集めるなど、日本製品に対する強い関心がうかがえた。ジェトロが来場者に実施したアンケートによると、今後購入したい日本商品として健康食品や化粧品、菓子類などが上位に挙がった(添付資料図参照)。また、14社が出展する中小企業出展エリアでも多くの商談が行われ、複数の出展企業で会期途中に商談サンプルがなくなるなど活況を呈した。

ジェトロのほかには、日本の出展者は、国家会議中心の会場に日本電気(NEC)、キヤノン、セイコーエプソン、岐阜県多治見市、首鋼園には日本政府観光局(JNTO)、青森県、秋田県、山形県、新潟県などの各自治体や観光・リゾート地関連企業、ソニー、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、大和証券などが出展した。

中国国内のデルタ型変異株の感染者増加に伴い、北京市内では8月に実施予定だった展示会は全て中止となり、約1カ月ぶりの展示会開催となった。出展者全員に対して2回のワクチン接種が完了していることが出展条件として定められ、会期前と会期中の計2回のPCR検査の実施も求められた。来場者のワクチン接種歴やPCR検査の確認の要求はなかったが、14日以内に国内の中・高リスク地域に滞在歴のある人は北京市への立ち入りが認められないなど、徹底した防疫体制が敷かれた。

開幕日の2日に開催された「中国国際サービス貿易交易会グローバルサービス貿易サミット」では、習近平国家主席が上海市、深セン市に続く第3の証券取引所を北京市に設立すると発表したほか、北京市などにサービス業拡大開放の総合モデル区を設立し、科学技術イノベーション、サービス業の開放、デジタル経済を特徴とする自由貿易試験区を設立すると述べた。

(注)通信、コンピュータ・情報サービス、金融サービス、文化・観光サービス、教育サービス、スポーツサービス、サプライチェーン・ビジネスサービス、エンジニアリングコンサルタント・建設を指す。

(唐澤和之)

*JCCB:中国の展示会 サービス貿易交易会 日本企業・自治体・銀行も出展

  

中国は持続的な政策環境改善でハイレベルな対外開放を推進

中国以改善持続的政策環境推進高水平対外開放      新華社 2021/09/13

 【新華社北京913日】世界の新型コロナウイルス感染状況は依然厳しいが、中国が開放拡大を進める決意は固い。中国政府は政策環境の持続的な改善を通じ、外資系企業の対中投資・貿易障壁の解消を加速させており、世界が新型コロナの痛手から回復する中で、より安定的かつ積極的な役割を発揮している。

 中国は昨年9月、北京市に国家サービス業開放拡大総合モデル区と、科学技術イノベーション、サービス業開放、デジタル経済を主な特徴とする自由貿易試験区(モデル区と試験区を合わせ「両区」と呼ばれる)を設立すると発表した。中国が首都で率先して「両区」の設立を選択したことは、開放拡大と協力交流を推進する決意を示している。

 北京市の陳吉寧(ちん・きつねい)市長は「北京の両区はこの1年間で計1047件のプロジェクトを実施した。特に自由貿易試験区は、全市の0.7%に過ぎない面積で同市の市場主体と外資系企業の増加に対する寄与度がそれぞれ7%、28%となり、非常に顕著な効果を示した」と指摘。今年17月に北京で新設された外資系企業は前年同期比55.2%増の1035社、同市の実行ベース外資導入額は19.1%増の1033千万ドル(1ドル=約110円)だったと明らかにした。

 北京は、中国がハイレベルな対外開放を模索する縮図となっている。中国は既に自由貿易試験区を21カ所設立したほか、天津市、上海市、重慶市、海南省にそれぞれサービス業拡大開放総合試行地区を新設しており、開放拡大に向けたこれらの「試験田」を通じ、開放型経済の新体制構築を加速している。

 中国の港湾の今年上半期(16月)貿易貨物取扱量は前年同期比9.2%増の235720万トンで、実行ベース外資導入額は28.7%増の60784千万元だった。中国に進出する米国系企業が加盟する中国米国商会がまとめた「2021中国ビジネス環境調査報告」によると、調査対象企業の61%が中国を投資先の第一選択としており、3分の2が中国での投資をさらに増やすと回答している。

*JCCB:中国 対外開放推進

 

英企業が「国別疲労度」ランキング発表シンガポールが首位で中国は第9

英国公司発表「国家疲労度」排行榜 新加坡居首位 中国位居第9

                                        新華社 2021/09/13

ベッド用品メーカーの英Sleepseekerが世界の主要16ヶ国を対象としてこのほど実施した「疲労度」に関する調査によると、シンガポールが疲労指数7.2ポイントで世界トップとなった。独週刊誌「フォークス」の報道を引用して環球網が伝えた。

今回の調査では、睡眠時間と平均年間労働時間数、ネット接続時間数、キーワード「睡眠」の検索数という4つの指標にもとづき、総合分析が行われた。シンガポールは、「疲労度」をはかる4つの指標全てにおいて上位だった。このうち、1日あたりのネット接続時間については、シンガポールは7時間2分と、ブラジルとメキシコに続き世界第3位。専門家は、「画面から発せられるブルーライトは、睡眠の質に影響を及ぼし、疲労を生む」と指摘。年間平均労働時間数は、シンガポールは2238時間、メキシコに続き世界第2位だった。

世界で最も疲れている国家ランキングの第2位はメキシコ(7.01ポイント)、第3位はブラジル(6.28ポイント)。第4位から第8位は、順に、米国、日本、英国、ニュージーランド、オーストラリア。中国は4.59ポイントで第9位だった。ランキングの最下位だったのはオランダで、疲労指数はわずか2.01ポイントだった。

(編集KM

*JCCB:国別疲労度のランキング 日本は?

 

歌舞伎「本興行」海外11か国に向けオンライン配信へ

歌舞伎的「正式公演」面向海外11個国家線上播放)    NHK 2021/09/12

新型コロナウイルスの影響などで、来日して歌舞伎を見ることができない海外の人たちに向けて、国内で上演されたいわゆる本興行の映像が、初めてオンラインで配信されることになりました。

配信されるのは今月、京都の南座で行われている「九月南座超歌舞伎」の映像です。

妖怪の「土蜘蛛」にまつわる伝説を基に新たに作られた「御伽草紙戀姿絵」など2つの演目で、中村獅童さんやバーチャルアイドルの「初音ミク」が最新の映像技術で共演しています。

松竹によりますと、新型コロナウイルスの影響などで来日できない海外のファンから要望が相次いだため、今回初めて、欧米や東南アジアなど11か国に向けて本興行の様子をオンライン配信することになったということです。

インターネットを通じてチケットを購入すれば、日本時間の今月20日から26日まで、英語の字幕付きで2時間余りの映像を楽しむことができます。

松竹は「コロナ禍でも人を楽しませたいという思いがありました。歌舞伎の新しい可能性を伝える文化交流の形として、海外の多くの人たちにも見てもらいたい」と話しています。

*JCCB:日本文化歌舞伎

©NHK

 

2021年世界ロボット大会が北京で開幕

2021年世界機器人大会在北京開幕           人民網日本語版 2021/09/11

910日、2021年世界ロボット大会が北京で開幕した。テーマは「新しい成果を共に享受し、新しい原動力を共に注ぎ込む」だ。中国新聞社が伝えた。(編集KS

*JCCB:中国のロボット大会

 

日本の医療系スタートアップが広州企業にピッチ、協業に向け前進

中国日本医療系初創企業対接広州企業、推進合作 

                                         Jetro ビジネス短信 2021/09/10

広州市は、中国有数の医療・医薬品分野の産業集積を有する都市で、数多くの優秀な企業が生まれている。日本のスタートアップとの協業に前向きな当該分野の優秀な現地企業との交流機会を提供するため、ジェトロは830日、広州市商務局と共同で医療・医薬分野ビジネス交流会を開催した。イベントは、中国側参加者が集まる会議室と日本のスタートアップをウェブ会議システムでつなぐ、オンラインとオフラインを組み合わせた形式で実施した。

日本側のスタートアップは、ゲノム編集技術を開発するセツロテック外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます(徳島県)、イメージ認識型高速セルソーティング技術(注1)を開発するシンクサイト外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます(東京都)、遺伝子編集技術の開発を行うエディットフォース外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます(福岡県)、薬物作用の判定に関する人工知能(AI)技術を開発するハカルス外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます(京都府)、アルツハイマー病治療に活かせる脳神経工学技術を開発するニューロケア外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます(福岡県)、の5社が参加し、ピッチ(注2)および質疑応答を行った。参加企業は事前に、ジェトロの日系スタートアップ支援スキーム「グローバル・アクセラレーション・ハブ」のメンタリングサービスを通じ、専門家からピッチ内容などに関する指導を受けた上でイベントに臨んだ。中国側は、広州百済神州生物製薬、広州医薬集団、広州市賽普特医薬科技などを含む14社の有力企業が参加し、技術優位性や提携方法などに関する質問が積極的に投げかけられたほか、個別商談に関する要望も複数寄せられた。

ジェトロは、今回参加した日系スタートアップ5社の中国での事業拡大を後押しするため、引き続き、広州市医療・医薬企業との個別マッチング機会、ビジネスモデルの構築や資金調達、知財戦略構築のサポートのためのメンタリングサービスなどを提供する。

広州市商務局一級研究員の王小華氏によると、2020年時点で広州市には広東省全体の約50%、都市別では全国3位となる5,500社以上のバイオ製薬企業があり、バイオ製薬およびヘルスヘア領域の特許取得件数は1,600件を超え、乾細胞・再生医療分野の特許出願件数は中国で1位という。広州市政府は、市の3大重点産業の1つであるバイオ製薬産業のビジネス環境を改善し、バイオ製薬企業のさらなる発展を促進するため、20202月に、「広州市のバイオ医薬産業の発展を加速するための若干の規定(改正)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます」を発表し、関連企業の研究開発に対して補助金を支給するとしている。

(注1)生物から細胞を取り出した後、光学的に計測した細胞の形態情報にAI技術を活用して分析し、その種類に応じて細胞を分離する技術。

(注2)ピッチとは、短いプレゼンテーションのことで、イベントで数分間のプレゼンにより自分たちのビジョンを紹介して売り込むことを指す。(周祖恵)

*JCCB:日中医療系企業のビジネス交流

 

寿昌古鎮で「グルメフェス」開催 浙江省建徳

寿昌古鎮挙行「美食節」 浙江省建徳            人民網日本語版 2021/09/10

千年の歴史を誇る浙江省建徳市寿昌鎮で99日、古鎮の特色豊かな「グルメフェス」が開催された。今回の「グルメフェス」は、4日間を会期として、地方色豊かなグルメを集めて展示しており、地元グルメと郷村観光がPRされている。新華網が伝えた。(編集KM

*JCCB:中国のグルメフェス 中国飲食文化

©人民網日本語版 99日、寿昌古鎮歩行者天国で  撮影・徐昱 左から右

*並べられたグルメの数々

*特色ある「魚頭」料理の実演を行う調理師

*特色ある寿昌の地元料理を集めて展示する調理師たち

*作りあがったばかりの特色ある「魚頭」料理を見せる調理師

 

三菱商事と重慶市が戦略的協力合意 国際消費センター都市を構築

三菱商事和重慶市達成戦略合作協議 構建国際消費中心城市 

                                        新華社 2021/09/09

重慶市商務委員会は8日、三菱商事(上海)有限公司と戦略的協力合意に調印した。双方は今後、現代型小売業、金融、カーボンニュートラル、国際貿易物流、医薬ヘルスケア産業などの分野で協力を展開し、重慶が内陸部の開放拠点、自然に恵まれた美しい場所、国際消費センター都市、中国西部地域の金融センターなどを構築するという目標の実現に向けて努力していくことになる。中国新聞社が伝えた。

合意に基づき、双方は今後、次の3方面で協力を展開する。

1)新エネルギーをめぐる協力を強化する。重慶は三菱商事が成渝(成都市と重慶市)地区の二都市経済圏の建設に参画し、成渝地区二都市経済圏における投資の規模を共同で拡大し、成渝地区二都市経済圏の新エネルギー回廊の建設で協力する。

2)ビジネス協力を強化する。三菱商事傘下のコンビニチェーン・ローソンは現在、重慶市内に420店舗を開設し、重慶はローソンが引き続き市内での出店計画を拡大することを歓迎する。同時に、三菱商事の貿易ネットワークを利用して、コールドチェーン、食品、コモディティなどの分野の貿易で、重慶を中国西部の中継貿易の中心及び金融決済の中心としていく。

3)医療・「大健康(健康コンサルティングや公衆衛生サービスを柱とする産業)」コンセプトでの協力を強化する。三菱商事と中国医薬集団(シノファーム)は国薬菱商医療サービス有限公司を設立した。中国医薬集団の重慶での投資配置を通じて、三菱商事と新会社の病院での医療サービス、医療機器、医薬品研究開発、インターネット病院、医療・大健康コンセプトなどにおける優位性を発揮し、双方の協力を増強する。

同委員会の関係責任者は、「重慶は中国西部唯一の直轄市であり、中国西部の中心都市であり、長江上流の経済センターであり、その発展と開放には非常に大きなポテンシャルが秘められている。このたび、双方が戦略的協力合意に調印したことは、重慶と三菱商事の協力がさらに深まったことを示す」と述べた。(編集KS

*JCCB:日中協力 国際消費センター都市構築

 

中国国際投資貿易商談会が開幕 福建省アモイ市

国際投資貿易洽談開幕 福建省厦門市         新華社 2021/09/09

【新華社アモイ99日】中国福建省アモイ市で8日、第21回中国国際投資貿易商談会が開幕した。今回は「新たな発展の枠組み下における国際投資の新機会」をテーマに、会場とオンライン配信を併用して開催され、100近くの国と地域から800以上の経済貿易団体と企業5千社余りが参加。11日までの会期中、13万平方メートルの会場で50以上のイベントを行う。「一帯一路」沿線国・地域や新興5カ国(BRICS)、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)加盟国を重点的に招致しており、国際機関との協力・連携を深めている。

*JCCB:中国の展示会 国際投資貿易商談会 日本企業も出展 

© 新華社 8日、アモイ=新華社記者/魏培全 右から左

*中国国際投資貿易商談会の日本館で、長崎県の波佐見焼の急須を見せる出展者。

*中国国際投資貿易商談会が開かれている会場。

*中国国際投資貿易商談会の日本館で、長崎県の清酒を紹介する出展者。

 

20回中国長春国際農業・食品博覧会が開幕

20中国長春国際農業・食品博覧会開幕          新華社 2021/09/08

【新華社長春98日】中国吉林省長春市の農業博覧園で6日、第20回中国長春国際農業・食品博覧(交易)会が開幕した。会期は10日間で、スマート農業や農村振興などのテーマに焦点を当てる。設備や装置の展示、ブランドプロモーション、貿易商談、生産・販売マッチングなどのプラットホームの構築を通じ、近代的農業の発展成果を展示するとともに、企業や専門家、農家が共同で農村振興の道を探る。

*JCCB:中国の農業食品EXPO 

 

中国国際サービス貿易交易会で世界各国の特色を体験

国際サービス貿易交易会上体験世界各国的特色)   新華社 2021/09/08

【新華社北京98日】中国北京市で7日閉幕した2021年中国国際サービス貿易交易会(CIFTIS)には、世界153カ国・地域が出展した。国別展示エリアなど国際色豊かなブースが設けられ、来場者は世界各地の商品やサービスを購入、体験した。

*JCCB:中国サービス貿易交易会 日本企業も出展

© 新華社 6日、国家会議センターに設置された国別展示エリアで、岐阜県多治見市と四川省邛崍(きょうらい)市の合同ブースに並んだ日本の陶磁器を見学する来場者。(北京=新華社記者/王天聡)

© 新華社 6日、国家会議センターに設置された国別展示エリアの日本ブースで、商品を買い求める来場者。(北京=新華社記者/丁洪法)

© 新華社 6日、国家会議センターに設置された国別展示エリアの日本ブースに展示された招き猫。(北京=新華社記者/丁洪法)

 

「持続可能な開発のビッグデータ国際研究センター」が設立

国設立「可持続発展目標的大数据国際研究中心」人民網日本語版 2021/09/08

「持続可能な開発のビッグデータ国際研究センター」(以下、「同センター」)設立大会並びに「2021年持続可能な開発のビッグデータ国際フォーラム」が6日、北京市で開幕し、同日、同センターの設立を宣言した。これは世界初のビッグデータで国連の「持続可能な開発のための2030アジェンダ(SDGsSustainable Development Goals)」に寄与する国際科学研究機関となる。人民日報海外版が伝えた。

同センター主任で、中国科学院院士の郭華東氏は、「同センターは持続可能な開発の目標達成のための重大なニーズを見据え、地球ビッグデータ科学特別プロジェクトを踏まえた上で、学際融合の持続可能な開発ビッグデータクラウドサービスシステムプラットフォームを建設する。世界の持続可能な開発目標の観測・評価体制を構築し、世界的な影響力を持つ持続可能な開発のビッグデータ国際研究センターを建設することで、国連と中国の2030アジェンダの達成に向け科学技術のサポートを提供する」と説明した。

同センターは中国科学院が建設。持続可能な開発技術促進メカニズムを担い、地球ビッグデータ駆動の持続可能な開発の研究における新モデルを切り拓き、世界の持続可能な開発目標のモニタリングとアセスメント体制を構築する。国連の関連機関及び加盟国にデータ共有と科学技術サポート、意思決定支援を提供し、世界一流水準の科学研究機関を建設する。

同センターの5大任務は、持続可能な開発のビッグデータプラットフォームの研究開発及び構築、持続可能な開発の指標の観測及び評価の科学研究の展開、持続可能な開発の科学衛星の研究・製造・運行、科学技術革新により持続可能な開発を促進するシンクタンクの設立、発展途上国向けの教育と訓練の提供となっている。(編集YF

*JCCB:中国ビッグデータセンター設立

 

中国の都市高齢化ビッグデータ発表、149都市が「高齢社会」に

国城市老齢化大数据発表149城市為「老齢社会」人民網日本語版 2021/09/07

世界では一般的に、1つの国や地域の65歳以上人口が総人口に占める割合が7%を超えると「高齢化社会」、14%を超えると「高齢社会」、20%を超えると「超高齢社会」と呼ばれている。第一財経が報じた。

7回国勢調査の統計によると、海南省三沙市を除く地級市(省と県の中間にある行政単位)以上の336都市の人口の年齢構造を分析すると、中国全土の149都市がすでに「高齢社会」となっており、主に東北エリア、成都・重慶都市群、黄河中・下流、中部エリア、長江デルタに集中している。

149都市が「高齢社会」に突入

統計によると、2020年、地級市以上の149都市で、65歳以上人口が占める割合が14%を超えており、「高齢社会」に突入している。

149都市の分布を見ると、東部の沿海地域が41都市と27.5%を占めている。また、東北エリアが36都市で24.2%、中・西部エリアが72都市で48.3%を占めている。全体的に見ると、高齢社会の都市は東北エリア、中部エリア、長江デルタ、成都・重慶都市群、黄河中・下流に集中している。

省別に見ると、149都市は22省に分布し、そのうち7省は「高齢社会」に突入している都市が10都市以上ある。最も多いのは四川省で17都市だ。その主な原因は、四川省の地級市・州の数が多く、地級市の人口の多くは、沿海の発展した地域に流れる傾向にあることだ。近年、省都である成都市の経済は急速に発展しており、大量の人口が成都に流入している。

統計によると、成都市は人口2000万人の大台を突破している唯一の省都、副省級都市で、中国全土を見ると、重慶市、上海市、北京市の3直轄市に次ぐ4番目の規模となっている。第7回国勢調査によると、2020年、成都市の常住人口は20937800人と、省全体の25.02%を占めており、2010年と比べると5818900人増えた。

成都市の5818900人増加という数字は、中国全土の都市を見ると、深セン市と広州市に次ぐ3位の規模となっている。

一方、東北エリアの高齢化はさらに深刻で、統計によると、東北三省の36市全てが「高齢社会」に突入している。

高齢化率が低い広東省と福建省

東部の山東省や江蘇省、浙江省の多くの都市も「高齢社会」に突入している。例えば、山東省の16地級市のうち、14市がすでに「高齢社会」に突入している。現時点で、山東省の65歳以上人口は1536万人で、中国全土で高齢者人口が最多の省となっている。

年齢別で見ると、山東省は高齢者人口、子どもの数が多いのに対して、生産年齢人口が少ないという特徴がある。これは、山東省では近年、人口流出が続いていること関係がある。

中国の省で2番目の経済規模を誇る江蘇省では、13地級市のうち10都市が「高齢社会」に突入している。そのうち、南通市や泰州市、揚州市など同省中部地域の高齢化が特に際立っている。

浙江省では11地級市のうち、6市がすでに「高齢社会」に突入している。主に同省北部、杭州湾沿岸地域などに集中している。同省南東部に位置する温州市と台州市の人々は保守的であることが関係し、出生率が高く、高齢者が占める割合は比較的低い。

子供を産むことに関する伝統的な観念が、その地域の高齢化に大きな影響を与える。長江デルタの発展している地域や広東省、福建省、浙江省の温州市、台州市などではあまり高齢化が進んでいない。統計によると、広東省の21地級市のうち、「高齢社会」に突入しているのは梅州市だけだ。福建省の9地級市のうち、「高齢社会」に突入しているのは北の南平市だけとなっている。それら地域の人々は保守的で、出生率が高い。

その他、珠江デルタや福建省の沿海地域には他の地域からの人口流入が多いため、高齢化はそれほど進んでいない。例えば、深セン市の65歳以上人口は565217人で、総人口に占める割合は3.22%と、中国全土で最も低い。また、東莞市の同割合も3.54%と中国全土で2番目に低く、厦門(アモイ)市、中山市などの割合も低い。(編集KN

*JCCB:中国の高齢者都市

 

2021中国国際デジタル経済博覧会開幕 河北省石家荘市

2021中国国際数字経済博覧会開幕 河北省石家荘市    新華社 2021/09/07

 【新華社石家荘97日】中国河北省石家荘市で6日、2021中国国際デジタル経済博覧会が開幕した。同博覧会は「革新的発展とデジタル経済」をテーマに、テーマパビリオンやデジタル産業館、デジタル生活館など5カ所の展示エリアを設置。デジタル経済における新業態、新モデル、ホットな分野に焦点を当てている。

*JCCB:中国デジタル経済EXPO

 

 中国の8月輸出額 前年比25.6%増 欧米の需要回復など受け

8月份出口額比前年増25.6% 受欧米需求恢復)      NHK 2021/09/07

中国の先月の輸出額は、いわゆる巣ごもり需要の世界的な高まりで電子機器の輸出の増加が続いたほか、ヨーロッパやアメリカなどでの需要の回復も受けて、去年の同じ月と比べて25%余りの大幅な増加となりました。

中国の税関当局が7日発表した先月の貿易統計によりますと、輸出と輸入を合わせた貿易総額は5303億ドルと、去年の同じ月と比べて28.8%増加しました。

このうち輸出額は29432000万ドルと25.6%増加しました。

いわゆる巣ごもり需要の世界的な高まりを背景にしたパソコンなどの電子機器の輸出の増加が続いたほか、衣服やおもちゃなどの輸出も増えていて、ヨーロッパやアメリカなどでの需要の回復を受けたものとみられます。

中国の輸出は去年6月以降、プラスが続いています。

一方、輸入額も23598000万ドルと33.1%の大幅な増加となりました。

原油や金属などの原材料価格の国際的な高騰が主な要因で、7月と比べても増加幅が大きくなっています。

原材料価格の高騰を受けて製造業の景況感が低下していて、今後の中国経済に与える影響に警戒感も強まっています。

*JCCB:中国8月の輸出入状況

 

2020年の公共サービス満足度、成都市が首位

2020年公共服務満度、成都市居首位       Jetro ビジネス短信 2021/09/07

中国の国家市場監督管理局が発表した「2020年全国公共サービス品質モニタリング情況報告」によると、全国31の省・自治区・直轄市の110の対象都市のうち、成都市が公共サービス満足度で83.72点を取得し、1位となった。

「報告」の調査項目は商業、健康、文化、スポーツ、金融など多分野にわたるが、成都市は医療サービスと文化、スポーツ、高齢者介護サービスの4分野の満足度で全国1位、公共教育、環境、安全、政府サービスではトップ3にランキングされた。ちなみに、成都市は12年連続で「中国の都市別幸福度ランキング」でも1位を獲得している。

中国の大手求人サイトの58同城が発表した「2021年大学卒業生の就職報告書」によると、2021年の大卒者が選ぶ就職希望地を都市別にみた場合、成都市は上海市、深セン市、広州市に次ぐ4位にランクインした。また、同サイトが8月中旬に発表した「新1級都市(注)就職動向報告」では、新1級都市での7月の求職活動が前月と比べて大幅に活発化し、うち成都市は求職者数と求人件数の両方で1位となった。

成都市の人口は近年、増加傾向にあり、20215月発表の「成都市第7回国勢調査」によると、常住人口は2,093万人に達し、重慶市、上海市、北京市に次いで4位に位置する。

(注)「新1級都市」とは、第一財経と新一線都市研究所が毎年発表している「都市の商業的魅力ランキング」に選ばれた15都市で、成都市、重慶市、杭州市、武漢市、西安市、天津市、蘇州市、南京市、鄭州市、長沙市、東莞市、瀋陽市、青島市、合肥市、仏山市を指す。(陳果)

*JCCB:中国都市公共サービスランキング

 

過去10年間の中国のベンチャー企業、平均7秒に1社が誕生

過去10年間中国的風険企業、平均毎7秒誕生1家  人民網日本語版 2021/09/06

ここ数年、中国の多くの地域で起業の活力がほとばしっている。中国新聞社が伝えた。

天眼査などの調査会社が2日に共同で発表した「若者起業都市活力報告(2021年)」によると、2011年から20年までの約10年間に、中国ではベンチャー企業4400万社以上が誕生した。つまり、平均して7秒ごとに1社が誕生した計算になる。

  このうち「双創(大衆による起業・イノベーション)」が提起された14年は、中国のベンチャー企業新規登録数の前年同期比増加率が45.7%に達し、10年間で増加率が最も高い年になった。

20年は新型コロナウイルス感染症が経済情勢にある程度の打撃を与えた。しかし同報告書は、「中国のベンチャー企業の登録数は『流れに逆らって増加』し、通年で新たに710万社以上が誕生した。これと同時に、登録数の飛躍的増加に伴って、11-20年には、中国にベンチャーサービス機関3万ヶ所近くが新たに生まれた」とした。

どの都市がベンチャー起業家に最も人気があるのか。同報告書は100都市の若者の起業活力を評価し、政府の支援、経済環境、資源賦存量、起業のインキュベーション、科学技術イノベーションの5つの視点から若者起業都市活力指数を打ち出した。

その結果、若者起業家が起業したい都市のうち、1位は北京で全国のトップに立った。2位は成都で、文化・クリエイションが高い誘致力を示した。3位は発展する「デジタル経済トップ都市」の杭州だった。上海、重慶、広州、長沙、深セン、南京、厦門も人気が高かった。

若者が起業の期待を寄せる産業は何か。同報告書は、人工知能(AI)、ビッグデータなどのハードテクノロジーを選ぶ人が多く、AI1位で63.6%を占め、ビッグデータが2位で61.8%を占めた。文化・クリエイティブ産業は国潮(中国伝統の要素を取り入れたおしゃれな国産品のトレンド)消費、ネットでの人気に基づく経済などの要因の影響を受けて3位に浮上した。

起業は決して平坦な道のりではない。若者の起業が抱えるボトルネックのうち、「資金調達の方法がわからない」が起業家の前に横たわる一番目の難問だ。同報告書は、「調査回答者の52.63%が資金調達の問題を最も大きなボトルネックだと考えている。次は人脈資源の不足で49.16%に上った」という。中央財経大学商学院の葛建新教授は報告書を解説して、「人脈は最も重要な起業の資源であり、若者起業家は生活の中の『強い関係性』をうまく利用する必要がある」との見方を示した。(編集KS)                              *JCCB:中国のベンチャー企業

 

重さ約90キロの巨大冬瓜を収穫 河南省

収穫重約90kg的巨大冬瓜 河南省           人民網日本語版 2021/09/06

河南省開封市陳留西村科学技術モデル農家に指定されている張付欣さんがこのほど収穫した巨大な冬瓜が、村の人々の間で大きな話題になっている。

張さんは、「今回収穫した2個の冬瓜の重さは、90キロと90.5キロ、長さはいずれも1メートル45センチある。冬瓜の栽培・管理は比較的簡単で、水と肥料さえあれば、害虫は発生しづらい」と話す。時期をみたしっかりした管理を行っただけでなく、その品種も優れていたため、張さんが今年育てた冬瓜は、1ムー(1は約666.7平方メートル)あたり5千キログラムに達した。

「今月末に収穫が終わると、1ムーあたりの収穫量は8千キログラムに達する見通しだ。今の相場では、1キログラムあたりの価格が0.4元(約6.8円)なので、1ムーあたりの収入は3千元(約5万円)になる」と話す張さんは、満面の笑みを浮かべていた。(編集KM)                                 *JCCB:中国話題の農作物 中国の農業

©人民網日本語版

 

人々を癒す福州三坊七巷の「ハートの木」 福建省

撫癒人們福州三坊七巷「心型樹木」 福建省   人民網日本語版 2021/09/06

福建省福州市の有名な観光スポット・三坊七巷をそぞろ歩くと、「ハートの木」がある。視線を上げてこの木を目にすると、誰もがほっこりとした気分になるのだという。

ガジュマルという品種のこの木は自然にハート形に生い茂ったため、「ハートの木」という名がつけられた。三坊七巷の保護事業を請け負う福州古厝集団の担当者は、「当初はこの木を利用し、愛情の証となるような景観を作り出す計画もあったが、最終的に樹木の保護と古い建物の景観との整合性を考慮し、特別な手を加えないことになった」としている。(編集KM)                 *JCCB:中国の街風景

©人民網日本語版

 

中国のデジタル貿易規模、20年は29476千万ドル

中国数字貿易規模、20年達29476万美元)         新華社 2021/09/05

 【新華社北京95日】中国商務部は北京で開催中の中国国際サービス貿易交易会で3日開いたデジタル貿易発展すう勢・最新発展サミットフォーラムで、「中国デジタル貿易発展報告2020」を発表した。同報告は、第135カ年規画(201620年)期間に中国のデジタル貿易規模が急速に拡大し、デジタル貿易の法律・政策体系もほぼ構築されたとした。

 第135カ年規画期間中、中国のデジタル貿易規模は15年の2千億ドル(1ドル=約110円)から20年の29476千万ドルへと47.4%増加。サービス貿易全体に占める割合も30.6%から44.5%に拡大した。インターネット安全法、データ安全法など一連の重要法規、政策文書、活動措置も発表し、デジタル貿易の発展を支持、推進する法律・政策体系の枠組みをほぼ構築した。 

 報告は、中国のデジタル貿易規模が第145カ年規画(202125年)期間中も拡大を続けると指摘。デジタル化が可能なサービス貿易の輸出入総額は25年に4千億ドルを超え、サービス貿易に占める割合が5割前後になるとの見通しを示した。

*JCCB:中国のデジタル経済規模

 

一面真っ赤の湿原「レッドビーチ」 中国

中国 一片赤紅的湿地「紅色海灘」)                        AFPBB News 2021/09/05

 

AFP=時事】中国東北部、遼寧(Liaoning)省の盤錦(Panjin)にある紅海灘風景区では、赤い湿原が広がっている。通称「レッドビーチ」と呼ばれる同区の赤色は、マツナという植物によるもの。                             *JCCB:中国自然風景

アッケシソウ、赤紫に色づく 北海道網走の能取湖畔

角草色成紫紅 北海道網走能取湖畔         朝日新聞社 2021/09/06

 北海道網走市の能取湖畔で、アッケシソウの群落が色づき、辺りを赤紫色に染めている。今年は20日ごろにピークを迎えるとみられ、9月いっぱいは楽しめそうだ。

 能取湖はオホーツク海とつながる海水の湖。アッケシソウはアカザ科の一年草で、海水の入り込む海岸の草地に生え、秋に緑から赤へと色づく。色と形がサンゴに似ていることからサンゴソウとも呼ばれる。

 湖南側の卯原内(うばらない)地区には、国内最大級の約4ヘクタールの群落がある。卯原内観光協会によると、今年は820日ごろから色づき始めた。すでに七分ほどとなり、群落全体が赤いじゅうたんのようになっている。

 ただ、毎年9月に開かれる「能取湖さんご草祭り」はコロナ禍のため2年連続で中止になった。訪れる人は木道から静かに赤紫に染まった景色を眺めていた。(神村正史)

*JCCB:日本自然風景



© STR / AFP 中国北東部遼寧省の盤錦にある「レッドビーチ」

2021827日撮影)

© 朝日新聞社 赤紫色に色づいたアッケシソウ=202194日午前1139分、北海道網走市の能取湖、神村正史撮影

 


【パビリオン訪問】サービス貿易交易会のジャパン・パビリオンの見所は

[走訪展館]服務貿交易会日本展館的看点?    人民網日本語版 2021/09/04

92日、2021年中国国際サービス貿易交易会(CIFTIS)が北京で開幕し、3日には初の特定テーマデーを迎えた。そのうち、各国の特色あるサービスと各国の様子を紹介する展示エリアの面積は約7千平方メートルに達し、大勢の来場者が訪れた。人民網が伝えた。

日本貿易振興機構(ジェトロ)はジャパン・パビリオン展示ブースの主催者として、サービス貿易交易会には2012年から毎回参加してきた。ジェトロ北京事務所対外業務部の唐澤和之副部長によると、今年の交易会のジャパン・パビリオンは昨年よりさらに拡大して、面積は260平方メートルになり、「越境EC」をメインテーマとして、様々な日本製品を出展。唐澤副部長は、「越境ECによって、日本から中国に輸出される商品の総額が年々増加している。今年は新型コロナウイルス感染症の影響で、多くの中国人が日本に来ることができなくなっている。そんな中国のみなさんに、日本に行ったような気分になってもらえればと考えた」とした。

展示品には中国でも人気の高い日本の伝統工芸品だけでなく、感染症の影響から自宅で料理を楽しむ中国人消費者が増えていることにも着目し、各種調理器具や食器なども数多く展示。唐澤副部長は、「中国人消費者に『日本の調理器具で和食を作る』というコンセプトを伝え広めたい」とした。(編集KS)     *JCCB:中国サービス貿易交易会の日本パビリオン 

 

中国躍進、トップ202校=世界大学ランキング、東大35位―英誌

躍進、前20大学中占2所=世界大学排行榜、東大第35位―英国雑誌    

                                     時事通信社  2021/09/04

【ロンドン時事】英教育専門誌タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)は2日、2022年版「世界大学ランキング」を発表した。トップ10は英米の大学が占めた一方、年々評価を高める中国の大学は今回初めて2校がトップ20入り。日本の最高位は東大の35位だった。

 99カ国・地域の1622校が対象。トップは6年連続1位の英オックスフォード大で、米カリフォルニア工科大と米ハーバード大がタイで2位。米スタンフォード大、英ケンブリッジ大などがこれに続いた。

 中国勢は北京大と清華大が、前年より順位をそれぞれ七つと四つ上げて16位タイでトップ20入り。上位200の国別総合では、前年より3校多い計10校がランクインし、オランダと並ぶ5位タイを記録した。中国当局が締め付けを強める香港からも5校が200以内に入った。

 一方、日本からは東大が前年より一つ順位を上げ35位。京大は七つ順位を落として61位。日本勢で上位200に入ったのはこの2校のみで、他は東北大(201~250位)、大阪大と東京工業大(301~350位)、名古屋大(351~400位)など。

 同誌は「新型コロナウイルスに関する影響力の高い研究を行った大学がランクを急上昇させた。中でも(コロナ関連の研究に活発に取り組んだ)中国がその最大の報いを得た」と分析した。 

*JCCB:世界大学ランキング

 

世界5G会議2021が開幕、最先端の5G応用の成果とは?

全球5G会議2021開幕、最先進的5G用成果?   人民網日本語版  2021/09/02

世界5G会議2021831日、北京市で開幕した。今回のテーマは「5Gの深い利用、共存共生」。会議フォーラム、展覧・展示、成果発表会などの内容が含まれる。新華網が伝えた。(編集YF)                            *JCCB:中国5Gフォーラムと展示会

 

中国で産業デジタル化加速 各地がデジタル経済のロードマップ描く

加快産業数字化 各地描絵数字経済道路図)               新華社  2021/09/02

 【新華社北京92日】中国では今後5年間で、デジタル経済の主要な原動力としての産業デジタル化の地位が絶えず強まり、産業のデジタル転換がけん引する経済規模がさらに拡大し、デジタル経済の質の高い発展に新たな余地を広げるとみられている。

 産業デジタル化はすでに深刻な変化をもたらしており、経済成長にも新たな原動力を注入している。中国工業・情報化部直属のシンクタンク、中国情報通信研究院の研究報告によると、2020年の中国デジタル経済の規模は392千億元(1元=約17円)に上り、うち産業デジタル化規模は317千億元で、対GDP比は31.2%だった。

 同院政策・経済研究所の孫克(そん・こく)副所長は取材に応じた際、デジタル経済と実体経済の融合発展は今後5年間でさらに進み、産業デジタル化が引き続きデジタル経済の主要な方向となり、産業デジタル化がデジタル経済に占める割合は20年の80.9%から85%前後に上昇するとの見通しを示した。

 各地では製造業のデジタル化を促す新たなプロジェクトが着実に進められている。河北省はこのほど、インダストリアルインターネットのプラットフォームを利用して25年までに工業企業デジタル化改造プロジェクト千件を実施する計画を明らかにした。

 地方版のデジタル経済発展計画も相次いで発表され、各地の今後5年間のデジタル経済の成長目標と発展ロードマップが示された。北京市は、25年までにデジタル経済増加値(付加価値額)の域内総生産(GDP)に占める割合を50%とし、世界の先進デジタル経済都市の仲間入りを果たすとの目標を掲げた。浙江省は25年までに、デジタル経済増加値の対GDP比を約60%とし、国家デジタル経済革新発展試験区をハイレベルで建設する計画を打ち出した。湖南省は、25年までにデジタル経済の中核産業増加値が域内総生産に占める割合を11%とし、全国デジタル経済革新先導区、産業集積区、応用先導区になる方針を打ち出した。

*JCCB:中国デジタル経済

 

中国、水素燃料電池自動車のモデル都市が発表に

国発布氢燃料電池汽車試范城市         Jetro ビジネス短信 2021/09/01

中国の北京市は824日、上海市は826日に、燃料電池自動車モデル都市群に選定されたとそれぞれ発表した。財政部など5部門は、2020921日に「燃料電池自動車モデル都市申し込みに関する通知」を発表(2020924日記事参照)し、20201115日に申し込みが締め切られ、選定都市の発表が待たれていた(2021517日付地域・分析レポート参照)。

北京市は、北京市の大興区、海淀区、昌平区など6区と天津市浜海新区、河北省保定区、河北省唐山市、山東省浜州市、山東省淄博市など12都市の連合による京津冀水素燃料電池自動車モデル都市群(注)を形成する計画としている。

上海市は、江蘇省蘇州市、江蘇省南通市、浙江省嘉興市、山東省淄博市、寧夏回族自治区寧東能源(エネルギー)化工基地、内モンゴル自治区オルドス市など「上海市+6都市」の連合で長江デルタ地域の産業サプライチェーンが連携し、中長距離走行と中・大型トラックの応用に焦点を当てた水素燃料電池自動車モデル都市群を形成するとしている。

水素をはじめ中国の新エネルギー産業動向に詳しい、インテグラルの中西豪総経理は、申し込み締め切りからモデル都市の発表まで時間を要した点について「それぞれのモデル都市群の役割分担などの整理、調整に時間かかったのではないか」と指摘する。また、「モデル都市群には、北京市や上海市など水素燃料電池の実用化に積極的に取り組んできた都市が選ばれているが、今後、各都市群の具体的なプロジェクトがどのように進められるのかが注目される」とも述べた。

また、北京市、上海市以外の都市、具体的には広東省や四川省、湖北省など水素燃料電池の実用化に取り組んでいる都市が、今後、モデル都市に追加されるのかという点についても関心が集まっている。

(注)京津冀は、北京市、天津市、河北省の総称。(高橋大輔)

*JCCB:中国の水素燃料電池自動車

 

国際サービス貿易交易会、オンラインのみでの参加企業前年比40%増

中国国際服務貿易交易会、僅線上参加企業比去年増40 

                                           人民網日本語版 2021/09/01

便利なオンラインでの出展は、2021年中国国際貿易交易会の注目点の1つだ。30日に行われたサービス博のメディアブリーフィングで明らかになったところによると、今年はオンラインのみで参加する企業が前年比約40%増の4357社に達したという。「北京青年報」が伝えた。

首都会展(集団)有限公司の周一煒社長の説明によると、21年サービス博のデジタルプラットフォームは5つのシーンをめぐってレベルアップと改良を加え、40近い機能ポイントを改良・レベルアップし、請負機関、出展企業、来場者の体験を向上させ、オンライン空間がもつ無限、開拓可能といった特徴を十分に活用して、永遠に幕を閉じることのないサービス貿易博覧会を打ち出す。5大コアシーンには展示、会議、商談、貿易、デジタル化サービスがあり、これにはオンラインの平面展示台、3D展示台、クラウド会議、会議のライブ配信、クラウド商談、クラウド契約調印、オンライン予約などの機能が含まれる。

今年のデジタルプラットフォームはPC、アプリ、H5(ウェアラブル端末)、ミニプログラム、公式アカウントなど複数の端末が融合したルートを提供し、異なるユーザー、異なるシーンにおけるオンラインでの参加・観覧のニーズに全面的に対応する。同時に、健康状態確認プログラム「健康宝」、PCR検査、ワクチンのデータのオンライン予約販売サービスを打ち出し、参加者が便利で安全に出展・参加できるよう保障する。周氏は、「今年はオフラインで参加する企業が2400社以上あり、そのうち60%はオンラインでも展示台を開設する。オンラインのみで参加する企業は、昨年は3千社弱だったが、今年は82912時の時点で、同約40%増の4357社に達した。新たに設けられたコーナーには主に文化観光、スポーツ、医療などがある」と説明した。

周氏は、「多国籍の出展企業や海外の出展企業の中には新型コロナウイルス感染症が原因で、会場に来られないところもあるので、オンラインの展示台を構築できる。今回の出展企業は『企業ミニ公式サイト』などの機能を利用して、企業専属のブランド公式サイトや電子展示台を便利に構築することができる。今回増設された企業ニュース、企業フォトアルバム、展示台ポスター、企業ライブ配信などのコーナーを利用して、各社のブランドやプロジェクトをより立体的に展示することができ、潜在的なビジネスチャンスをつかまえる出展企業の能力が大幅に向上する」と述べた。

来場者は登録を終えてバイヤーになると、自分の求める企業や製品を問い合わせたり探したりできるほか、オンラインでのマッチングも可能になる。周氏は、「私たちはブロックチェーンサービスを通じて、(企業とバイヤーの)双方がオンライン取引を実現できるようにする。データの蓄積はすべてオンラインでなされ、私たちはこうしたデータを利用して正確なマッチングを行い、出展企業とバイヤーのためにサービスをよりよく提供することができる。サービス博デジタルプラットフォームはオンラインライブ配信、ビデオ会議などの機能も提供し、時間的・空間的制約を取り払い、人々は家から出ずにサービス博に全面的に参加して、サービス博ならではの生き生きした瞬間を感じられる」とした。

周氏は、「サービス博の開催期間中、来場者がどこから会場に入るかについて、会場の国家会議センターの入館ルートには『健康宝、PCR検査、ワクチン、(行動履歴を証明する)行程カード、体温測定』の5つの機能が集められ、出展企業と来場者は出展証明書または身分証明書をかざすだけで、すぐに具体的な情報のチェックが終わる。異なる身分によって必要な情報が異なり、呈示する内容も異なる。例えば出展企業ならPCR検査が必要だが、一般の来場者には必要ない。こうした内容はすべて証明書をかざすとすぐにチェックが終わり、いちいちコードを読み取る必要がない」と説明した。(編集KS)            *JCCB:中国の展示会 サービス貿易交易会 日本企業も出展

 

中国の新しいトレンド「国潮」

中国新動向国潮」                                NNN24 2021/09/01

いま、中国では若者を中心に、中国オリジナルもしくは中国要素を取り入れたファッション、「国潮」という新たなトレンドが生まれている。一体、中国の若者はなぜ「国潮」に惹かれるのか。(国際部・周一可)

「国」は中国を指しており、「潮」は、中国語で「おしゃれ」を意味し、「国潮」はもともと、中国オリジナルもしくは中国要素を取り入れたファッションを指す。

■ファッション・コスメの“国潮”

北京にあるスポーツブランドの店では、一番目立つところに漢字が書かれた洋服がずらりと並び、いま売れ筋だという。また、コスメブランドの店では中国の絶滅危惧種に指定された鳥をイメージに作られたアイシャドーパレットを販売。パッケージの絵だけではなく、アイシャドーの色もこの鳥の特徴ある色合いをヒントにしたという。中国のブランドが積極的に自国と関わる要素を取り入れているのがわかる。

■カフェのインテリアにも“国潮”

今年5月、北京で「国潮」を意識したというカフェがオープン。店の中は中国のレトロのものが多く使われており、食器には、「喜び」が二つ並んだ文字があしらわれている。「喜びが一気に二つも来る」という意味で、昔から中国の結婚式などでよく使われる、とても縁起のいい言葉だ。実際私たちが取材した日に、「店の中国レトロ風を目当てにきた」という若者もいた。商品だけではなく、店のインテリアにまで「国潮」を意識している。

■“国潮”に惹かれる背景には「愛国心」

中国の若者に、なぜ国潮がトレンドになったかについて聞いてみると――「中国人だから、もちろん国潮を支持します」「国潮が流行るのは私たち若い世代の中国文化への自信の表れです」「国潮は自分の国のものだと感じますし、デザインが素晴らしいと、誇りに思います」

取材で出会った若者が、「国潮」に対して「誇り」という言葉を口にした。

「愛国心」がブームの背景にありそうだ。「愛国心」が高まった理由の一つは「中国の発展」とみられる。世界第2位の経済大国になった中国、半年後には北京オリンピックも控えている中、国の発展を肌で感じた国民たちの愛国心がさらに高まりそうだ。

次は「国産品の品質の向上」。かつては「世界の工場」だといわれてきた中国では近年、単なる下請けではなく、オリジナルさを大事にする自国ブランドが増えている。特にコスメ製品は海外進出を果たして、日本のショップでも見かけるようになるほど勢いがある。

さらに、欧米ブランドへの反発も背景にあると考えられる。今年3月、あるアメリカの有名スポーツブランドが人権問題があるとして、ウイグル綿を使用しないと発表したところ、売り上げが激減した一方、中国のある大手スポーツブランドの売り上げのほうは8倍も伸びたと報じられている。

こうした様々な理由から、中国の若者の愛国心が高まり、「国潮」の人気もますます高まっていくのではないかと考えられる。                    *JCCB:中国の新トレード

 

車両1500台以上集結!成都モーターショーの規模が記録更新

車両1500台以上!成都車展規模更新記録     人民網日本語版 2021/08/31

成都モーターショーが29日、四川省成都市の中国西部国際博覧城で開幕した。今回は中国はもとより、ドイツ、米国、フランス、日本、韓国、合弁など130を超える中国内外の自動車ブランドが出展し、車両約1500台が出展され、展示規模は20万平方メートルに達した。「北京日報」アプリが伝えた。

昨年の前回に比べ、今回は規模と発表される新車の数がいずれも増加して、過去最高を更新した。今回は組織委員会が初めて「クラウドモーターショー」も打ち出し、消費者は淘宝(タオバオ)を通じてモーターショーのバーチャル会場に入り、クラウドで会場をめぐり新車をながめることができるようになった。

組織委の予測では、マクロ経済が安定的に好転し、地方政府による複数の措置が同時に行われて末端のニーズの開放を持続的に促し、細分化された各市場が全面的に開花する状況の中、21年全体としては自動車市場は底を打って反転上昇する。メーカーのバージョンアップの歩みも徐々に加速するとみられる。市場のフィードバックによると、新車の開発周期がこれまでの4年前後から1-3年に短縮され、モデルチェンジの周期も6-24ヶ月が4-15ヶ月になったという。

プレスデーには会場で自動車ブランドの発表会が60回以上相次いで行われ、各種のスター車種がお披露目される。そのうちBMW、メルセデス・ベンツ、アウディはそれぞれ、「BMW X3」のニューモデル、ベンツCクラスの新車、「Q2L」など中国で初めて発売する車種を出展する。ジャガーランドローバーは中国初登場の新車6車種を出展。リンカーンは限定車種の「リンカーンアビエーターMONO」と「リンカーンコルセアMONO」を出展。ドイツのチューニングブランドのLUMMAは「CLR RS」を世界で初めて発表する。

今回のモーターショーでは新エネルギー関連の出展企業の割合が引き続き上昇し、昨年は1会場だったのがさらに拡大し、過去最高を更新した。どの会場でも新エネ車の姿を見かけるようになった。蔚来、小鵬、理想、智己、Polestar(極星)、高合、極狐、嵐図、極R汽車、哪吒、威馬、欧拉、賽力斯、零跑、合創などの「自動車製造の新勢力」と、従来の自動車メーカーの傘下にある新エネ車ブランドが初めて大規模に集結して、西部市場に華々しく登場した。

また今回はマセラティ、ポルシェ、ランボルギーニ、アストンマーティン、ベントレー、ロールスロイス、マクラーレン・オートモーティブ、ラグジュアリーラインのBMW、メルセデス・ベンツ、アウディ、レクサス、ボルボ、キャデラック、ジャガーランドローバーなどの超豪華ブランドがずらりと並ぶ。

このうちマセラティは「レヴァンテ」のハイブリッド新モデルを出展する。ポルシェが初めて発表する「マカン」新モデルは、新開発の4気筒ターボエンジンを搭載し、最大出力は265PS100キロメートルまで加速するのにかかる時間は6.2秒だ。ボンバルディアは3輪バイク「MY21 スパイダー」F3リミテッド1330ccの新色ベアリーブルーを中国で初めて発表する。

今年のデラックスカー館にはバイク展示エリアも設けられ、ハーレー、ドゥカティ、KTM、インディアン、ボンバルディア、CFMOTOなど世界的に有名なバイクブランドが初めて登場する。(編集KS)                           *JCCB:中国のモーターショー 日本企業も出展

 

公園にAI?ハイテクジムが無料で 中国・上海

公園里AI?高科技健身房免費 中国・上海          毎日新聞 2021/09/01

 公園に無料のハイテクジムが誕生しました。

 中国・上海の公園に先月、登場した「室外スマートジム」はAI(人工知能)を使った顔認証システムを搭載し、利用者の情報をもとにトレーニングメニューが組まれます。

 利用者:「高齢者もスマートジムに興味がある。こんないい機器があって、運動していて楽しい」

 上海市は、より多くの市民に運動習慣を付けてもらいたいと、初めて公園にジムを作りました。

 中国政府は2035年に国民の45%がトレーニングの習慣を付けることを目標にしていて、他の都市でも屋外スマートジムが次々と誕生しています。

*JCCB:中国AI産業 

 

四川古藺川南ミャオ族に伝わる伝統あるろうけつ染め

四川古藺川南苗族傳承的傳統蝋染)         人民網日本語版 2021/08/31

四川省瀘州市古藺県箭竹苗(ミャオ)族郷無形文化遺産体験基地では830日、あちらこちらで風にはためく綿布類が見られた。それらの布は、藍色と紫色の中間くらいの色だが、紫紺色よりさらに深みを帯びた色をしている。ミャオ族のろうけつ染めにおける模様染めの技術は、絞り染め、型染めと並び、古代中国の三大染め技術と呼ばれている。数多くの伝統技術の中で、模様染めの多くはすでに現代化大規模生産が行われるようになったが、ろうけつ染めだけは、伝統的なハンドメイド工法によってしか染めることができないため、独特な趣をもつ民芸品になっている。中国新聞網が伝えた。(編集KM)            *JCCB:中国の伝統工芸

©人民網日本語版

 

中国の保育産業に進出する日本企業

進入中国保育産業的日本企業                   新華社 2021/08/30

【新華社北京830日】日本の幼児教育・保育文化の歴史は長い。1965年に厚生労働省が保育所保育指針を策定し、公立や私立の保育施設が急速に発展した。しかし、近年の日本は少子高齢化が進み、就学前教育事業に特化した企業の国内での事業拡大は難しい。中国の膨大な市場は、これらの企業にとって新たな成長エンジンとなっている。

 保育施設運営のキッズコーポレーションホールディングスは、就学前教育に特化した企業グループで、2017年に設立された。昨年8月には中国西部の託児所・幼稚園市場の共同開拓に向け、西安西交幼教管理実業集団(西安西交グループ)と戦略的提携を締結。このほど、上海市に本拠を置く不動産企業、中梁控股集団 (ジョンリアン・ホールディングス・グループ)とも戦略的協力パートナー契約を結び、同集団が山東省で開発する大型住宅社区(コミュニティー)内の保育施設を共同運営することで合意した。今後10年で中国に保育施設1200カ所を建設する計画を掲げる。

 日本全国で保育施設の運営などを手掛ける社会福祉法人檸檬会は、比較的早く中国に進出した。設立は2007年。日本国内で03歳児向け保育園と06歳児向けの幼稚園と保育園の良さを合わせ持ったこども園を100カ所以上直営している。園職員は1200人余り、園児は約2万人が在籍。日本の幼児教育と保育のノウハウを合わせ、独自の運営体系を形成している。

 檸檬会が展開する幼児教育ブランド「レイモンド(Leimond)」の名称は、檸檬(Lemon)に愛(i)と夢(dream)を組み合わせて名付けた。

 19年に広東省深圳市に進出すると、粤港澳大湾区(広東・香港・マカオビッグベイエリア)の深圳市と中山市に相次いで直営の保育園や幼稚園を設立し、園の設計や保育・幼稚園教員の研修、運営管理などは日本のノウハウを導入した。深圳大学の付属幼稚園では「実験クラス」を設けて学術的な指導や提案を実施。就学前教育教員の日本での実習を手配したり、保育関連の学術フォーラムやセミナーなどを開いたりもした。今後は北京や上海、深圳などの重点都市を中心に保育園や幼稚園、関連事業を展開していくという。

 レイモンド中山園の担当者は、高齢者と子どものケアは国の経済や国民の生活、社会の調和につながるとした上で、レイモンドは保育園や幼稚園の建設・運営に軸足を置き、中日保育業界の交流と協力を推し進め、中日の保育文化や産業の融合的発展を促していく方針だと話している。(畢建鴿)

*JCCB:中国の保育産業 日本企業

 

美しくてしかも甘い?フォンダンで作った江南古鎮のミニチュア模型 江蘇省

美又甜?翻糖制的江南古鎮微型模型 江蘇省)       新華社 2021/08/30

一本の小川が東西を貫き、魚が泳ぎ、石橋を渡れば、小籠包を食べに行くことができる。このほど、江蘇省蘇州市のパティシエたちが、フォンダンや水飴を使って、縮尺比1:200の「無錫蕩口古鎮」のミニチュア模型を制作した。建物の梁を掛け、壁を築き、瓦を葺いて、フォンダンで中国色豊かなユニークな作品を制作してみせた。人民網が報じた。(編集KM)                      *JCCB:文化芸術

©人民網日本語版

 

上海で魯迅生誕140周年を記念する特別展

上海挙行記念魯迅誕生140周年特別展             新華社 2021/08/28

【新華社上海828日】中国上海市の魯迅紀念館でこのほど、中国の文豪、魯迅(ろじん)の生誕140周年を記念する特別展が開幕した。会期は3カ月。

 特別展は同館が所蔵する魯迅の詩や原稿、手紙などの貴重な文化財約60点を含む、魯迅の手稿110点(組)を展示しており、うち創作集「故事新編」の手稿などは国家1級文化財に指定されている。展示品の中には、魯迅が日本の史学者で友人の増井経夫氏に贈った自筆の書道作品「聴弾琴」など、日本の友人に関するものもある。(記者/許暁青) 

*JCCB:中日友好交流

@新華社 魯迅が日本の友人に贈った書道作品「聴弾琴」。

 (2015820日撮影、上海=新華社配信)

 

鞍鋼集団が本鋼集団を統合、生産能力が世界3位に

鞍鋼集団統一本鋼団、生産能力達世界第3 Jetro ビジネス短信 2021/08/27

中国の遼寧省国有資産監督管理委員会は820日、保有する大手鉄鋼企業グループの本鋼集団(遼寧省本渓市、以下、本鋼)の株式の51%を、同業である中央政府直轄の大手国有企業グループ鞍鋼集団(同省鞍山市、以下、鞍鋼)に無償譲渡する契約に調印した。これにより、本鋼は鞍鋼の持ち株子会社となった。統合後の鞍鋼は、粗鋼の生産能力が年間6,300万トンとなり、中国で第2位、世界第3位となる。

鞍鋼は、鉱物資源を中核事業とする大手企業グループで、普通鋼、特殊鋼、ステンレス鋼、バナジウム、チタンなど幅広い製品と材料を取り扱う。本鋼は、熱間圧延、冷間圧延のラインを有する遼寧省内でも大手の国有企業グループで、粗鋼生産能力は年間2,000万トン。

今後の事業計画として、鞍鋼は2025年までに粗鋼を年間7,000万トン、鉄精鉱を年間5,000万トン生産し、売上高3,000億元(約51,000億円、1元=約17円)を目指す。本鋼については、自動車用鋼材および棒鋼・線材生産拠点として位置付ける。鞍鋼、本鋼ともグループ企業として調達、販売、金融、貿易・物流、技術開発など多くのサービス部門を有しており、双方のバリューチェーンを整理し効率化していくことを課題としている。

今回の統合について、大連の日系商社担当者は「ただちに鉄鋼製品の価格変動につながるとは考えにくい」とした上で、「両グループ傘下の上場企業の統合であれば確かに相乗効果があるだろうが、グループ間の統合の場合は読みにくいところがある。中国政府は環境保護のため、今年から鉄鋼製品の輸出税の還付撤廃および粗鋼減産などの厳しい管理をしている。統合の効果は今後の動向を注目していく必要がある」とコメントした。(李穎)                    *JCCB:鉄鋼業界

 

成都国際モーターショー、130以上の国内外ブランドが出展

成都国際車展、130以上国内外品牌参展       人民網日本語版 2021/08/25

24回成都国際モーターショーが829日から97日まで、四川省成都市の中国西部国際博覧城で行われる。今回のテーマは「沸き立つ成都・楽しいドライブ」で、ドイツ、米国、フランス、日本、韓国、合弁、中国など中国内外の130以上の自動車ブランドが出展し、自動車1500台以上が展示される。中国新聞網が伝えた。

主催者側によると、2021年は第14次五か年計画がスタートした年であり、中国自動車産業の次の5年間の発展の道を指し示す明かりの役割を担う年でもある。マクロ経済が安定して好転し、地方政府が同時に打ち出した複数の措置が末端のニーズを喚起して、細分化された各市場が全面的に花開く状況の中、2021年は自動車市場が全体として底を打って反転上昇する見込みだという。

昨年の前回に比べ、今回は規模が拡大し、発表される新車の数が増え、業界の枠を超えた協力が特に目を引く。主催者は、まもなく開幕する成都モーターショーは中国国内の自動車市場を押し上げる役割を果たすだろうとの見方を示す。

今年の成都モーターショーの会場では各種の人気自動車のお披露目が行われる予定だ。主催者は、「新型コロナウイルス感染症は自動車市場に一定の影響を与えたが、それにも関わらず自動車メーカーのレベルアップ・アップデートの歩みは徐々に加速した。市場のフィードバックを見ると、新車の開発周期が従来の4年前後から1-3年に短縮され、モデルチェンジ周期も6-24ヶ月から4-15ヶ月に縮まった。車のモデルチェンジのペースの加速と新車発売後の持続的なアップデート・モデルチェンジのニーズが、自動車産業に市場発展の可能性を与えた」と強調した。

自動車産業が全面的にスマート化、電動化、コネクテッド化、シェアリング化へとモデル転換する背景の中、新エネルギー自動車が中心的な役割を発揮した。複数の政策による好材料に支えられて、中国の新エネ車産業はかつてない発展チャンスを迎えた。2021年上半期新エネ車市場は新製品の後押しを受けて高度成長を実現し、下半期の市場も勢いある成長傾向が続くとみられる。今回のモーターショーは新エネルギー関連の出展の割合がさらに増加して、過去最高を更新した。また蔚来、高合、嵐図、威馬、零跑といった「自動車製造の新勢力」と従来の自動車メーカーの傘下にある新エネ車ブランドが初めて大規模に集結し、同じ土俵で技を競い合う場になる。

このほか今回はハイレベルフォーラムやサミットといった専門性の高いイベントも行われ、自動車の発展の未来について話し合うことになる。

24回成都国際モーターショーは成都市人民政府と中国国際貿易促進委員会自動車産業分科会が共催し、漢諾威米蘭展覧(上海)有限公司、中国国際貿易促進委員会四川省委員会などが共同で開催を請け負う。(編集KS)     *JCCB:中国の展示会 自動車関係 日本企業も出展

 

大連、自由貿易試験区で最大1億元を補助               1元約17円

大連、在自由貿易試験区内最大補助1億元)    Jetro ビジネス短信 2021/08/25

中国政府が自由貿易試験区に指定している遼寧自由貿易試験区大連エリアは818日、「産業革新特区建設方案」を公布した。

方案では、同エリア内の産業発展支援の目標として、2025年までに域内総生産(GRP)に占める研究開発(RD)経費支出の割合やハイテク企業数、技術取引成約額、外国高度人材と専門人材の採用人数をそれぞれ倍増させ、ガゼル企業・ユニコーン企業の入居数を計10社まで増やすとしている。

具体的には、新エネルギー産業パーク、生命健康産業パーク、デジタル情報産業パーク、先端設備製造産業パークの4つを重点的に建設する(添付資料表参照)。

また、以下の5つの課題に焦点を当て、15条の優遇策を策定した。

イノベーション・プラットフォームの構築では、国内外の有名な研究機関の入居と産業イノベーション連盟の構築を支援する。うち、RD機関の設立に対し、最大2,000万元(約34,000万円、1元=約17円)までの一時補助金を支給する。

多角的なイノベーションを推進すべく、イノベーションを推進する主体の倍増計画を実施する。起業投資基金と資本市場のイノベーションに対する支援を強化し、ハイテク企業に対しては、RD経費増加分の30%の補助金を毎年支給、先進的なハイテク企業には最大1,000万元まで支給する。

中核技術開発の推進では、国家レベルの検査・測定認証を新規に取得する研究機関に対し、最大1,000万元まで支給する。水素エネルギー産業の重点プロジェクトに対しては、奨励金を最大1億元まで支給する。バイオ、水素、デジタル情報などの先端技術の研究機関の建設に対しては、最大5,000万元までの奨励金を支給する。

ハイテク技術の研究成果の実用化を推進すべく、知的財産による発展促進戦略を実施する。世界初の設備と評されるプロジェクトに対しては、最大1,000万元まで支給する。

イノベーション人材の導入推進のため、人材を集積させ、関連サービスと管理制度を整備する。高度人材による起業に対しては、最大500万元までのRD補助金を支給する。

遼寧自由貿易試験区大連エリアは今後、実施細則を制定し、各奨励策を着実に実施するとしている。(李穎)                              *JCCB:中国の自由貿易試験区 中国に進出を考えている日本会社へ 

 

カラオケ文化はもはやオワコン? 中国で激減するカラオケ店

中国卡拉OK文化已落後時代?在中国卡拉OK店鋭減 

                                      東方新報/AFPBB News  2021/08/25

【東方新報】中国でかつて代表的な「夜の娯楽」だったカラオケ店が急激に閉店している。若者のカラオケ離れが進み、今や「オジサン、オバサンが集う時代遅れの遊び」とみられている。

 中国の企業情報サイト「企査査(Qichacha)」によると、今年3月時点でカラオケ店を経営する企業者は64000社。ピーク時の12万社からほぼ半減した。

 日本の経営スタイルの影響を受けたカラオケ店は1990年代後半から中国各地に広がり、2000年代に急成長を遂げたが、2015年ごろから斜陽化が始まった。不動産価格や人件費の高騰、著作権料の支払いなどで収益率が低下。また、公衆電話ボックスのような形をした12人向けの無人店舗「ミニカラオケ」がショッピングセンターやレストランなどに次々と設置され、カラオケ市場の「共食い」が起きた。さらに、「1人カラオケ」を楽しめるスマートフォンアプリが登場。メロディーに合わせて歌った曲を録音して友人とシェアすることができ、カラオケ店離れに拍車を掛けた。そして新型コロナウイルス感染症が流行した2020年は多くのカラオケ店が一時休業に追い込まれ、業界の売上高は前年比53.3ポイント減の5969000万元(約112億円)に落ち込んだ。

 若者のカラオケ離れは特に顕著だ。中国の10代後半から30代の間では今、「劇本殺」という体験型ゲーム店で遊ぶことが流行している。架空の殺人事件を巡り、個別の役を割り振られた参加者たちが探偵ドラマのように推理し、犯人役を突き止めるもの。店舗の貸衣装を着てメークをすることもあり、ドラマの俳優のような体験ができるのが人気だ。カラオケ店から劇本殺の店に変更する店舗も増えている。上海市でくら替えした経営者は「カラオケ店は値下げ競争が続き、5人向けのカラオケルームの値段は4時間でたったの169元(約2865円)。劇本殺は5人のパーティーで1138元(約2339円)の参加料が取れる」と説明する。他にも「脱出ゲーム」やボードゲーム、カードゲームの店舗が人気となり、「もう何年もカラオケに行っていない」という若者は多い。

 最近のカラオケ店は、若い頃にカラオケを楽しんだ40代以上の「オジサン、オバサン」が懐メロを歌う場所というイメージが定着しつつある。カラオケ業界では、中高年により重点を置いた店舗経営や、パーティー利用を想定した経営モデルや高級化路線などで生き残りを図ろうとしている。

【翻訳編集】(c)東方新報/AFPBB News

*JCCB:中国のカラオケ文化 

 

カボチャ界のビッグマック!重さ100キロの巨大カボチャを作るには?四川省

南瓜業的巨無覇!生産100kg重的南瓜?四川省  人民網日本語版 2021/08/25

四川省成都市郫都区でこのほど、カボチャ界のビッグマックと言ってもいいほどのサイズで、重さが100キロもある巨大カボチャの目撃情報が寄せられた。この巨大カボチャは郫都区徳源街道(エリア)にある「花語繽紛田園総合体」で育てられた作物だという。人民網が伝えた。

巨大カボチャがこれほどの大きさになるまで育つには、優れた品種であるだけでなく、育てる過程での科学的な管理が特に重要なのだという。この農業複合施設では、農業ハイテクノロジーやモノのインターネット(IoT)設備技術のほか、自動温度コントロールやスマート噴霧器、水・肥料一体化マシンといったスマート化設備を導入し、さらには農業者による細やかな世話のもと、4ヶ月ほどかけてこれほど巨大なサイズのカボチャに育て上げている。(編集TG)      *JCCB:中国農業 南瓜

©人民網日本語版

 

2021年中国-東北アジア国際貿易デジタル展示会オンライン開幕

2021年中-東北亜国際貿易数字展線上開幕    人民網日本語版 2021/08/24

中国国際貿易促進委員会が主催し、中国国際展覧センターグループが実施を引き受ける2021年中国-東北アジア国際貿易デジタル展示会が8月23日、「貿易促進クラウド展」プラットフォーム(CCPIT Expo Platform)で開幕した。

同展示会は、中国国際貿易促進委員会が2020年に開催した第1回中国-東北アジア(ロシア)国際貿易デジタル展に続き、再び東北アジア地域を対象にして開催する国際貿易デジタル展となる。今回の展示会は中国企業が出展主体となっており、「貿易促進クラウド展」プラットフォーム(CCPIT Expo Platform)を活用して、企業に向けてオンライン展示、交流・商談、的確なマッチングなどのサービスを提供し、デジタル展示プラットフォームを駆使して中国企業と関連国の経済貿易関係を開拓し、東北アジア地域の経済協力を深化することを目的としている。

今回の展示会は「一帯一路」(the Belt and Road)戦略の実行を加速させ、ポストコロナ時代の地域的経済協力一体化のプロセスを促進する重要なプラットフォームであり、計1023社の企業が出展し、ロシア、日本、韓国、モンゴルなどの国と地域から1万社を超える買付業者がオンラインで展示会場を訪れ、マッチングに臨むことが見込まれる。展示品は農業、医療・防疫、美容・ファッション、建築資材、スマート製造、自動車及び部品、情報通信、労働保護・安全防護、機械設備、ビジネスサービスなど多くの分野に及んでいる。このうち、「中国ブランド」展示エリアでは中国ブランド企業や製品、サービスを際立たせて展示し、中国ブランドの良好なイメージを確立している。「サービス貿易」展示エリアでは優れたサービス貿易系企業を厳選して展示し、「中国サービス」の海外進出を推進し、グローバル産業チェーン、バリューチェーン、物流チェーンに深く溶け込むことに力を入れている。

また、今回の展示会には、新たにアップグレードされた「貿易促進クラウド展」プラットフォーム(CCPIT Expo Platform)が活用されている。テンセントのCRMプラットフォーム「騰訊企点」や「テンセントミーティング」、「テンセント同時通訳」、「テンセントVR」を含むテンセント・クラウド傘下の多くの製品と連携できるのみならず、多様な会議・展示シーンと出展のニーズにも対応でき、企業が展示会に足を運ばなくても、注文をつかみ、市場を開拓し、輸出を促進するうえで効果的なツールとなっている。

会期中には、農業、スマート製造、消費財、資材、衛生防疫物資、自動車部品の6つのテーマ別にオンラインマッチング会も開催され、中国企業と東北アジアの専門バイヤーとのより深いオンライン交流を図り、双方の取引の利便性を向上させる。                                          *JCCB:中国の展示会 日本企業も出展 日本関係社へ

 

サービス業が日本を含む各国企業により大きな発展の可能性

中国服務業包括日本的各国企業有更大的発展可能性 

                                           人民網日本語版 2021/08/23

世界初のサービス貿易分野における総合的展示会としての中国国際サービス貿易交易会は、中国サービス業の対外開放の重要な窓口で、中国国際輸入博覧会、中国輸出入商品交易会(広交会)とともに中国の対外開放3大展示会プラットフォームを構成している。

前身の中国(北京)国際サービス貿易交易会が2012年にスタートしてから、サービス貿易交易会はこれまでに6回開催され、今年で7回目となる。展示面積は第1回の5万平方メートルから第6回の165千平方メートルに拡大した。出展企業数は第1回の1千社あまりが第6回の2100社あまりに増えた。意向成約額は第1回の6011千万ドル(1ドルは約109.9円)から第6回の10506千万ドルに増加した……規模は大きくなり、影響力は日増しに高まり、こうしたサービス貿易交易会の発展・成長は、中国が対外開放の拡大をぶれずに進めたことによる大きな成果であり、また「中国の開放のドアを閉じることなく、ますます大きく開いていく」とする中国の決意の現れでもある。

サービス業は今や中国経済の半分を担う存在だ。2019年のサービス業付加価値額が国内総生産(GDP)に占める割合は53.9%に達し、経済成長への寄与度は59.4%に達した。今年816日には、国家統計局の付凌暉報道官が今年7月の国民経済運営状況を説明する中で、「中国のサービス業が絶えず発展し、1-7月のサービス業生産指数は前年同期比19.6%増加し、2年間(2019年と2020年)の平均増加率は6.5%だった、こうしたデータから中国サービス業の発展が好転を続けていることがわかり、各国の企業により大きな発展の可能性を提供することになる」と指摘した。

中日両国は経済の相互補完性が高く、協力の可能性は非常に大きい。今回のサービス貿易交易会では日本貿易振興機構(ジェトロ)が日用品を中心に、消費財、食品、介護サービスなどさまざまな分野が補完する形で、日本企業16社の出展を決定した。ジェトロ市場開拓・展示事業部の石原賢一総括審議役(展示事業担当)は取材に対し、「中国国際サービス貿易交易会は重要な国際経済貿易イベントであり、各国企業の協力における重要なビジネスプラットフォームになる。日本企業が独自の特色ある製品とサービスを十分に展示できることを期待する」と述べた。(編集KS)                            *JCCB:中国の展示会、日中貿易、サービス産業

 

中国国際スマート産業博覧会2021を訪ねて

訪中国国際智能産業博覧会2021)           人民網日本語版 2021/08/23

中国国際スマート産業博覧会2021組織委員会は22日、メディア関係者を博覧会会場での取材に招いた。同博覧会は23日から重慶市の重慶国際博覧センターで開幕する。今回は「スマート化:経済にエネルギーを与え、暮らしに彩りを添える」をテーマに、会期は3日間で、600社を超える企業がオンラインまたはオフラインで出展する。新華社が伝えた。(編集KS)                   *JCCB:中国の展示会

 

太陽光発電によるNEV充電施設が運用開始 天津市

太陽光発電的NEV充電設施運営開始 天津市           新華社 2021/08/22

 【新華社天津822日】中国天津市の津門湖新エネルギー車(NEV)総合サービスセンターがこのほど、運用を開始した。同センターは充電スペース71台分と多種類充電スタンド63本余りを設置し、電力供給は屋根に取り付けた852枚の太陽光パネルから行う。ロボットによる自動充電、ワイヤレス充電、プラグ・アンド・チャージ、自動電池交換、手動充電の5種類の充電サービスを提供する。

© 新華社

*JCCB:中国エネルギー産業・自動車産業・ロボット産業

 

山東省内最大級の日中間経済交流イベント「対話山東」開催

山東省内最大日中経済交流活動「対話山東」召開Jetro ビジネス短信 2021/08/20

中国の山東省人民政府と、中国国際貿易促進委員会(CCPIT)、ジェトロが共催する省内最大規模の日中間経済交流イベントの第2回「対話山東-日本・山東産業協力交流会」が813日に開催された。日本と山東省の政府・経済界関係者がオンラインで参加した。

2020年はオンラインとオフライン併用で行ったが、今回は直近の中国国内での新型コロナウイルス再流行も踏まえ、急きょオンラインのみでの開催となった。オンライン視聴者は7万人を超え、前年の28,000人を大幅に上回った。

会議には山東省共産党委員会の劉家義書記、李幹傑省長も出席した。冒頭、江島潔経済産業副大臣、垂秀夫駐中国大使、村岡嗣政山口県知事、伊澤正日中経済協会理事長などによるビデオメッセージが紹介され、ジェトロの佐々木伸彦理事長もオンラインで登壇しあいさつした。

会議では、日中双方の経済専門家による山東省と日本との提携トレンドについて分析・講演が行われた。中国側講師の黄少安山東大学経済研究院院長は、農林水産業分野での連携・補完の可能性について言及した上で、日本のシルバー産業の多面性・多層性や医薬製造業における日本の強みである規模・研究開発・市場ニーズ分析などについて山東省側は学ぶべきと述べた。

日本側講師の瀬口清之キヤノングローバル戦略研究所研究主幹は、山東省の日系企業は主に低賃金労働力を活用した輸出主導型モデルによるものが多いが、中国の賃金の大幅上昇や、内需の急速な拡大、消費者ニーズの高度化などが進む中で、このモデルの収益力低下が不可避と指摘した上で、中国国内市場重視の姿勢への転換、製品の高付加価値化、技術力重視の人材確保が必要と述べた。さらに、有力産業分野として新インフラ建設、グリーン産業、ヘルスケアを挙げた。

併催イベントとして「中日エコ産業マッチング会」と「山東省都経済圏(済南市、淄博市、泰安市、聊城市、徳州市、浜州市、東営市)PRセミナー・マッチング会」が開催された。今後も関連の商談会イベントなどが11月まで継続的に行われる。(朱秀霞)                                       *JCCB:日中経済交流

 

ISS中継で宇宙学ぶ 古仁屋小児童らも視聴 文科省・JAXA主催

ISS実況学習宇宙 古仁屋小学児童視聴 文科省・JAXA主催 

            南海日日新聞 2021/07/08

文部科学省と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は6日、国際宇宙ステーション(ISS)から中継放送する特別講座を動画投稿サイト・ユーチューブで配信した。瀬戸内町の古仁屋小学校(鶴田和仁校長、児童297人)では、児童と保護者ら約30人が視聴。無重力ならではの生活や現象などを実験も交えて学び、宇宙を身近に感じた。

省略

講師は、ISSに長期滞在中の星出彰彦さん(52)。2014年の若田光一さん(57)以来、日本人2人目のISS船長に就任した。地上会場の茨城県、筑波宇宙センターでは、宇宙飛行士の油井亀美也さん(51)も参加した。

省略

宇宙への「出張」2ヶ月、中国の宇宙飛行士の暮らしぶりは?

宇宙「出差」2個月、中国宇宙飛行士的生活様子? 

           人民網日本語版 2021/08/20

617日に有人宇宙船「神舟12号」の打ち上げが成功してから現在までで、宇宙飛行士の聶海勝氏、劉伯明氏、湯洪波氏の宇宙への「出張」はすでに2ヶ月にのぼる。宇宙遊泳、設備交換、実験・操作、日常的なフィットネス、荷物の真空収納、「宇宙の家」の飾り付け構築されたばかりの宇宙ステーション内で、地上チームの念入りの準備と力強いサポートを受け、宇宙飛行士が充実で快適な宇宙生活を送っている。人民日報が伝えた。

省略



©南海日日新聞

*JCCB:日本宇宙飛行士 宇宙食

©人民網日本語版

*JCCB:中国宇宙飛行士 宇宙食

 


中国、日本最大の輸出市場の座をキープ

、日本保持最大出口市場的宝座          人民網日本語版 2021/08/19

日本の財務省が18日に発表した速報値の統計結果の報告によると、日本の今年7月の輸出は中国や米国などの海外市場のニーズにけん引されて、前年同期比増加率が37%になり、引き続き急速に増加した。新華社が伝えた。

同報告によれば、中国をはじめとする主要輸出市場の経済が回復して力強さを見せ、ニーズも旺盛だったことから、自動車、鉄鋼、自動車部品などの分野の輸出が前年同期比大幅に増加し、7月の輸出額は73600億円に達して、5ヶ月連続の前年比プラス成長になった。

輸入の面では、資源類製品の価格が上昇を続けたことなどの影響で、原油、鉄鉱石、非鉄金属などの輸入増加幅が大きくなり、7月の輸入額は同28.5%増の6兆9200億円に達した。同月の輸出から輸入を差し引いた貿易収支は4410億円の黒字だった。

国と地域別に見ると、同月の対中輸出は同18.9%増の1兆5800億円で、プラスチック、半導体製造設備、半導体部品などの分野で増加幅が大きかった。7月末現在、日本の対中輸出は13ヶ月連続の増加となった。中国は日本最大の輸出市場の座をキープした。

また同月の日本の対米輸出は同26.8%増の13800億円となり、対欧州連合(EU)輸出は同46.1%増の6400億円で、いずれも5ヶ月連続のプラス成長を達成した。(編集KS

*JCCB:日中貿易

 

中国国際スマート産業博、31カ国・地域が参加 重慶市

国際智能産業博覧会、31個・地区参展 重慶市)    新華社 2021/08/19

 【新華社重慶819日】中国重慶市で、2021年中国国際スマート産業博覧会が2325日の日程で開催される。

 重慶市の副市長で同市経済信息(情報)委員会主任の陳金山(ちん・きんざん)氏によると、今回は31カ国・地域から企業610社余りが会場またはオンラインで出展し、展示面積は7万平方メートルに上る。

 今回の博覧会は産業インターネットに焦点を当て、実際の応用シーンに重点を置いた包括的な体験型展示が予定されている。(記者/劉恩黎)

*JCCB:中国の展示会

 

3ヶ月独学して水中「変臉」パフォーマンスをマスター 甘粛省蘭州

自学3個月掌握水中「変臉」演技 甘粛省蘭州)    人民網日本語版 2021/08/18 

甘粛省蘭州市に住む閆慶平さんは水族館の潜水員で、四川の伝統芸能・川劇が大好き。動画で偶然、瞬時に瞼譜(隈取)を変える伝統技巧の「変臉」を同業者が水中で演じているのを目にした閆さんは、3ヶ月間ネットで独学し、衣装や道具を水中に適したものに改良。そうして完成させたパフォーマンスが観客から好評を博している。閆さんはこのパフォーマンスを行うことで川劇を伝承していきたいと考えているという。人民網が伝えた。(編集AK

©人民網日本語版

*JCCB:中国文化

 

蔦屋のポップアップストアが上海にオープン

蔦屋上海Pop-up Store開業                人民網日本語版 2021/08/17

蔦屋書店が上海に出店した「上海上生新所蔦屋書店」の中国初のポップアップストアが16日から25日にかけて、上海新天地時尚I1階中庭にオープンする。このポップアップストアは「飲食美育」をメインテーマとしているため、「好好吃飯」(しっかりご飯を食べる)と名付けられた。

日々の食事を大切にするという観点から、このポップアップストアは蔦屋書店内の食材やレシピ、お酒やドリンク、文化・美学などに関する中国語や外国語の本・雑誌を2000冊以上セレクトした。本の内容は、現在人気の食生活やライフスタイルなどに関する世界の新しい情報のほか、おなじみの料理や伝統工芸の紹介もあり、本で美食の世界を楽しみ、生活の美を味わうことができる。

蔦屋書店の祁祺店長は、「食は人々の五感を刺激し、そこには最もシンプルな形で文化や歴史、風土、感情が宿っている。そしてそうした力があるからこそ、食は人の心を癒やし、未知の領域へと誘うことができる」と述べた。

ポップアップストアに展示されているアート作品は、上海に暮らし、活躍するアーティスト・陳欣氏によるものだ。陳氏の最近の作品は、絵画とインスタレーションによって、デジタル時代のデータライフが自由な意志や記憶、身体などにもたらす変化を表現しようとしている。

陳氏は、「科学技術は私たちと身体との距離をますます遠ざけており、個人の感情表現の環境と土壌に変化が生じている。感情を中心とする体験はネット上で微々たるものに見えるが、不条理に瞬時にして拡大されることもある。データが自由を拭い去ると同時に、自由と身体が欲求と抑圧の中で循環を繰り返す。これらの絵画作品に植物の要素を盛り込んだのは、植物がもたらす成長の力を借りて、断片化する生活に抵抗し、時間を引き延ばすためだ」と説明している。(編集YF)                                         *JCCB:日中文化

 

中国がダイヤより硬い新型材料の合成に成功

中国成功合成比鉆石更硬的新型材料         人民網日本語版 2021/08/15

国家重点実験室の1つである燕山大学準安定材料生産技術・科学国家重点実験室は14日、新型の非晶質材料(AM-III)の合成にこのほど成功したことを明らかにした。非晶質材料はガラス材料とも呼ばれる剛性固体で、暮らしの中でよく見かけるガラスは典型的な非晶質材料だ。専門家によると、このAM-IIIの密度はダイヤモンドの密度に相当し、ビッカース硬さ(HV)は113GPaに達し、単結晶ダイヤモンドに傷を付けることができるほど硬いという。(編集KS)       *JCCB:日本の素材関係社(者)へ

 

日本の医療機関、海南省ボアオに精密健診センター開設

日本医療機構、在海南博鰲開設精密健康体検中心)    新華社 2021/08/14

【新華社海口814日】日本の大北メディカルクリニックと中国の博鰲(ボアオ)楽城先進医学科技転化センター(AMTTC)が共同で設立した「大北家中日健康診断センター」がまもなく、海南省のボアオ楽城国際医療旅遊先行区にオープンすることになり、同先行区への国際標準健診センター誘致が実現する。同センターは現在、開業準備を急いでおり、9月から試験運用が始まる予定となっている。

 大阪市にある大北メディカルクリニックは、室町時代に開業し、700年の歴史を持つ。プロジェクト開始後、「大北家中日健康診断センター」は世界的な最先端がん予防技術と先進的医療機器を駆使し、日本の医療検査や未病診断などの医療サービスを提供する。同クリニックの松永敦院長や健康診断センターの主任検査専門家の池淵透氏ら日本の専門家も、年内にボアオで診察に当たる。

同先行区管理局の責任者によると、今回のプロジェクトによって、先行区の医療・健康サービスの国際的な連動がさらに進み、国際化水準が向上し、観光と健診が高度に融合、発展した国際医療ツーリズムの目的地構築が推進される。

 AMTTCは、先行区管理局と全国衛生産業企業管理協会転化医学産業分会(CCTMIS)が共同で設立した。2019年からアステラス製薬やメニコン、参天製薬、武田薬品工業など、複数の日本の製薬会社や医療機関らが同先行区と協力を進めており、多くの世界的な革新医薬品や医療機器が、先行区を通じて中国市場に進出している。(記者/厳鈺景)

*JCCB:日本の医療や介護関係社へ

 

昆曲「牡丹亭」が見事な田んぼアートに 江蘇省昆山市

昆曲「牡丹亭」現于精彩農田藝術 江蘇省昆山市 

           人民網日本語版 2020/08/11

 

88日、江蘇省昆山市張浦鎮尚明甸村で、昆曲「牡丹亭」のデザインや「郷野硅谷(シリコンバレー)」、良渚文化などの文字が描かれた田んぼアートを上空から撮影した。この場所はもともと養魚池とスッポン養殖場だったが、「養魚地を田畑に転換」計画が始まってから、尚明甸村は観光農業資源の開拓を進め、立体感あふれる田んぼアート作品で農村の自然景観をグレードアップし、村と自然の調和がとれた田園環境を作り上げてきた。中国新聞網が伝えた。(編集KM

富士山と白波、歌舞伎役者…迫力の「田んぼアート」

富士山和白波、歌舞伎演者…動人的「農田藝術」 

               読売新聞 2021/08/14

埼玉県行田市小針で、4種の色違いの稲を使った「田んぼアート」が2年ぶりに出現し、見頃を迎えている。

 昨年は新型コロナウイルスの影響で中止となったが、今年は6月に延べ約540人の市民らが県のブランド米「彩のかがやき」など4品種の苗を植え、成長とともに穂の色が緑、赤、白、黒に変化して絵が浮かび上がった。

 今年のテーマは「田んぼに甦(よみがえ)るジャポニスム~浮世絵と歌舞伎~」。約2.8ヘクタールの田んぼに富士山と白波、歌舞伎役者があしらわれている。田んぼアートは2008年に始まり、今年で13回目。15年には世界最大として、ギネス世界記録に認定された。

 全体像は、近くの古代蓮会館の展望室(地上約50メートル)から眺めることができる。市担当者は「コロナ禍なのでぜひ足を運んで、とは言いがたいが、2年ぶりの迫力ある田んぼアートを楽しんでもらえれば」と話している。見頃は稲刈りが行われる10月中旬頃まで。



©人民網日本語版 昆山市張浦鎮の田んぼに描き出された見事な昆曲「牡丹亭」田んぼアート(撮影泱波)。

*JCCB:中国の文化

© 読売新聞 迫力満点の歌舞伎役者などがお目見えした田んぼアート

(7日、行田市小針で)

*JCCB:日本の文化


【中国】外資参入ネガティブリスト、近く公表か[経済]

【中国】外資進入負面清単、近期公布?[経済]    株式会社NNA 2021/08/13

12日付中国証券報(電子版)によると、中国政府は近く、外資の市場参入の規制分野を一覧化した「市場参入ネガティブリスト」の2021年版を公表する見通しだ。修正作業は既に完了したという。サービス業の開放が重点措置になるとみられている。

外資のネガティブリストは20年版までの4年連続で修正。規制措置は従来に比べ3分の2近く減少した。商務省研究院国際市場研究所の白明副所長は、製造業の開放が一段落したことで、21年版の修正の重点は「サービス業の秩序ある開放」になると指摘。文化や医療、航空などの分野で開放余地が大きいとの指摘もある。

外資による中国への21年1~6月の直接投資(FDI)実行額(金融・証券・保険関連を除く)は、前年同期比28.7%増の6,0784,000万元(約103,600億円)だった。同期の伸び率としては直近約10年で最も高く、金額ベースでは同期の過去最高を更新した。新型コロナウイルスが流行する前の19年同期と比べても27.1%増えた。

商務省は7月、外資による中国へのFDIが2125年の間に計7,000億米ドル(約773,000億円)になるとの見方を示した。25年にはFDIの3割がハイテク分野になるとみている。                                       *JCCB:中国に進出と考えている日本関係社へ

 

阿波おどり 2年ぶり開幕告げる前夜祭 感染防止対策講じ 徳島

阿波舞 時隔2年宣告開幕的前夜祭 採取感染防止対策 徳島 NHK 2021/08/12

2年ぶりとなる徳島市の阿波おどりの開幕を告げる前夜祭が12日行われ、感染対策を講じたうえで踊り手たちが久しぶりの晴れ舞台に臨みました。

徳島市の阿波おどりは、新型コロナウイルスの影響で去年、戦後初の全日程中止となりましたが、ことしは規模を縮小し、観客も県内在住者に限定したうえで12日から4日間行われます。

市内のホールで12日、開幕を告げる前夜祭が行われ、2つの団体が出演しました。

このうち「徳島県阿波踊り協会」は100人ほどがあでやかな女踊りや、かわいらしい子ども踊り、勇壮な男踊りを披露しました。

また「阿波おどり振興協会」は、四国を代表する大河、吉野川の流れをイメージした踊りなどを行い観客から拍手がわき起こっていました。

家族で訪れた30代の男性は「迫力があって感激しました。去年中止になってさびしかったので、久しぶりに生で見られてよかったです」と話していました。

今回の阿波おどりでは、踊り手が距離を取ったり座席の間隔を空けるなどの感染防止対策が講じられます。

主催する徳島市の内藤市長は「コロナ禍で縮小という形ではあるが開催できてとてもうれしい。世界一の阿波おどりの伝統を絶やさないという思いを新たに4日間やり抜きたい」と話していました。                               *阿波おどり(阿波踊り)(阿波舞)⇒豆知識・小知識

©NHK

*JCCB:日本の歴史文化

 

貨幣の起源に迫る! 中国で発掘された世界最古の造幣局

迫近貨幣起源! 中国発掘出世界最古的造幣局  GIZMODO tamori 2021/08/12

中国河南省の遺跡にある鋳造作業場で、紀元前640550年頃にかけて造幣が行なわれていたことが分かりました。道具、装身具などに加えて標準化された貨幣も製造されていたこの鋳造作業場は、放射性炭素年代測定によって年代が確認された最古の造幣局となります。

発見された鋳造貨幣は一般的な硬貨とは見た目が異なる空首布(くうしゅふ)と呼ばれるもので、数千年前は貨幣の役割を果たしていました。学術誌Antiquityに掲載された最新研究は、このいびつな形をした通貨を紀元前640550年頃にかけて製造していた、古代の造幣局の発見について詳しく説明しています。研究を率いたのは鄭州大学の考古学者Hao Zhao氏です。

世界最古の造幣局発見の意義

前述の年代が意義深いのは、中国河南省滎陽市にあるこの鋳造作業場が今や世界最古の造幣局となるためです。従って、人間の歴史の流れを変えた鋳造貨幣の起源に光を投じているのです。

それは誇張ではなく、最新研究の考古学者らは「貨幣を使用できることが、物質的にも観念的にも経済と社会制度を著しく作り変えた」、そして商業的な交換を促すことに加えて、貨幣は「人間社会に富、名声と権力の新たな評価方法をもたらした」とも書いています。しかし彼らが指摘するように、鋳造貨幣の「起源と初期の歴史」と「それらがどんな社会動学の下で発達したかは、依然として議論の的のまま」なんだとか。

最古の鋳造貨幣は中国、リディア王国(小アジア)とインドに遡ります。これらの場所と関係のある古代の造幣局はおよそ同時代のものですが、どこも放射性炭素による年代測定はされていません。そして興味深いことに、アナトリア半島あるいは古代ギリシアの造幣所跡で紀元前400年より前に存在していたと判明しているものはありません。今回の発見があった鋳造作業場「官荘遺跡」は、放射性炭素による年代測定が行われて「年代が確認された、世界最古の造幣所跡」となったのでした。

省略

貨幣の起源が解明されるかも

この鋳造作業場の立地が注目に値するのは、貨幣の起源について何か分かるかもしれないからです。金属貨幣を使うという案を最初に思い付いたのは商人だと主張する考古学者と人類学者もいますが、作業場の立地は市内中心部の行政区につながる門近くで国の役人が関わっていたと示唆しています。「官荘の造幣局の発見は、貨幣生産の開発初期において政治家の影響力の役割を考慮に入れろと気付かせてくれる」と科学者らは書いています。鋳造作業場の起源はまだ分かっていませんが、研究者らが指摘するように「造幣活動は少なくとも、地元政府に認められていた」ようにみえます。

この発見は通貨がテクノロジーのひとつであり、徐々に進化しているということも気付かせてくれます。現在、造幣は新たな形態をとって、富を生成するために様々な暗号通貨のマイナーが電力を大量に消費するサーバーファームを使っています。こうなって来ると気になるのは数百年後の通貨。一体どんな形になるのか分かりませんが、今は最先端を行く暗号通貨が布銭並みに原始的に思えるようになるのでしょうか。  Source: Cambridge Core,

© Image: Hao Zhao 空から見た古代の鋳造作業場

*JCCB:中国の歴史文化

 

中国アパレル企業、16月の売上高13.0%増

中国服企業、16銷售額13.0             新華社 2021/08/11

【新華社北京811日】中国工業・情報化部はこのほど発表した全国の一定規模(年商2千万元、1元=約17円)以上のアパレル企業12467社の16月の売上高は前年同期比13.0%増の6534億元だった。利益総額は13.9%増の274億元で、利益率が4.2%と0.03ポイント上昇した。生産量は20.0%増の1132300万点だった。

 国家統計局が7月に発表した16月の社会消費財小売総額は前年同期比23.0%増の211904億元。うち、限度額(卸売業年商2千万元、小売業年商500万元)以上の企業のアパレル製品小売額は37.4%増の4875億元だった。実物商品のオンライン小売額は18.7%増の5263億元で、うち衣類のオンライン小売額は24.1%増加した。

 衣類・衣類付属品の輸出額は前年同期比40.3%増の715億ドル(1ドル=約111円)だった。

 *JCCB:日本アパレル関係社へ

 

官荘遺跡で世界最古の貨幣鋳造所を発見 河南省

官荘遺跡発見世界最古的貨幣鋳造所 河南省)         新華社 2021/08/11

【新華社鄭州811日】中国河南省の鄭州大学考古学チームはこのほど、同省滎陽(けいよう)市の官荘遺跡で見つかった銅鋳造工房が、紀元前640~同550年に金属本位貨幣の鋳造を始めていたことを放射性炭素年代測定で確認したと明らかにした。

 同遺跡は、西周から春秋時代中期にかけての保存状態の良い都市遺跡で、紀元前約800年に建設され、同約450年に遺棄された。2010年に始まった発掘調査では広大な手工業工房跡が見つかり、銅の鋳造や陶器・骨器の製造など各種手工業活動が行われていたことが分かった。

 同校考古学科の韓国河(かん・こくが)教授によると、青銅鋳造工房は大城内の中央部北側にあり敷地面積も広大だった。発掘調査では柄が空洞の「空首布」などの布幣鋳造に関連する4種類の遺物が見つかった。

 発掘チームを率いた郜向平(こう・こうへい)氏は「発掘現場から鋳造廃棄物を大量に捨てた坑が見つかった。一つの坑からは金属貨幣の完成品が2枚出土し、うちSP-1と名付けた方は、復元した長さが143ミリ、幅が63.5ミリだった」と説明。遺跡から出土した貨幣は春秋戦国時代に流通していた空首布で、中国で最も早い時期に鋳造された金属貨幣の一つだと語った。

 調査の結果、同遺跡で銅の鋳造が始まったのは紀元前814~同750年で、その後の約150年間で青銅製の礼器や武器、車馬器などを集中的に生産していたことが分かった。貨幣の製造は紀元前640~同550年に始まり、工房では青銅製の礼器や武器の生産と並行して金属製の本位貨幣も鋳造するようになった。

 今回の年代データは中国の初期貨幣鋳造遺跡に関する最初の絶対年代情報となり、同遺跡は放射性炭素年代測定で確認できる世界最古の貨幣鋳造工房遺跡となった。研究成果は考古学学術誌「Antiquity」に掲載された。

 韓氏は、人類の経済発展史で金属本位貨幣の鋳造は極めて重要な節目になると説明。貨幣鋳造工房は貨幣が生産された年代を研究する上で明確な考古学的根拠になるだけでなく、金属貨幣の発展過程における社会・経済メカニズムも反映していると語った。(記者/桂娟、史林静)

© 新華社

*JCCB:中国の歴史文化

 

武漢市で「日中グリーン低炭素脱炭素第三国市場協力交流会」を開催

武漢市召開「日中緑色低炭脱炭第三国市場合作交流会 

                                             Jetro ビジネス短信 2021/08/10

中国・湖北省武漢市で729日、中国機電産品輸出入商会(以下、機電商会)、ジェトロ、日中経済協会の主催で、「日中グリーン低炭素脱炭素第三国市場協力交流会」(以下、交流会)を開催した。本交流会は、カーボンニュートラルの実現に向けて日中双方でグリーン・低炭素分野での協力を強化し、中国国内に加え、第三国市場も視野にいれた経済分野の協力拡大を目的に、日本側は大使館、NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)、日本銀行など、中国側は商務部、国家発展改革委員会などの政府機関も参加した。

中国において大規模な第三国市場協力をテーマとした交流会の開催は、2018年の第1回日中第三国市場協力フォーラム(注)以来となる。日中両国の政府関係者をはじめ、経済団体やグリーンおよびインフラ関連を今後のビジネス分野として企業の代表者(約140人)が参加、オフラインとオンラインを合わせると参加者は200人以上となった。

交流会では、商務部の任鴻斌部長助理、在中国日本大使館の垂秀夫大使が祝辞を述べたほか、十数社・団体の代表が発言を行った。参加した一部の企業からは、中国で開始する新しいビジネスの説明もあった。

商務部の任部長助理は「日中両国はともに経済大国であり、隣国でもある。幅広い分野で共通の利益と協力の余地を有している。経済貿易分野での協力は、新型コロナ禍にも対抗しうる強靭(きょうじん)性を示している」と述べ、第三国市場での協力拡大に期待した。

また、機電商会とジェトロ、日中経済協会は共同で「日中第三国市場協力事例集」を発表した。インフラやグリーン低炭素、グリーン金融、設備製造、交通物流などの分野における協力モデルや関連プロジェクトの運営状況などを紹介した。

湖北省商務庁港弁公室の楊青松副主任は「湖北省と日本は一貫して友好的な協力関係を維持しており、日本を代表する企業も多く進出している。湖北省はさらに対外開放を拡大し、日本との経済貿易面での協力を深化させ、友好的な交流のプラットフォームを提供していきたい」と述べた。

(注)第1回日中第三国市場協力フォーラムは、中国の商務部や国家発展改革委員会、日本の経済産業省主催で20181026日に開催された。(李成一)

*JCCB:グリーン低炭素脱炭素の日本関係社へ

 

食事にサプリ、トレーニング 若者がヘルスケアを重視するのはなぜ?

餐食加健康食品、鍛錬 年軽人重視保健為何?)   人民網日本語版 2021/08/10

最近、ヘルスケアに気を使う若者がますます増えている。そこに映し出されるのは若者が自分の健康に関心を払い、キャリアアップを追求すると同時に、健康的な生活で強い体になりたいと考えていることだ。なんといっても、健康こそ人生で最大の財産だからだ。人民日報海外版が伝えた。

体と心の健康はどちらも同じように重要

 省略

ヘルスケア消費に熱心な若者が市場の活力を非常に大きくかき立てる一方で、市場もこうした若者のためにより多様化した商品とサービスを打ち出す。痩せて体型をキープ、運動と栄養をサポート、目と脳によい、バイオプロティクスなどをうたうサプリメント、生薬の阿膠や黒ごま丸薬などの栄養補助食品、血圧計や血糖測定器などの家庭用医療機器、睡眠サポート、ジム、鍼灸、マッサージなどのヘルスケアサービス……細分化したヘルスケアニーズと日々ますます豊富になる市場サプライが相互に促進し合って、質の高い暮らしに対する若者の要求をさらに高く押し上げている。

(編集KS)                                            

*JCCB:サプリメント・家庭用医療機器器具・中国の若者市場に日本関係社へ

 

PCR検査会場医療スタッフの「暑さ対策の神器」 湖北省武漢

PCR検査会場医療人員「暑熱対策神器」 湖北省武漢 

                                           人民網日本語版 2021/08/10

湖北省武漢市では、数日前から、全市民を対象とする大規模なPCR検査を実施しており、高温・酷暑が医療スタッフにとって大きな試練となっている。6日、武漢東湖路コミュニティに設けられたPCR検査会場では、武漢大学人民病院(湖北省人民病院)腎臓内科二科の張苗看護師が特殊な防護服一式を着用して、人々の関心を集めた。中国新聞網が伝えた。

張看護師が身に着けていたこの特殊な装備は医療用陽圧式化学防護服(送風装置付)で、従来は重篤患者の救護や気管切開・挿管作業時に用いられ、エアロゾル感染リスクを最大限抑えるために使われる。医療スタッフにより快適な着用環境を提供し、より広い視野で作業することも可能となっている。

(編集KM

©人民網日本語版

*JCCB:日本空調服関係者へ

 

パナソニック中国事業トップの本間氏、第4回輸入博にも期待

松下中国事業最高層本間社長、期待4届進博会       新華社 2021/08/09

【新華社上海89日】日本の家電大手パナソニックが中国上海市で115日に開幕予定の第4回中国国際輸入博覧会への出展に向け、準備を進めている。同社の社内カンパニー「中国・北東アジア社」の本間哲朗社長に話を聞いた。

 パナソニックは今回で4回連続の出展となる。本間氏は、コロナ禍でも中国への投資を拡大することについて、輸入博の出展効果の高さが中国事業の自信につながっている、「中国への期待は高い」と語った。

本間氏は、例として、昨年の第3回輸入博に出展した「歩行トレーニングロボット」を挙げた。利用者に合わせたトレーニングを設定し、歩行能力を向上させる訓練ロボットで、今年3月に中国市場で発売すると人気商品となった。

 その他、第3回では温度管理や湿度管理、空気清浄など六つの機能を一体化させた六恒気候ステーションを全世界に先駆け初公開した。本製品は江蘇省宜興市の高齢者向けタウン「雅達・松下社区」に導入されている。同じく第2回で出展された介護用分離型電動ベッド「リショーネ」は「雅達・松下社区」のスマート生活館で常設展示されており、負担を軽減する高齢者の暮らし方を提案している。

 本間氏は「過去3回の輸入博の波及効果で中国市場にもっと自信を持つようになった」と語り、新型コロナの流行期間も、広東、江蘇、浙江各省に四つの工場を立ち上げ、中国での拠点強化を続けていると語った。

 第4回輸入博では健康、養老、清潔、環境をテーマとし、生活の向上や環境保護に役立つ製品や技術、ソリューションを出展する予定だという。(記者/周蕊)

*JCCB:中国展示会に出展希望する日本会社へ

 

16月の対中輸出、初の8兆円台に…自動車など堅調で対米上回る

16月日本対中国出口、首次達8万億日元…汽車等堅挺超過対米国 

                                       読売新聞 2021/08/09

財務省の貿易統計によると、16月の中国向け輸出額は前年同期比27%増の88.6兆円で、初めて8兆円を超えた。米国向けの7.1兆円、欧州連合(EU)向けの3.8兆円を大きく上回り、通年でも過去最大を更新する勢いだ。

 中国経済がコロナ禍からいち早く回復して自動車などの輸出が堅調だった。同国で輸出製品用に使われる半導体等製造装置やプラスチックなどの需要も伸び、今後も素材や部品などの輸出は高い水準を維持するとみられる。上半期のペースが年末まで続けば、中国向け輸出額はこれまで最大だった2018年の15.9兆円を上回る計算となる。

 日本にとって中国は、20年に続き最大の輸出先となる見通しだ。20年の中国向け輸出額は3%増の15.1兆円だったのに対し、米国向けは2割近く減った。中国はリーマン・ショックの翌09年に初めて最大の輸出先となったが、1317年と19年は米国が中国を上回っていた。今年16月は米国向けも24%増えている。

 中国経済は資源高や人民元の上昇に加え、インド由来の変異ウイルス「デルタ株」の感染の広がりが懸念材料となる。不動産市場が過熱する中、政府は不動産融資の総量規制などにも動き、景気が抑制されて日本からの輸出に影響を及ぼす可能性もある。

*JCCB:中国へ輸出する日本会社へ、特に自動車業界

 

中国最古の「アニメーション」?寧夏の「皮影戯」

中国最古的「動漫」?寧夏「皮影戯           人民網日本語版 2021/08/09

 1千年の歴史を誇る「皮影戯」(薄い皮製の人形を使った影絵芝居)は「指先が生み出す光と影のファンタジー」とも称えられ、中には「中国最古のアニメーション」と呼ぶ人までいる。1980年代生まれや1990年代生まれにとって、「皮影戯」は時代を感じさせる言葉だ。職人たちが手描きで下絵を描き、皮を切り抜いた人形で演じる影絵は、生き生きとした表現にあふれ、世の中で起こる様々なドラマを光と影によって映し出す。寧夏回族自治区で、寧夏皮影制作技術の自治区級無形文化遺産伝承者である趙増涛さんは、その技と心でこの中国の伝統技術を受け継ぎ、人形づくりから上演・人形操作まですべてをこなしている。

(編集KM

©人民網日本語版

 

仙台七夕まつり、2年ぶりに開幕…「密」避けるため大型飾り減らす

仙台七夕祭、時隔2年開幕…為避「密」減少大型装飾物 読売新聞 2021/08/07

色とりどりの七夕飾りが杜(もり)の都を彩る「仙台七夕まつり」が6日、2年ぶりに仙台市で始まった。新型コロナウイルス感染拡大で昨年は中止され、今回も、観客が密にならないよう大型飾りを4分の1ほどの約80本に減らし、顔に触れない高さ2メートル以上に飾りをつるすなど感染対策を実施して開催した。主催者は、県外からの来場自粛を呼びかけている。8日まで。

 仙台七夕まつりと並んで東北三大祭りとされる「青森ねぶた祭」「秋田竿燈(かんとう)まつり」は、いずれも新型コロナの影響で2年連続中止になっている。

*七夕⇒豆知識 小知識

© 読売新聞 2年ぶりに開幕した「仙台七夕まつり」(6日午後、仙台市青葉区で)

=武藤要撮影

*JCCB:日本文化

 

中国のデジタル経済規模、54千億ドル 世界2位に

中国数碼経済規模、54千億美元 位居世界第2       新華社 2021/08/06

【新華社北京86日】中国北京市で23両日開かれた2021年世界デジタル経済大会で、中国の昨年のデジタル経済規模が約54千億ドル(1ドル=約109円)近くと世界2位になったことが分かった。伸び率は前年比9.6%で世界一だった。

 中国工業・情報化部直属のシンクタンク、中国情報通信研究院が発表した「世界デジタル経済白書」によると、世界47カ国・地域の昨年のデジタル経済増加値(付加価値額)は326千億ドルで、前年同期比の名目成長率は3.0%、GDPに占める割合は43.7%だった。産業のデジタル化が引き続き主な成長エンジンとなり、デジタル経済全体の84.4%を占めた。

 

上海でクラウド型ロボットがフォーメーションダンスを披露

上海披露雲型機器人隊形舞)                    新華社 2021/08/06

【新華社上海86日】優雅な姿で曲に合わせて動きを変え、時には前進、時には左右に動き、後ろに下がる。3度のフォーメーション変化もこなす。中国上海市でこのほど、「Cloud Ginger」と呼ばれるクラウド型ロボットが、フォーメーション変化を大型公演に融合させる試みに成功した。

 ロボットを製造したのはクラウドベースのインテリジェンスロボットなどを手掛ける「達闥科技(CloudMinds Technology)」。ロボットにダンスを踊らせるには、通信上の問題だけでなく、ロボットの稼働時間や機動力、安定性、表現力でも高い条件をクリアしなければならないという。

 今回のダンスでは、振付師が考えた踊りから抽出したデータを、達闥科技のクラウド型ロボット用基本ソフト(OS)「HARIX OS 海睿」を通じて仮想デジタル世界で再現。そのデータをロボットに読み込むことで、曲中の動きとフォーメーション編成を完成させた。(記者/黄安琪、許東遠)

© 新華社

*JCCB:日本ロボット関係者へ

 

街頭に登場した「巨大エアコン」で目から涼しさを 重慶

街頭登場「巨大空調」 眼見為涼 重慶)          人民網日本語版 2021/08/05

重慶市気象台は、ここ数日連続して高温警報を発表し、重慶市の多くの県や区では最高気温が40度を上回っている。84日、重慶の有名な商業エリア・観音橋歩行者天国に設置された大型LEDビジョンに「巨大エアコン」が映し出され、通り過ぎる市民にビジュアル効果の「涼しさ」を届けており、興味を示した多くの人々が足を停め、写真を撮影していた。この大型ビジョンの総面積は3788平方メートル。裸眼3D映像表示技術が導入されているため、3Dメガネを使わなくても、リアルでインパクトある視覚効果を楽しむことができる。中国新聞網が伝えた。(編集KM

©人民網日本語版 重慶の街頭大型LEDビジョンに映し出された「巨大エアコン」

 (撮影・官鑫)。

 

張雨霏選手が試合後に待って抱擁した相手 日本の池江璃花子選手

張雨霏選手賽後 等待擁抱的是日本池江璃花子選手

                                           人民網日本語版 2021/08/05

東京五輪の競泳女子で金メダルと銀メダルを2個ずつ獲得した中国の張雨霏選手は最後の泳ぎを終えた後、ある日本人選手を待ち、抱擁を交わした。それは、池江璃花子選手だった。

3歳から水泳を始め、5歳の時には50メートルを泳げるようになった池江選手は、16歳で日本代表に選ばれると様々な記録を破り、18歳の時に出場したアジア競技大会では金メダル6個を獲得した。しかし、まさにこれからがピークという時に白血病を発病。786日間の闘病の後、奇跡のように東京五輪の出場資格を獲得した。

池江選手は2019年初めの海外合宿時に突然呼吸困難を覚え、白血病と診断された。まだ18歳だった。池江選手はその後、長い闘病生活に入った。10ヶ月間の治療後、造血幹細胞移植を受けて病状が好転し、退院することができた。

練習を再開したばかりの時、池江選手の無力感は余りにも深かった。水中に頭を入れることさえ、とても難しかったという。

池江選手が再び競技に戻ろうとした時、病気のため、運命によって全てがシャッフルされ、最初からやり直さなければならなかった。

20214月、池江選手は日本選手権の100メートルバタフライ決勝を5777で泳ぎ、復帰後初の優勝を決めた。この成績は、池江選手が東京五輪出場資格を得たことを意味していた。

今回の五輪で、池江選手はメダルには手が届かなかったものの、競技会場に立てたこと自体が奇跡だと言っていいだろう。張選手は池江選手と抱擁を交わし、「See you next year!」と声をかけた。

これは1人のアスリートから、もう1人のアスリートへの祝福と尊敬だ。同情や憐憫ではなく、次の競技会場でまた会おうということだ。

運命に直面しても粘り強く頑張る姿、トップアスリート同士の敬意と友情、これこそがオリンピック精神だろう。(編集NA

©人民網日本語版

*JCCB:日中友好

 

海南省、全国初のサービス貿易ネガティブリストを発表

海南省発布全国首張服務貿易負面清単)      Jetro ビジネス短信 2021/08/04

中国商務部は726日、「海南自由貿易港越境サービス貿易特別管理措置(ネガティブリスト、2021年版)」PDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)を発表、826日から実施する。国務院は20206月に発表した「海南省自由貿易港建設全体方案」(2020612日記事参照)でサービス貿易の自由・利便化促進のため、ネガティブリストを制定するとしていた。

同リストには、卸売・小売業、交通運輸、情報通信、金融、専門サービス業など11分野の合計70項目を記載、サービス貿易分野で国内初のネガティブリストとなる。リストに記載のない分野は国外サービス提供者が市場に参入する際に、内国民待遇を与えると規定している。

また、人材分野に関する各種規制を撤廃する。登録計量士、監査設計登録技師、登録消防技師などの資格試験への外国籍人材の受験制限をなくす。交通運輸分野で、外国の船舶検査機構が中国国内で船舶検査事業を展開する際、中国で会社を登記しなければならないという制限を取り消した。専門サービス業では、外資系弁護士事務所の在海南事務所が海南に関わる商事の非訴訟法律事務に従事することを許可し、海南地場の弁護士事務所が外国籍弁護士を招いて外国法事弁護士顧問や香港・マカオ法事弁護士顧問とすることを許可した。金融業の分野では、外国人に対し証券口座や先物口座の開設を許可し、外国人が証券・先物の投資コンサルティングの従業資格などを申請することが可能になった。

海南省統計局によると、2021年上半期の域内総生産(GRP)は前年同期比17.5%増の2,8858,500万元(約49,0594,500万円、1元=約17円)、うち第三次産業が23.7%増の1,7736,700万元と61.5%を占める。

上半期のサービス貿易では、輸出は前年同期比48.6%増の368,815万元、うち、運輸サービス65.6%増(163,851万元)、通信情報サービス2.6倍(101,953万元)、観光業48.3%減(31,388万元)となった。輸入は97.2%増の998,914万元、うち、通信情報サービス60倍(432,737万元)、知識財産権使用料2.2倍(197,538万元)、運輸サービス13.3%増(155,854万元)と、いずれも大幅に増加した。

王受文副商務部長は「サービス業は海南自由貿易港の3大産業の1つで、ネガティブリストの実施により海南で新たなサービス業を導入、現代サービス業のレベルと競争力を引き上げたい」と述べた。(梁梓園)                  *JCCB:中国と貿易する日本会社へ

 

東京五輪、「観客ロボット」は大忙し

東京東京奥運会、「機器人観衆」特忙          人民網日本語版 2021/08/04

開催中の東京五輪では、ほとんどの競技会場での試合が無観客となった。この問題を解決するため、主催者側はライブ配信や観客の自撮り録画、アスリートと家族のインタラクティブ交流、過去大会の競技会場での声援音声放送など、デジタル化された手段を通じて、会場の雰囲気を盛り上げている。

そして、それ以外にもとても重要なツールが活躍している。「観客ロボット」だ。

東京五輪の「観客ロボット」は歌を歌い、ダンスをし、手を振ることができ、指示をすれば空手の動作もできる。その上、「観客ロボット」はとても忙しい。今日、ある競技会場で試合を観戦したかと思えば、数日後には別の競技会場に姿を見せ、声援を送っている。(編集KM

©人民網日本語版

 *JCCB:東京五輪、ロボット

世界の若手クリエーターの作品展、上海市で開幕

世界年軽創作家作品展在上海市開幕              新華社 2021/08/03

【新華社上海83日】中国上海市で731日、世界中から35歳以下の若手クリエーターの作品を集めた展覧会「202114C建築・デザインクリエーティブ展」が開幕した。同展は建築デザインや視覚デザイン、インタラクションデザイン、デジタル・メディア・アートなどの作品を通じて、若手クリエーター同士の文化交流を促進することを目的としている。会期は827日まで。

(記者/胡潔菲、王翔)                                    *JCCB:日本若手クリエーターへ

 

2021年世界デジタル経済大会、北京で開幕

2021年世界数碼経済大在北京開幕             新華社 2021/08/03

【新華社北京83日】中国北京市の北京国家会議センターで2日、2021年世界デジタル経済大会の開幕式とメインフォーラムが開かれた。同大会は会場とオンラインを組み合わせて開催される。開幕式とメインフォーラム、三つのイベント(デジタル経済体験ウイーク、世界デジタル経済イノベーションコンテスト、企業家座談会)、20余りのサブフォーラムと成果発表会からなる。

(北京=新華社記者/張晨霖)                               *JCCB:デジタル経済関係者及び興味者へ

 

2021年版フォーチュン・グローバル500 今年も中国企業が最多

2021年版財富・全500 今年也是中国企業最多  人民網日本語版 2021/08/03

米経済誌「フォーチュン」の2021年版グローバル5002日に発表された。今年このランキングに入った中国企業は前年より10社増の143社に達し、今年も米国(122社)を抜いてトップに立った。関係者によると、21年ランキングに入った中国企業は数の上での優位性を獲得しただけでなく、企業の経営状況も横方向の比較でも上昇したことから中国経済の持続的な安定回復、安定さの中での好転といった情勢がさらにはっきりとうかがえ、中国経済の実力とポテンシャルが明らかになったという。人民日報海外版が伝えた。

今回のランキングを見ると、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、グローバル500の経営状況が全体的に不調だった。すべての上場企業の2020年売上高は前年比5%減の約317千億ドル(1ドルは約109.1円)だった。企業の利益が大幅に減少し、純利益の合計は同20%減の16千億ドルで、09年以来で最大の減少幅になった。

比較してみると、中国企業は安定した発展傾向を維持したと言える。