元宵 yuanxiaojie 中国伝統節日

元宵節又称上元節・小正月・元夕・灯節等、為毎年農歴正月十五日。正月是農歴的元月、古人称“夜”為“宵”、正月十五是一年中第一個月圓之夜、所以称正月十五日為“元宵節”。

元宵節起源于道教的“三元説”漢末道教的重要派別五斗米道崇奉的神為天官・地官・水官、説天官賜福・地官赦罪・水官解厄、並以三元配三官、説上元天官正月十五日生・中元地官七月十五日生・下元水官十月十五日生。魏晋道家以“三官”与時日節候相配、定正月十五為“上元”・七月十五為“中元”・十月十五為“下元”、合称“三元”。正月十五日被称為上元節。南宋呉自牧《夢梁彔》中説:“正月十五元夕節、乃上元天官賜福之辰”、故上元節要燃灯。正月十五日元宵節真正成為全国民俗節日是在漢魏之後。

元宵節是中国的伝統節日之一、主要有賞花灯・吃湯圓・猜灯謎・放煙花等一系列伝統民俗活動。此外、不小地方元宵節還増加了游龍灯・獅子舞・踏高蹺・駕旱船・扭秧歌・打太平鼓等伝統民俗表演。過年到元宵。20086月、元宵節選入第二批国家級非物質文化遺産。天文予報顕示、今年元宵月是“十五的月亮十六園”、最圓時刻(望)出現在271617分。

今年時期:226

 

元宵節 げんしょうせつ gensyosetsu 中国伝統祭り

元宵節はまた上元節・小正月・元夕・灯節等とも呼ばれ、毎年旧歴の正月十五日である。正月は旧暦の元月で、古代人が“夜”を“宵”と呼び、正月十五は一年間の一回目の満月の夜なので、正月十五日を“元宵節”とよばれた。

元宵節の起源は道教の“三元説”にある。漢末(弥生時代なかば)道教の重要流派五斗米道が祀る神は天官・地官・水官で、天官が福を与え・地官が罪を免除・水官が厄払い、そして三元をそれぞれ上元天官の正月十五日生れ・中元地官の七月十五日生れ・下元水官の十月十五日生れと割り当てた。魏晋(弥生時代末期)道家は“三官”を期日と節季に、正月十五を“上元”・七月十五を“中元”・十月十五を“下元”に合わせ、“三元”と呼ばれた。正月十五日は上元節と。南宋呉自牧《夢梁彔》には:“正月十五は元夕節で、上元天官が福を与える時”、故に上元節には灯り付けが必要との記載があった。正月十五日元宵節は全国民俗祭りになったのは漢魏(弥生時代なかば)の後となった。

元宵節は中国伝統祭りの一つであり、主に花提灯観賞・団子食べ・謎解き・花火等伝統民俗行事が行われる。ほかに、多い地方には元宵節に提灯灯し・獅子舞・高足踊り・旱船踊り・秧歌・太鼓等伝統民俗演出を催す。過年(お正月)は元宵節を迎えて終了する。20086月、元宵節は第二回国家級非物質文化遺産に入選した。天文予報によると、今年元宵月は“十五の月十六満月”と、満月時刻(望)は271617分である。

 

今年時期:226

春闘  syunto

日本において毎年2月)頃から行われる、ベースアップ等の賃金の引上げや労働時間の短縮などといった労働条件の改善を交渉する労働運動である。呼称は「春季生活闘争」(おもに労働組合側が使用)、「春季労使交渉」(おもに経営側が使用)、「春季闘争」などと言われている。

企業別労働組合が主流である日本においては、個々の企業ごとの労働組合の交渉力の差が大きい。そこで労働者側が団結し、各企業・各産業が毎年同時期に歩調をあわせ団結することで交渉力を高める狙いがある。

春闘  syunto

日本毎年季(2月)挙行的労方向資方要求提高基本工資和縮短労働時間等改善労働条件進行交渉的労働運動。称為「春季生活闘争」(主要為労働組合(相当中国的工会方使用)、「春季労資交渉」(主要為経営方使用)、「春季闘争」。

企業分類労働組合是日本的主流、単個企業的労働組合交渉能力差異較大。于是労方団結起来、各企業・各産業在毎年的同一時期、歩調一致団結一致目標提高和資方的交渉能力。

 

節分 setsubun

季節の始まりの日(立春立夏立秋立冬)の前日のこと。節分とは「季節を分ける」ことも意味している。江戸時代以降は特に立春(毎年24ごろ)の前日を指す場合が多い。また立春の前日、およびその日に行われる伝統的な行事でもある。季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると信じられていたため、それを追い払うための悪霊ばらい行事が執り行われていた。一般的には「鬼は外、福は内」と声を出しながら福豆(煎り大豆)を撒いて、年齢の数だけ(もしくは1つ多く)豆を食べる厄除けを行う。また、邪気除けの柊鰯などを飾る。これらは、地方や神社などによって異なってくる。今年の節分は124年ぶりの22日になった。

 

節分 

季節開始日(立春立夏立秋立冬)的前一天。節分的意思是「分開季節」。江戸時代以後特別是指立春(毎年24左右)的前一天也是立春的前一天及当天挙行的伝統活動。換季時因相信生鬼(邪気)、為除鬼(邪気)挙行的駆除邪鬼的活動一般、辺叫「鬼在外、福在内」辺撒福豆(炒黄豆)、只吃年齢数(或多1個)的黄豆来消厄除災。還有装飾駆邪的等。因地方和神社有所不同。今年節分時隔124年的22日。

日本国際賞 Japan Prize

「科学技術において、独創的・飛躍的な成果を挙げ、科学技術の進歩に大きく寄与し、人類の平和と繁栄に著しく貢献した」人物に対して、国際科学技術財団が授与する賞である。

 受賞対象は「物理、化学、工学」と「生命、農学、医学」の二つの領域で幅広い科学技術分野にわたり、いずれの受賞者も世界的に有名な科学技術者である。なお、受賞対象分野は1年に2つの分野である。受賞者には、賞状、賞牌、賞金5000万円が贈られる。また、受賞者は生存者のみに限られる。                                               日本にもノーベル賞に匹敵するような賞が必要だとして、1981に構想が立てられ、松下幸之助が基金(私財など約30億円)を提供。1983日本国政府内で各機関からの協力が閣議決定された[2]後、1985に第1回の授与式が国立劇場で行われた。なお、授与式は天皇皇后内閣総理大臣衆議院議長参議院議長最高裁判所長官が出席する。

日本国際奨

日本国際科学技術財団授預「在科学技術方面取得独創性的和飛躍性的成果、対科学技術進歩、人類和平与繁栄作出重大貢献」的人的奨項。                                    受奨者広布于「物理、化学、工学」和「生命、農学、医学」の二大領域中的科学技術方面、同時也是世界有名的科学家。受奨対象領域1年中2個領域。受奨者被贈与奨状、奨牌和5000万日元的奨金。受奨者只限于在世人物。                                      1981構思了日本也需要和諾貝爾奨所匹敵的奨項、由松下幸之助提供基金(私有財産約30億日元)。1983日本国政府内得到各部門合作、内閣会議上決定後、于1985国立劇場挙行了第1届授奨典礼。出席授奨典礼的有天皇皇后内閣総理大臣衆議院議長参議院議長最高裁判所長官等。

 

「臘八」と大寒が同じ日に もうすぐ年越し!

                                                                                           人民網日本語版 2021.1.20

120日は「臘月」(旧暦12月)の8日で、伝統的な「臘八節」に当たり、俗に「臘八」と呼ばれる。今年は偶然にも、この日が「大寒」の節気の最初の日と重なった。人民網が伝えた。

「中国天文年暦」によると、北京時間120440分に「大寒」の節気を迎えた。この時節は気温が低くて寒いものの、「厳しい冬も臘月までで、その後は再び春がめぐってくる」とされている。厳しい寒さは「大寒」の時節の特徴だが、「物きわまれば必ず反す」と言われるように、「大寒」を過ぎると次の節気は「立春」となる。

歴史学者で天津社会科学院研究員の羅澍偉氏によると、「大寒」は二十四節気のうち最後の節気であり、冬季の最後の節気でもある。「大寒」の時節には、人体が寒い環境の影響を受けており、依然として自然の秩序に順応し、寒さを防ぎ保温をする必要がある。生活習慣の面では、早めに寝ることで陽の気を養い、遅めに起きて陰の気を守り、意識を内に向けるようにして、免疫機能を高めるとよい。また、適度に屋外で運動し、ふさいだ気分を発散し、寝る前にお湯で足浴をし、滋養のあるものの摂取は次第に減らしていき、これから訪れる春の気候特徴に適応できるようにするとよいだろう。

民俗専門家によると、「臘八」と「大寒」が重なるのは非常に珍しいという。この時節には香りのよい臘八粥を食べると、また格別の味わいがある。「臘八」から旧暦大晦日の「除夕」まで、人々はこの20日余りの間に大掃除をし、髪を切り、新しい洋服を揃え、マントウを蒸すなど、しきたり通りに忙しく働き、新春を迎えるための準備を整える。(編集AK

腊八粥

 

腊八節

腊八節、毎年農歴十二月八日、又称「法宝節」「佛成道節」「成道会」等。本為佛教記念釈迦牟尼佛成道之節日、後遂漸也成為民間節日。

腊八粥、又称「七宝五味粥」、「佛粥」等、是一種由多様食材熬制成的粥。腊八粥的最早文字記載在宋代。南宋呉自牧{夢梁彔}載:「此月八日、寺院謂之腊八。大刹等寺、俱設五味粥、名曰腊八粥」。我国喝腊八粥的歴史、已有一千年以上了。毎逢腊八日、不論是朝廷官府、寺院或是黎民百姓家都要作腊八粥。到了清朝、喝腊八粥的風俗更是盛行。

在我国北方、有「小孩小孩你別饞、過了腊八就是年」之説、過腊八意味着拉開了過年的序幕。毎到腊八節、北方地区忙着剥蒜制醋、泡腊八面腊八粥。

今年時期:120

 

腊八節

腊八節、毎年旧歴十二月八日、又「法宝節」「佛成道節」「成道会」とも呼ぶ。本来佛教において釈迦牟尼成仏を記念する祭りであり、後民間祭りとなった。

腊八粥、又「七宝五味粥」、「佛粥」とも呼び、多種食材で煮込んだ粥である。腊八粥最初の文字記載は宋代にあった。南宋呉自牧{夢梁彔}に:「此月八日、寺院謂之腊八。大刹等寺、みな五味粥設け、名曰腊八粥」。わが国に腊八粥を食べる歴史は有一千年以上もある。毎回腊八日となり、朝廷官邸や寺院或いは民間の家でも腊八粥を作る風習がある。清朝になって、腊八粥を食べる風習が更に流行っていた。

わが国北方には、「子供やこども、よだれをしないで、腊八過ぎ新年が来る」という説があり、腊八過ごしの意味は新年の序幕に過ぎない。毎回腊八節には、北方地区に大蒜剥酢作り、腊八麺や腊八粥造りに忙しい。

 *腊八粥は日本の七草粥に相当

今年時期:120

 

2021年

3月

01日

投稿 Comment

0 コメント